ミクロネシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミクロネシア(赤),ポリネシア(紫),メラネシア(青)

ミクロネシア(Micronesia)は、オセアニアの海洋部の分類の一つ。日本ではイギリス英語風の発音でミクロネシアと呼ばれることが多いが、アメリカ英語風の「マイクロネシア」とも言われる。

概要[編集]

パラオのロックアイランド
キリバスのオノトア環礁英語版

ミクロネシアはギリシャ語のミクロス(μικρός 小さい)ネソス(νῆσος 島)から、「小さな島々」という意味である。概ね南緯3度北緯20度東経130度180度の範囲にある諸島の総称である[1]パラオミクロネシア連邦[2]マーシャル諸島ナウルの各国およびキリバスギルバート諸島地域と、アメリカ合衆国の領土であるマリアナ諸島ウェーク島も含まれる。なお、マリアナ諸島のうち最南端のグアム島は米国の準州であり、その他の島は米国の自治連邦区(コモンウェルス)である北マリアナ諸島に属する。また、日本小笠原諸島生物地理区の区分上において、オセアニア区ミクロネシア地区島嶼混合系に属しているため、ミクロネシアに含まれることもある[3]

ミクロネシアの島々は、その地質構造によって大きく二つの種類に分類される。火山島隆起サンゴ礁である。火山島は西部ミクロネシアのマリアナ諸島(テニアン島を除く)、ヤップ島パラオ諸島、中央ミクロネシアのチューク諸島ポンペイ島コスラエ島の6群島で、他の小さな島々はすべて隆起サンゴ礁の島である。火山島の面積は隆起サンゴ礁の島よりもだいたい大きく、高度も数百メートルあるものが多い。最大の島はマリアナ諸島にあるグアム島である。面積約550平方キロメートルで高さは約400メートル。バベルダオブ島(パラオ本島)は面積約400平方キロメートルで高さは約200メートル、ポンペイ島は約340平方キロメートルで高度734メートル、コスラエ島は約116平方キロメートルで高度約650メートルである。[4]

人口(2000年の推計値)は、514,400人で[5]、先住民の大半はミクロネシア系であるが、カピンガマランギ環礁など、ポリネシア系の住民が暮らす島もごくわずかに存在し、それらは域外ポリネシア英語版(Polynesian outlier)と呼称される。ちなみにカロリン諸島には、ポリネシアのものに極めて近い航法技術(ウェイファインディング)が残存しており、先史時代のミクロネシアとポリネシアの間で文化的交流があり、かつ両者が同じオーストロネシア系民族によって形成された文化であることを示している。また、日系人の人口も多い。

現代では、太平洋芸術祭などによってポリネシアやメラネシアの先住民との文化的交流が為されている他、ミクロネシア連邦ヤップ州サタワル島の航法師マウ・ピアイルックがハワイの先住民運動(ハワイアン・ルネッサンス)に協力し、その功績から「パパ・マウ」と呼ばれている。

太平洋戦争大東亜戦争)は、ミクロネシアの人々にとって初めての近代的戦争経験であり、この地の社会・文化を覆す事件であった。そのためミクロネシア社会は、アジア・太平洋的伝統社会システムからキリスト教的価値観を基礎とする欧米的生活様式へ転換した[6]。太平洋戦争の痕跡は、キリバスのタラワ環礁、パラオのペリリュー島、マリアナ諸島のサイパン島などミクロネシアの各所に今なお残されている。また、日本軍兵やアメリカ兵の墓標(慰霊碑)が、戦後になって遺族や政府などによって建立されている。[7]。また、1946年から1958年にかけて、アメリカが110回あまりの原水爆実験をマーシャル諸島で実施した。その影響でロンゲラップ環礁の人たちをはじめ第五福竜丸など多くの人々が被爆した[8]

政治行政単位は以下の通りである。

主権国家

以上の3つは主権国家であるが、アメリカによって自由連合盟約援助金(コンパクト・グラント)を供与されている[9]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本

歴史[編集]

先史時代のミクロネシア[編集]

ミクロネシアの航海術に使われた「海図」の例
ナン・マトール遺跡
ラッテ・ストーン

この地域の考古学的研究はまだ発展途上であり、はっきりしたことはわかっていないが、今から4200年前頃までは無人島であった。ミクロネシア西部のマリアナ諸島には、今から3500年前頃から人が移住してきており、土器や石器、貝製装飾貝類をつくり、サンゴ島内での漁労などを行い暮らしはじめた[10]。文化的に見て、最初にフィリピン周辺から直接パラオ、ヤップなどに植民したオーストロネシア系グループと、後に西ポリネシア方面からカロリン諸島に植民したオーストロネシア系グループがいたのではないかと推測されている。

この地域の先住民の文化を最も強く特色づけているのは、シングル・アウトリガー・タイプの航海カヌーであり、彼らはこれを用いて広範な交流を行っていた。特にヤップ島はこれらの島々の中でも最も強力な権力を持ち、カロリン諸島の島々から定期的にヤップ島まで貢ぎ物を届ける航海(サウェイ交易)が行われていた。ヤップ島の酋長の権力は現在も強く、カロリン諸島の島々に対して一定の権威を保持している。

また、巨石文明が築かれた島もあり、マリアナ諸島のラッテ・ストーン、ポンペイ島のナン・マトール遺跡、コスラエ島のレル遺跡英語版などが現存している。

年表[編集]

1883年のヤップ島
日本統治時代のコロール(4丁目)
サイパンの戦い末期、民間人投降を呼び掛けるアメリカ海兵隊員
ハゴイ飛行場に残るリトルボーイを保管していた保管庫。保管庫右にあるのが原爆搭載記念碑である。
太平洋諸島信託統治領政府高等弁務官と職員
サイパンを行幸する今上天皇および皇后

人種・民族[編集]

ミクロネシア人の女性

ミクロネシアの民族はモンゴロイドオーストラロイドが混じった人種に属す。ポリネシア人メラネシア人との混血が複雑に進んでいて、それぞれの人々の身体的特徴の差異が大きい[28]。短身痩躯で褐色の肌に黒髪を有する。

ミクロネシアの民族はオーストロネシア人の一派だがその起源は2系統ある。1つはスラウェシ島から直接東に進路をとったグループで、パラオ人やチャモロ人が含まれる。2つ目はスラウェシ島からニューギニア島沿岸部を経てメラネシアより北上したグループで、ミクロネシア諸語を話すキリバス人、カロリン人などが含まれる。このほかに、ツバルから西進したポリネシア人の住む域外ポリネシアに属する島もある。

言語[編集]

地域による差異はあるが、オーストロネシア語族に属しており、南東部においてはナウル語コスラエ語などといったミクロネシア諸語が広く話される。ミクロネシア諸語には全部で50種類前後の特有言語があり、それぞれが近似性を保ちながらも島嶼間の交流の困難さから独自に発展していった[29]。ミクロネシアで流通している言語のうち、ミクロネシア諸語に含まれないものとしては、スンダ・スラウェシ語群英語版に属するマリアナ諸島チャモロ語パラオ共和国パラオ語がある。これらはスラウェシ島から直接東進したグループであり、ミクロネシア諸語とは経歴を異にする。このほかに、アドミラルティ諸島諸語英語版と近縁であるヤップ島ヤップ語ポリネシア諸語に属するヌクオロ環礁ヌクオロ語英語版、カピンガマランギ環礁のカピンガマランギ語英語版がある[30]

共通した特徴としては自然現象に関する語彙や表現の豊かさ、食物や魚類、航海技術に関する用語が多く見られることが挙げられる。例えばウォレアイ語では、ココナッツを表現するのに、実の熟し具合によってgurub,sho,paawolが存在するなど、名詞の豊富さがうかがえる[31]

その他、16世紀以降の植民地化の影響によってスペイン語ドイツ語日本語英語などから多くの借用語彙が誕生している[32]。日本語からの借用語はナッパ、ハラマキ、ジドーシャなど、日常的に用いられる名詞も数多く含む[32][33]。近年は都市部で英語の影響が顕著となっており、伝統を保ってきた土地の固有言語は廃れつつある[32]

社会[編集]

宗教[編集]

元来ミクロネシア人は独自の精霊信仰を持っていたが、植民地化に伴いキリスト教が普及した[28]。16世紀に移入したキリスト教は第一次世界大戦後の日本統治を経ても廃れることは無く、今日のミクロネシアの人々の生活に根付いている[34]。一方で、万物に霊が宿るとした伝統的な信仰体系は一部の島を除き廃れていってしまっている[28]

ベテル・チューイング
ヤップ島の石貨

生活[編集]

古来よりミクロネシア人の社会体系はヤップ島ギルバート諸島などの一部を除けば母系制が一般的であり、女系系譜を共有する親族集団によって土地の所有・移譲が行われてきた[35]。ただしこの制度もドイツ日本の統治政策の影響によって廃れている島もあるため、現在では一意の特徴を見出すことはできない[28]。政治的にも首長制を選択して複雑な地位体系を構成し、階層社会を築き上げたポンペイ島コスラエ島などから、親族体系以外の地位を持たないチューク諸島カロリン諸島などまで、様々な文化が混在している。

西欧諸国との接触により金属の存在が知られるようになると、ミクロネシア人の生活環境は大幅に変容したが、それまではなどを原料とした釣り針ココヤシ繊維の網などを用いた漁撈生活を主とし、パラオ諸島など一部の島では土器も利用されていた[28]。栽培や家畜の飼育も小規模ながら行われており、ブタイヌニワトリの飼育、タロイモパンノキココヤシヤムイモの栽培などがなされている[36]

文化的にはポリネシアメラネシアとの共通項が見られ、キンマの葉に包んだビンロウの実と石灰を混ぜたものを噛む習慣(ベテル・チューイング)やメラネシアのカヴァに相当するシャカオなどがある。こうした文化的な共通性はミクロネシア東部に行くほど色濃くなっている[28]

また、ヤップ島では現代においても儀礼的交換を行う場合には石貨(フェ)を使用しており、貨幣の中では世界最大を誇る[37]

ミクロネシアの木彫像(ディルカイ)- メトロポリタン美術館

芸術[編集]

美術[編集]

ミクロネシア人の美術は木彫工芸にその特徴を見ることができ、パラオ諸島の象嵌細工(ディルカイ)、モートロック諸島の仮面(タプアヌ)、チューク諸島ポンペイ島の儀礼用の櫂などが知られる[28][38]。また、近年パラオでは日本人彫刻家土方久功が伝えたストーリーボード(パラオの歴史や伝説を浮彫りにした木彫り細工)が観光用民芸品として広く作られるようになっている[39]

音楽[編集]

ミクロネシアの音楽は島嶼間の相互交流により類似性を示しつつも各島でそれぞれ伝統的な発展を見せた[40]。主として身体打奏やほら貝による吹奏が見られるが、ポリネシア人が用いるような打楽器はほとんど見られない。また、伝統的な踊りについては、数人から数十人によって短い旋律の歌詞を繰返し歌いながら同一の動作を取るように踊り、跳躍は生じないのが一般的である。動作は性別によって緩やかな規定があり、連動しながらもそれぞれ別個の動きを取る。

近年では若者を中心として汎ミクロネシアポップスと呼ばれる歌中心の音楽が流行しており、1960年頃より徐々に発展した。これは、土着化した賛美歌や外来音楽(J-POPハワイアンロック (音楽)レゲエヒップホップなど)と現地音楽を融合させたもので、ラジオやライブなどを中心に広がりを見せている[41][42]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東経130度~175度の間、2300を超す島々が散在する。陸地面積は、2851平方キロメートル。(印東道子「太平洋戦争(ミクロネシアの島じま」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 16ページ)
  2. ^ 1991年国際連合に加盟
  3. ^ 世界遺産条約暫定リスト 環境省、林野庁
  4. ^ 印東道子「火山島とサンゴ島」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 20-21ページ
  5. ^ 棚橋訓「解説 オセアニア意島嶼部」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 184ページ
  6. ^ 高橋康昌「太平洋戦争(第二次世界大戦)」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 82ページ
  7. ^ 高橋康昌「太平洋戦争(第二次世界大戦)」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 84-85ページ
  8. ^ 印東道子「ミクロネシアの島じま」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 19ページ
  9. ^ 高橋康唱「自立と経済」/印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 189ページ
  10. ^ 印東道子「ミクロネシアの人々」/ 印東道子編著『ミクロネシアを知るための58章』明石書店 2005年 44-45ページ)
  11. ^ 増田2004、p.54
  12. ^ パラオ - 国際機関 太平洋諸島センター
  13. ^ 接触と変容の諸相 : 江戸時代漂流民によるオセアニア関係史料
  14. ^ 増田2004、p.181
  15. ^ 増田2004、p.144
  16. ^ 増田2004、pp.193-194
  17. ^ 沿革 南洋貿易株式会社
  18. ^ 野村2005、p.57
  19. ^ 野村2005、p.118
  20. ^ 野村2005、p.52
  21. ^ a b 野村2005、pp.71-72
  22. ^ The Stamford Historical Society: Peleliu(英語)
  23. ^ アンガウル州憲法」パラオ共和国アンガウル州、1982年10月8日制定
  24. ^ 【両陛下ご訪比】サイパン、パラオ、そして日本人戦没者数が海外で最も多いフィリピン ご慰霊の旅に欠かせぬ地”. 産経新聞 (2016年1月8日). 2016年6月11日閲覧。
  25. ^ ビキニ環礁、世界遺産に”. 朝日新聞 (2010年8月2日). 2016年6月11日閲覧。
  26. ^ 在パラオ日本国大使館
  27. ^ “両陛下あすパラオへ 訪問の日が「祝日」に”. 日テレNEWS24. (2015年4月7日). http://www.news24.jp/articles/2015/04/07/07272531.html 2015年6月11日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f g 矢野1990
  29. ^ 印東2005、p.48
  30. ^ 印東2005、p.51
  31. ^ 印東2005、p.49
  32. ^ a b c 印東2005、p.52
  33. ^ ミクロネシア連邦 - 愛知県国際交流協会
  34. ^ 印東2005、p.49
  35. ^ 田辺1983
  36. ^ 一谷2003
  37. ^ 印東2005、p.174
  38. ^ 印東2005、p.155
  39. ^ 印東2005、p.156
  40. ^ ワールドカルチャーガイド、p.100
  41. ^ 印東2005、p.182
  42. ^ ワールドカルチャーガイド、p.78

参考文献[編集]

書籍[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]