24世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 3千年紀
世紀: 23世紀 - 24世紀 - 25世紀
十年紀: 2300年代 2310年代 2320年代 2330年代 2340年代
2350年代 2360年代 2370年代 2380年代 2390年代

24世紀(にじゅうよんせいき)とは、西暦2301年から西暦2400年までの100年間をさす世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた24世紀について記載する。

予定・予測される主なできごと[編集]

2300年代[編集]

2310年代[編集]

2320年代[編集]

  • 2327年6月4日 - 金星による火星の食。

2330年代[編集]

  • 2335年10月8日 - 金星による木星の食。

2340年代[編集]

  • 2340年 - 日本の紀年法である皇紀で紀元3000年を迎える。

2350年代[編集]

2360年代[編集]

2380年代[編集]

  • 2388年 - 火星と土星の三重会合。

2390年代[編集]

2400年代[編集]

フィクションのできごと[編集]

2300年代
  • 2301年 - 0ガンダム、クルジス共和国での紛争に武力介入を行う。(『機動戦士ガンダム00』)[1]
  • 2302年 - 私設武装組織「ソレスタルビーイング」、第3世代ガンダムのロールアウトを開始。(『機動戦士ガンダム00』)
  • 2304年 - 太平洋に小惑星「太平洋アステロイド」が落下。津波で数百万人が死亡したほか、大規模な電磁パルスが発生して電子化された情報の一部が消滅する。(『3001年終局への旅』)[2]
  • 2305年 - 刹那・F・セイエイ、ガンダムエクシアのマイスターとなる。(『機動戦士ガンダム00』)
  • 2306年 - ガンバスターのサルベージに失敗。地球帝国時代の科学が失われる。(『トップをねらえ!』)
  • 2307年 - ソレスタルビーイング、全世界の紛争根絶を宣言。活動を開始。(『機動戦士ガンダム00』)[3]
  • 2308年 - ソレスタルビーイング、国連軍の討伐により壊滅。(『機動戦士ガンダム00』)
2310年代
2320年代
2330年代
  • 2335年 - 知的機械種「UIMS」による銀河連邦への第三次侵攻が発生。これに対しUGSFは「オペレーション・スターブレード」を発動し、最新鋭航宙機「FX-01」で編成される「チーム・スターブレード」が対UIMS戦に投入される。(『スターブレード』)[4]
2340年代
  • 2344年 - U.S.S.エンタープライズCクリンゴン植民地を救う。(『新スタートレック』)
  • 2349年 - 人類圏内のベヘモス星系で、入植していた人類全員が一夜にして全滅する。精神生命体「ファントム」最初の出現。(『脳光速』)[10]
2350年代
  • 2350年 - 大西洋上に再びアトランティス大陸浮上。ニューアトランティスとなる。(『黄金の法』)
  • 2352年 - 航空宇宙軍・小宮山艦隊が惑星バラディアにて汎銀河文明と接触。(『終わりなき索敵』)[11]
  • 2356年12月19日 - 質量を持った衝撃波「セカンドウェーブ」が太陽系を襲う。グレートミッションが行われる。(『宇宙のステルヴィア』)
  • 2357年6月23日 - 時空の裂け目「コズミックフラクチャー」に対して、ジェネシスミッション開始。(『宇宙のステルヴィア』)
  • 2357年 - お母さんロボットが暴走して東京がパニックに陥り、その後ロボが宇宙に打ち上げられる。(『あたしンち』)
  • 2358年 - バラディアの戦士ダムダリ、衛星軌道上の小宮山艦隊を撃破。(『終わりなき索敵』)[12]
2360年代
2370年代
2380年代
  • 2381年 - ボーグの第三次侵攻。アカマー星系の戦い。(『Star Trek:Destiny -Gods of Night-』)
  • 2382年 - 「ディグダグ事件」。銀河連邦領星系の惑星の地中に怪獣が出現。ホリ・タイゾウがこれを解決する。(『ディグダグ』)[4]
  • 2383年 - 銀河連邦領星系の惑星の諸島に再び怪獣が出現。ホリ・タイゾウが再び解決に向かう。(『ディグダグII』)[4]
  • 2384年8月2日 - 奇居子の侵攻によって物理的に分断された地球から播種船「シドニア」が出航。大陽系からの脱出に成功する。(『シドニアの騎士』)[15]
  • 2385年
    • ロックウッド艦隊、惑星バラディアに帰還。軌道上で撃破される。(『終わりなき索敵』)[12]
    • 凶暴な外宇宙生命体「オクティ族」が、銀河連邦と友好的な「パケット族」を銀河連邦領星系外縁部に築いた地下要塞「バラデューク」に拉致監禁。救援要請を受けたUGSFは辺境警備隊の空間騎兵「トビ・マスヨ」をバラデュークに派遣する。(『バラデューク』)[4]
  • 2388年 - UGSFは再び活動を開始したオクティ族を敵対種族と認定。トビ・マスヨに対しオクティ族殲滅指令が発せられる。(『爆突機銃艇』)[4]
2390年代
  • 2391年 - 超光速航行技術、完全実用化。(『銀河英雄伝説』)
  • 2399年 - クリンゴン帝国が惑星連邦に宣戦布告。(『Star Trek Online』)
2400年代
  • 2400年
    • イホ・トロト、太陽系帝国を訪問。恒星六角形発見。(『宇宙英雄ペリー・ローダン』)
    • AI「フロンティアセッター」に制御された深宇宙探査船「ジェネシスアーク号」が、電脳仮想空間「ディーヴァ」の攻撃を振り切り探査航海へと発進する。(『楽園追放 -Expelled from Paradise-』)[16][17]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 木村暢 『機動戦士ガンダム00 1 ソレスタルビーイング』 角川書店2008年、20 - 26頁。ISBN 978-4-04-473601-9
  2. ^ アーサー・C・クラーク 『3001年終局への旅』 早川書房2001年、18・119・120。ISBN 978-4-15-011347-6
  3. ^ 木村暢 『機動戦士ガンダム00 1 ソレスタルビーイング』 角川書店、2008年、30 - 76頁。ISBN 978-4-04-473601-9
  4. ^ a b c d e f UGSF HISTORY - UGSFシリーズ公式サイト。2014年9月9日、2016年3月1日閲覧。
  5. ^ 木村暢 『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン1 天使再臨』 角川書店、2009年、30 - 92頁。ISBN 978-4-04-473604-0
  6. ^ 木村暢 『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』 角川書店、2010年、16 - 355頁。ISBN 978-4-04-473609-5
  7. ^ ASOII ~ラストガーディアン~ - SNKプレイモア公式サイト、2016年2月29日閲覧。
  8. ^ 『ASOII ―ラストガーディアン―』チラシ SNK、1991年、裏面。
  9. ^ 田中啓文 『銀河帝国の弘法も筆の誤り』 早川書房、2001年、196 - 199・275頁。ISBN 978-4-15-030658-8
  10. ^ 田中啓文 『銀河帝国の弘法も筆の誤り』 早川書房、2001年、16・275頁。ISBN 978-4-15-030658-8
  11. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』 早川書房、1996年、73 - 83・347。ISBN 978-4-15-030570-3
  12. ^ a b 谷甲州 『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』 早川書房、1996年、222 - 243頁。ISBN 978-4-15-030570-3
  13. ^ 荒巻義雄 『ビッグ・ウォーズ 1 神鳴る永遠の回帰』 徳間書店1991年、304頁。ISBN 978-4-19-579240-7
  14. ^ 木村暢 『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』 角川書店、2010年、360 - 366頁。ISBN 978-4-04-473609-5
  15. ^ a b 弐瓶勉 『シドニアの騎士 二』 講談社2010年、89 - 92頁。ISBN 978-4-06-314597-7
  16. ^ INTRO-STORY - 『楽園追放 -Expelled from Paradise-』公式サイト。2015年12月11日閲覧。
  17. ^ 八杉将司 『楽園追放―Expelled from Paradise―』 早川書房、2014年ISBN 978-4-15-031171-1

関連項目[編集]