紀元前21世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 紀元前3千年紀
世紀: 前22世紀 - 紀元前21世紀 - 前20世紀
現存する世界最古の「ウル・ナンム法典」。
夏王朝の建国者の。画像は耜(すき)を持って工事に勤しむ禹の像で後漢時代に造られた山東省武氏祠の拓本

紀元前21世紀(きげんぜんにじゅういちせいき)は、西暦による紀元前2100年から紀元前2001年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた紀元前21世紀について記載する。

出来事[編集]

紀元前2100年代[編集]

紀元前2090年代[編集]

紀元前2080年代[編集]

紀元前2070年代[編集]

紀元前2060年代[編集]

  • 紀元前2064-1986年 - エジプトのネンネス(ヘラクレオポリス)政権(第10王朝)とテーベ政権(第11王朝)の間で抗争が続いた。
  • 紀元前2060年頃 - テーベ政権のメンチュヘテプ2世が即位。

紀元前2040年代[編集]

紀元前2030年代[編集]

  • 紀元前2034-2004年 - ウルとアムルの間で戦争が起こった。

紀元前2020年代[編集]

  • 紀元前2025年頃 - エシュヌンナのシュ・イリア王がウルから独立する。

紀元前2010年代[編集]

紀元前2000年代[編集]

  • 紀元前2009-1997年頃 - メンチュヘテプ3世の墓が建設された。
  • 紀元前2004年頃
    • エラム王キンダットゥがウルを破壊、イビ・シン王が連行されウル第3王朝が滅亡する。
      • この事件により『ウル市滅亡哀歌』『第二ウル市滅亡哀歌』ほかの記録が書かれる。
      • ウル滅亡後にエラムを追い払いイシン第1王朝のイシュビ・エッラがこの地を征服する。
      • メソポタミア各地にアムル人(マルトゥ)諸国が乱立するイシン・ラルサ時代が始まる。
    • メンチュヘテプ2世が死去した。

主な人物[編集]

誕生[編集]

  • シラ(紀元前2067年-紀元前1634年) - アルパクサデの息子
  • エベル(紀元前2037年-紀元前1573年) - シラの息子
  • ペレグ(紀元前2003年-紀元前1764年) - エベルの息子

発明・発見・文化[編集]

  • 二里頭遺跡 - 夏王朝の遺跡。
  • 法律 - 紀元前2100年、メソポタミアのウル・ナンムの下で最初の法律ができた。
  • - 紀元前2037年、古代中国の皇帝神農は生の葉を茹でて茶を作った。

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]