紀元前15世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 前16世紀 - 紀元前15世紀 - 前14世紀

紀元前15世紀(きげんぜんじゅうごせいき)は、西暦による紀元前1500年から紀元前1401年までの100年間を指す世紀

ボアズキョイハットゥシャ)の獅子門。ボアズキョイは紀元前17世紀から紀元前13世紀にかけて繁栄したヒッタイト王国の都。
ハトシェプスト女王葬祭殿。ハトシェプスト女王の側近で建築家でもあるセンムトによってルクソールに建てられた。デル・エル・バハリ(アラビア語で「北の修道院」)とも呼ばれる。
トトメス3世のガラス杯」。「エジプトのナポレオン」の異名があるトトメス3世の時代に領土は拡大し、交流が頻繁になるとともに東方の新しいガラス製法も伝来した。画像はコアガラス製法によるトトメス3世の銘がある杯(ミュンヘン国立エジプト博物館英語版蔵)。
クノッソス宮殿の壁画「パリジェンヌ」。神に仕える巫女を描いたと考えられるがその現代風な小粋な横顔から「パリジェンヌ」の名がつけられている。クレタ島のイラクリオン国立考古学博物館英語版蔵。
バアル神。地中海東岸のウガリットが繁栄したのはこの時期のことであり、遺跡からは「ウガリット神話」で有名な嵐の神バアルの神殿も出土している。画像は稲妻を持つバアル神の浮き彫りで、ルーヴル美術館に所蔵されている。

出来事[編集]

紀元前1500年代[編集]

紀元前1470年代[編集]

紀元前1450年代[編集]

  • 紀元前1458年頃 - ハトシェプストが死去。
    • トトメス3世の単独統治が始まり、記念碑からハトシェプストの記録は抹消される。
  • 紀元前1457年頃 - メギドの戦い
    • トトメス3世率いるエジプト軍とカデシュ王率いるカナン連合軍とが戦う。
  • 紀元前1450年頃

紀元前1440年代[編集]

紀元前1420年代[編集]

  • 紀元前1427年頃 - エジプト王アメンホテプ2世が即位( - 紀元前1401年)。

紀元前1400年代[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[脚注の使い方]

関連項目[編集]