7世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 1千年紀
世紀: 6世紀 - 7世紀 - 8世紀
十年紀: 600年代 610年代 620年代 630年代 640年代
650年代 660年代 670年代 680年代 690年代
天使ジブリールから啓示を受けるムハンマド(14世紀,エディンバラ大学所蔵『集史』「預言者ムハンマド伝」載録の細密画)。
聖地メッカ。ムハンマドはメッカからメディナに逃れた後、イスラム教共同体(ウンマ)を組織し、再びこの都市に現れてイスラム教の支配下に置いた。画像はメッカのカアバとそれを取り囲むマスジド・ハラーム
インドへの求法の旅をした玄奘三蔵
飛鳥時代を代表する工芸の「天寿国繍帳」。聖徳太子の妃である橘大郎女の発願で作成されたと伝わる。
吐蕃の王ソンツェン・ガンポと二人の妃(唐から来た文成公主とネパールから来たチツン)。吐蕃はチベットを統一し唐に倣った律令体制を発展させた。
洛陽郊外の龍門にある奉先寺大仏。則天武后にの命で造営されたもので、大仏の顔は則天武后をモデルにしているといわれる。
ギリシア火」。イスラム軍の猛攻で劣勢に置かれた東ローマ帝国もこの新兵器を用いて帝都の防衛に成功する。画像は『スキュリツェス年代記(歴史概観)』の挿絵。
西ゴート王国の安定。7世紀のイベリア半島は「西ゴート・ルネサンス」または「イシドールス・ルネサンス」の時代とも呼ばれ、レケスウィント王のもとでは「西ゴート法典」の整備や、トレド教会会議の開催などの取り組みがなされた。画像は「グアラサールの宝物」の一つであるレケスウィント王の宝冠。

7世紀(ななせいき、しちせいき)とは、西暦601年から西暦700年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた7世紀について記載する。

できごと[編集]

600年代[編集]

610年代[編集]

620年代[編集]

630年代[編集]

  • 630年
    • ムハンマドがメッカを征服。
    • 東ローマ皇帝ヘラクレイオスがエルサレムに入城。
      • サーサーン朝から返還された「真の十字架」を奉献する聖墳墓教会を再建。
    • 唐軍により頡利可汗が捕えられ東突厥が滅亡。
      • 唐の太宗は西域諸国から「天可汗」に推戴される。
    • 第1回遣唐使として犬上御田鍬が派遣される。
  • 632年 - ムハンマドが死去。
    • アブー・バクルが後継のイスラム指導者である初代カリフに選ばれる。リッダ(背教)の戦いが起こる( - 633年)。
  • 634年 - アブー・バクル死去により第2代カリフにウマルが選ばれる。
  • 634年頃 - チャールキヤ朝のプラシーケン2世がナルマダー川の戦いでハルシャ・ヴァルダナの軍を破り南インドの独立を維持する。
  • 635年以前 - クブラト・ハンにより黒海北岸のタマン半島のファナゴリアを中心とする大ブルガリアが成立する。
  • 636年 - ヤルムーク河畔の戦いで、皇帝ヘラクレイオス率いる東ローマ帝国軍がイスラム帝国軍に惨敗。
    • 東ローマ帝国はサーサーン朝から奪回したシリアの領土を再び失う。
  • 637年
    • カディシーヤの戦いで、サーサーン朝がイスラム軍に敗れ、都のクテシフォンを占領される。
    • 「貞観律令」が施行される。
  • 638年 - 東ローマ皇帝ヘラクレイオスが「エクテシス」を発布。
  • 639年 - 舒明天皇の命で百済大寺(吉備池廃寺)が建立される(天皇の命による日本初の官寺)。

640年代[編集]

650年代[編集]

  • 650年頃 - スマトラ島シュリービジャヤ王国が成立。
  • 651年
    • オクサス川の戦いでサーサーン朝ペルシアが滅亡。皇子ペーローズ3世は唐に亡命する。
    • イスラム帝国カリフのウスマーンの命令で『クルアーン(コーラン)』正典が編纂される(ウスマーン版)。
    • 「永徽律令」が施行される。
  • 652年
    • 唐律疏義(永徽律疏)」が編纂され、漢代からの「春秋決獄」が廃止される。
    • 玄奘三蔵がインドから招来した経典や仏像を保存するため長安近郊の大慈恩寺大雁塔が建てられる。
  • 653年
  • 654年 - 西ゴート王レケスウィントが属人法を廃止し「西ゴート法典(リベル法典・裁判法典)」を公布する。
  • 655年
    • 皇帝コンスタンス2世率いる東ローマ帝国軍が小アジアのリュキアの海戦(帆柱の戦い)でイスラム帝国軍に惨敗。
    • 唐の高宗の皇后として武照が冊立される。
    • 皇極天皇が重祚し、第37代斉明天皇となる。
  • 656年 - ウスマーンが暗殺され、アリーが第4代カリフに選出される。
    • この選出をめぐりイスラム帝国で第一次内乱が勃発( - 661年)。ラクダの戦いでアーイシャがアリーに敗北。
  • 657年
  • 658年
    • 有間皇子が謀反の疑いで処刑される。
    • 東ローマ皇帝コンスタンス2世がバルカン半島南部のスラブ人を制圧。
      • この時のスラブ人は小アジアに入植させられ、帝国防衛のためのテマ制(軍管区制)の原型が形成される。

660年代[編集]

670年代[編集]

  • 670年
    • 全国的に戸籍をつくる(庚午年籍)。
    • 聖徳太子時代に創建された法隆寺が炎上する。7世紀末までに再建がなされる。
    • ウマイヤ朝軍がチュニジアに進軍し、ケルアン(カイラワーン)市の建設に着手( - 675年)。
  • 671年
    • 唐僧義浄が渡印のため広州を出航し室利仏逝(シュリービジャヤ王国か)に到着。
    • 新羅と唐が対立する(唐・新羅戦争)。
    • 第39代弘文天皇(大友皇子)が即位。
  • 672年 - 天智天皇没する。壬申の乱で第40代天武天皇即位。飛鳥浄御原宮に遷る。
  • 673年 - ウマイヤ朝海軍が東ローマ帝国の首都コンスタンティノポリスを678年まで毎年包囲。
  • 676年 - 新羅が朝鮮半島を統一。

680年代[編集]

690年代[編集]

日本[編集]

フィクションのできごと[編集]

人物[編集]

イスラム世界[編集]

キリスト教世界[編集]

フランク王国[編集]

ローマ教皇[編集]

イングランド・アイルランド[編集]

西ゴート王国[編集]

ブルガリア[編集]

東ローマ帝国[編集]

イラン[編集]

インド・チベット[編集]

東アジア[編集]

[編集]

  • 煬帝(楊広)(569年 - 618年) - 隋王朝第2代皇帝(在位604年 - 618年)・高句麗遠征に失敗し殺害される
  • 陸法言(生没年不詳) - 隋の音韻学者・漢字発音の標準を定め『切韻』5巻を編纂・これは現存最古の韻書科挙にも影響
  • 竇建徳573年 - 621年) - 隋末唐初に割拠した群雄・高句麗遠征軍から逃れて河北で自立・宇文化及を倒すが李世民に敗北
  • 李密582年 - 618年) - 隋末唐初に割拠した群雄・楊玄感の反乱に続いて挙兵し河南で自立・王世充に敗北する
  • 王世充(? - 621年) - 隋末唐初に割拠した群雄・洛陽にて恭帝侗を擁立・さらに自ら皇帝を名乗るが李淵に敗北

[編集]

渤海[編集]

朝鮮[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、日本成立以前の倭国および倭国王の勢力範囲に関しては諸説ある。

10年紀と各年[編集]

600年代 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609
610年代 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619
620年代 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629
630年代 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639
640年代 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649
650年代 650 651 652 653 654 655 656 657 658 659
660年代 660 661 662 663 664 665 666 667 668 669
670年代 670 671 672 673 674 675 676 677 678 679
680年代 680 681 682 683 684 685 686 687 688 689
690年代 690 691 692 693 694 695 696 697 698 699
700年代 700 701 702 703 704 705 706 707 708 709

関連項目[編集]