紀元前11世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 前12世紀 - 紀元前11世紀 - 前10世紀
代の小説『封神演義』に登場する帝辛(紂王)妲己
ビブロス王アヒラムの石棺(サルコファガス)。紀元前1000年前後に作られたものでフェニキア文字による墓碑銘が刻まれている。
バビロニアのクドゥル。カッシート時代後期からバビロニアではクドゥルと呼ばれる境界石が作られるようになる。画像はこの世紀に作られたパリのフランス国立図書館メダル陳列室(コイン・メダル博物館)所蔵の「ミショー・ストーン」。

紀元前11世紀(きげんぜんじゅういちせいき)は、西暦による紀元前1100年から紀元前1001年までの100年間を指す世紀

できごと[編集]

紀元前1100年代[編集]

紀元前1090年代[編集]

  • 紀元前1098年 - エジプト王ラムセス11世が即位( - 紀元前1070年)。
    • この時期に木材獲得のためビブロスに派遣されたエジプト人が記録したのが「ウェンアメン旅行記」。

紀元前1080年代[編集]

紀元前1070年代[編集]

  • 紀元前1077年 - アッシリア王ティグラト・ピレセル1世が暗殺される。
    • この後、アッシリアの国力は低迷し、アラム人の侵入にも悩まされる。
  • 紀元前1070年頃 - エジプトで第20王朝の終わり。第3中間期が始まる。
    • 下エジプトではタニス第21王朝が、上エジプトではテーベアメン大司祭国家が成立。
    • 第3中間期の混乱のため歴代ファラオの遺体は神官団の指揮でこの時期デル・エル・バハリの墳墓に移送された。

紀元前1060年代[編集]

  • 紀元前1068年頃 - 伝承ではアテナイ王コドロスがドーリア人の侵入で殺害されアテナイで王制が廃絶。
    • コドロスの息子メドンはアテナイ最初のアルコンに選出される。

紀元前1050年代[編集]

紀元前1040年代[編集]

  • 紀元前1046年 - 武王牧野の戦いを滅ぼしを興す(殷周革命)。
  • 紀元前1045年 - 魯、燕、衛、晋、曹、蔡、呉、陳、宋、斉、楚の諸侯が成立。
  • 紀元前1040年頃 - 「イオニア人の移動」。
    • 伝承ではアテナイ王コドロスの子ネイレウスおよびアンドロクロスがイオニアの植民市を建設。

紀元前1020年代[編集]

  • 紀元前1021年頃
    • サウルがイスラエル王国の王に選ばれる。
    • 周の武王死去。息子の成王が即位し叔父の周公旦らが補佐する(成康の治)。
      • 周公旦に対立する三監(管叔鮮蔡叔度霍叔処)が殷の紂王の子禄父(武庚)を擁して反乱を起こすが鎮圧される(三監の乱英語版・禄父の乱)。
      • 三監の乱の後、殷の故地は東西に分断され、西側(衛)を周公旦の弟康叔に、東側(宋)を殷の紂王の庶兄微子啓に支配させる。
      • 成王の時代に造られた「何尊(宝鶏市博物館蔵)」には「中国」の名が含まれた最古の銘文が刻まれている。

紀元前1000年代[編集]

大盂鼎
  • 紀元前1002年頃 - 周の成王死去。息子の康王が即位。

人物[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • タイムロードの再生の謎を暴こうとしたターローら囚人が無限に再生させられる。(ドラマ『ドクター・フー』)

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]