利島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
利島
To-shima zenkei.JPG
上空から見た利島
所在地 日本の旗 日本東京都
所属諸島 伊豆諸島
座標 北緯34度31分13秒 東経139度16分45秒 / 北緯34.52028度 東経139.27917度 / 34.52028; 139.27917座標: 北緯34度31分13秒 東経139度16分45秒 / 北緯34.52028度 東経139.27917度 / 34.52028; 139.27917
面積 4.12 km²
海岸線長 7.7 km
最高標高 507.5 m
最高峰 宮塚山
利島の位置(日本内)
利島
     
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示

利島(としま)は、伊豆諸島に属する日本の伊豆七島のひとつ。行政区画東京都利島村

東京から144km、伊豆大島から南に27kmにある島[1]で「外島」と書かれることもある[2]。面積4.12平方キロメートル[2]、外周7.7キロメートル[1]

伊豆七島のうちもっとも小さな島で、最高峰の宮塚山(標高507.5メートル)を中心とした、円錐形の火山島(複成火山)である[1][2][3]

島全体を豊かな照葉樹林が覆い[2]、特に椿が島の8割を占めていると言われ[1]椿油が島の特産品になっている[2]

昭和初期にはノネズミによる農業被害が顕著となり、イタチを放獣して退治した記録も残る[4]

島の周囲は高さ200メートルの海食崖に囲まれ、南斜面にはオオミズナギドリ生息地がある[1]。反面、良質な港に恵まれずに天候が悪化すると定期船でも通過することがあり、100メートル級の桟橋が完成したのも昭和56年(1981年)のことであった[1][2]

それでも、古くから人が定住していたことが知られ、大石山遺跡ケッサイ山遺跡などの古代集落の跡が確認できる[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 「利島」『島嶼大事典』
  2. ^ a b c d e f g 「利島」『東京都の地名』
  3. ^ 9.国内外の主な火山現象による津波観測記録一覧表、10.個別火山の津波発生要因に関する調査結果の詳細”. 原子力規制委員会. 2022年1月10日閲覧。
  4. ^ 伊豆諸島におけるイタチ導入:歴史と事実と教訓”. 東邦大学理学部生物学科. 2021年12月14日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ株式会社編 『島嶼大事典』 日外アソシエーツ、1991年。ISBN 4-8169-1113-8 P349.
  • 平凡社地方資料センター編『東京都の地名』〈日本歴史地名大系13〉 平凡社、2002年。ISBN 978-4-5824-9013-8 P1261-1262.

外部リンク[編集]