紀元前7千年紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 前8千年紀 - 紀元前7千年紀 - 前6千年紀

紀元前7千年紀(きげんぜんななせんねんき)は、西暦による紀元前7000年から紀元前6001年までを指す千年紀(ミレニアム)である。現在からおよそ8000年〜9000年前に当たる。この項目では、国際的な視点に基づいた紀元前7千年紀について記載する。

時代[編集]

できごと[編集]

  • 紀元前7000年頃 - 日本では縄文時代早期。温暖化が進み、海水面は現代とほぼ同じとなる。
  • 中国黄河流域で裴李崗文化が誕生。アワなどを栽培する農耕を行う。河南省舞陽県の賈湖遺跡などが見つかっている。

環境の変化[編集]

発明・発見[編集]

  • メソポタミア:最初の陶器が作られる。
  • が使われ始める。
  • ウシの飼育。
  • 中国:アワの栽培、ブタの飼育。最古の
  • 日本:紀元前7000年〜紀元前6700年頃の神奈川県夏島貝塚で最古の犬の化石。

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]

関連項目[編集]