紀元前17世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 前18世紀 - 紀元前17世紀 - 前16世紀

紀元前17世紀(きげんぜんじゅうななせいき)は、西暦による紀元前1700年から紀元前1601年までの100年間を指す世紀

クレタ文明を代表するクノッソス宮殿(新宮殿時代)の「牛跳び」の壁画。紀元前17世紀のサントリーニ島の爆発がその後のクレタ文明に影響を与えたという説もある。
「ファラオの穀物倉庫監督のヨセフ(ローレンス・アルマ・タデマの歴史画)」。ヘブライ人ヤコブの息子ヨセフは「創世記」ではエジプトで高官となったと記されている。異邦人ヒクソスがエジプトに侵入し、第15王朝・第16王朝を立てたこの時代こそ、ヨセフの時代に相当すると考えられている。
「青銅縦目仮面」。中国の四川省三星堆遺跡を代表する遺物で、大きな耳と突出した眼を具えた異形の神の頭部とされる。

出来事[編集]

紀元前1700年代[編集]

  • 紀元前1700年 - 紀元前1500年頃 - 西アジアでフルリ人による征服。
  • 紀元前1700年 - 紀元前1200年頃 - 中国西部四川省三星堆遺跡の時代。
  • 紀元前1700年 - 紀元前1600年頃 - 中国黄河流域で二里頭文化II期。
  • 紀元前1700年頃
    • クレタ島クノッソスで古宮殿時代から新宮殿時代への移行期。
      • クノッソス宮殿東翼部出土の象牙製「牛跳びの像(イラクリオン考古学博物館蔵)」が作られる。
    • サルデーニャ島バルーミニにあるヌラーゲスー・ヌラージが建設される。
    • シナイ半島のサラービート刻文に原シナイ文字が用いられる。
    • 北欧青銅器時代が始まる( - 紀元前500年頃)。
    • ロシアのアルカイムの円型集合住居遺跡が建設される(シンタシュタ・ペトロフカ・アルカイム文化)。
    • この頃までに『アトラ・ハシース叙事詩』が成立する。
      • 人類創造から大洪水の厄災に至るまでの賢人アトラ・ハシース(ウトナピシュティム)の活躍をアッカド語粘土板で記録したもの。

紀元前1660年代[編集]

  • 紀元前1663年 - エジプトで第13王朝第14王朝の終わり。
    • 下エジプト東部のアヴァリスを中心に異民族ヒクソスによる第15王朝(大ヒクソス)が成立。
    • 同時期に下エジプト西部にて諸侯国が成立し第16王朝(小ヒクソス)と呼ばれる。

紀元前1640年代[編集]

紀元前1620年代[編集]

  • 紀元前1628年頃 - サントリーニ島の爆発。
    • サントリーニ島南部にあった華麗な装飾フレスコ壁画で有名なアクロティリ遺跡もこの時期に埋没した。

紀元前1600年代[編集]

発明・発見[編集]

人物[編集]

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]