エジプト第16王朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エジプト第16王朝紀元前17世紀頃 - 紀元前16世紀頃)は第2中間期時代の古代エジプト王朝。第16王朝が存在した時代はいわゆるヒクソス(ヘカ・カスウト 「異国の支配者達」の意)が第15王朝を形成してエジプトを支配していた時代である。第16王朝は第15王朝に従属する諸侯を纏めたものであると考えられる。テーベ(古代エジプト語:ネウト、現在のルクソール[1])の第17王朝が勢力を伸ばし第15王朝を滅ぼすと、第16王朝と呼ばれた諸侯の領土もテーベ政権の支配下に入った。第15王朝を「大ヒクソス」と呼ぶのに対し、第16王朝を「小ヒクソス」と呼ぶ場合があるが、通常ヒクソスと言えば第15王朝の諸王を指す。

考古学者のKim Ryholtは近年の研究で、第16王朝がヒクソスによる王朝ではなく、第17王朝以前にテーベを本拠地としたエジプト人による王朝であったという新しい見解を発表している。研究では、第17王朝初期から中期までの王たちと末期の王たちは異なる家系に属しているとして、従来第17王朝と呼ばれてきた王朝の前半の約70年間を第16王朝、後半の約30年間を第17王朝とする新しい説を唱えている。また、最初の王家が断絶したのは、第15王朝を中心とするヒクソスの勢力によってテーベが一時的に征服されたためであるとしている。しかし、比較的新しいこの説は裏付けとなる証拠に乏しく、反対する研究者も多い。

歴代王[編集]

第16王朝についてまとまった歴史記録はほとんど無い。マネトは第16王朝に32人のヒクソス王がいたと記しているが個々の王名は挙げられていない。トリノ王名表には第16王朝に分類される王が記録されているが、これらの王は同時代史料にはほぼ登場しない。僅かにアナテル(アナト・ヘル)王とヤコブアアム王の名が当時の下エジプトナイル川三角州地帯)と南パレスチナで発見されたスカラベなどに記されているのが発見されているのみである。

以下に示す一覧は英語版ウィキペディアからの一覧を転載したものであるが、他の資料等との間に整合性の取れない王名もあり正確性を保障されたものではない。

第16王朝がヒクソスから独立したテーベの王国であったと仮定するKim Ryholtの説では、トリノ王名表に記録されている15人の王がこの王朝に属するとされ、そのうちの何人かは発掘された同時代の遺物でも実在が証明されている。また、彼らの支配はテーベだけでなく、アビドスやエドフといった上エジプトの他の都市にも及んでいたかもしれないとしている。尚、この説では従来第16王朝に分類されていた上記の王たちは新たに第14王朝に分類し直されている。


第16王朝のファラオの一覧
 ホルス名   即位名  誕生名  在位  備考
名前不明の王 前1649年-1648年 王名表の欠損によって失われている
セメンタウィ セケムラー ジェフティ 前1648年-前1645年
セウセルタウィ セケムラー セベクヘテプ8世 前1648年-前1645年
セアンクタウィ セケムラー ネフェルヘテプ3世 前1629年-前1628年
セアンクエンラー メンチュヘテプ6世 前1628年-前1627年
スワジエンラー ネビリイアウ1世 前1627年-1601年
ネビリイアウ2世 前1601年
セメンラー 前1601年-1600年
セウセルエンラー ベビアンクウ 前1600年-前1588年
セケムラー セヘドワセト 前1588年
前1588年-1582年 名前不明の5人の王

[編集]

  1. ^ 紀元前3世紀のエジプトの歴史家マネトの記録ではディオスポリスマグナと呼ばれている。これはゼウスの大都市の意であり、この都市がネウト・アメンアメンの都市)と呼ばれたことに対応したものである。この都市は古くはヌエと呼ばれ、旧約聖書ではと呼ばれている。ヌエとは大都市の意である。新王国時代にはワス、ワセト、ウェセ(権杖)とも呼ばれた。

参考文献[編集]