3千年紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 2千年紀 - 3千年紀 - 4千年紀
世紀: 21世紀 22世紀 23世紀 24世紀 25世紀
26世紀 27世紀 28世紀 29世紀 30世紀

紀元3千年紀(きげんさんぜんねんき、紀元3000年紀[注 1]は、西暦紀元による3番目の千年紀(ミレニアム)である。西暦元年1年)から定義通りに千年単位で区切っていく場合、西暦2001年から西暦3000年21世紀から30世紀)に当たる。この項目では、国際的な視点に基づいた3千年紀について記載する。

開始と終了の年月日[編集]

3千年紀および21世紀がいつから始まるかについては、2000年からとするか、2001年からとするかで各国における議論があった。この議論(西暦の区切り)についての詳細は『世紀』、『千年紀』の項目を参照のこと。

できごと[編集]

3千年紀はまだ始まったばかりであり、「3千年紀の主なできごと」を記述するにはまだ早すぎる。いくつかのできごとや今後の予定・予測が『21世紀』や『各年代(10年紀)』の項目にも記述されている。また、『年表』の項目に各年、各年代、各世紀の記事へのリンクがあるのでそちらも参照されたい。

記述すべき事柄としては、地球温暖化など地球規模での環境問題の深刻化、地下資源水産資源の枯渇、生物種の大量絶滅などが挙げられる。また、今後の世界人口は21世紀半ばを前に増加のペースを鈍化させながら、2100年までに100億人に達するとの予測が国連などによりされているものの、21世紀には全世界規模で少子高齢化傾向が進行していくものとみられ、21世紀末には人口減少に転じるという予想もある。政治体制や経済動向についても観測がなされているが、数百年後のそれらを予測することは困難であり、21世紀初頭の今日ではほとんどは21世紀中の予測にとどまる。

フィクションのできごと・関連作品[編集]

  • 23世紀
    • 山田博士(ギガゾンビ)が7万年前の日本へ侵略に行く。(『ドラえもん のび太の日本誕生』)
    • 地球連邦機関の使者ウィルソン、グレンチコ、エミーの3人が、21世紀に復活したゴジラによって日本が壊滅的打撃を被る前に、ゴジラを抹殺する目的で、1992年7月の富士山麓に行く。(『ゴジラvsキングギドラ』)
    • 2222年 - この頃までに人類の知能は、「簡単な四則演算までコンピューターに頼りきりになる」ほどまでに退化している。また、この年に宇宙を航行していたある宇宙船のコンピューターが機能停止に陥り、「210×2.3」と「600÷2.4」の立式のヒントをもらうためだけに2022年以前から冷凍されていた「森田」と名乗る人物を解凍させる。(『スペース2222』)
  • 24世紀
    • 2367年 - 11代目ドクター、カナダと同規模の宇宙船が地球に接近していることを知る。仲間を集め、宇宙船へ乗り込む。(『ドクター・フー』)
  • 25世紀
    • 2471年 - 初代マスターが惑星を破壊できる威力の終末兵器を狙う。3代目ドクター、兵器を守るためにユクサリウスへ。(『ドクター・フー』)
    • 2493年 - ヴィッキーの父が惑星アストラで就職しているため、ヴィッキーが宇宙船で地球を出発し惑星アストラへ赴く。(『ドクター・フー』)
    • 2500年 - 地球は人類が生息できない環境へと変貌し、人類は月にコロニーを築き移住する。(『Run for money 逃走中』)[1]
  • 26世紀
    • 銀河系中心域に敵対的な外宇宙生命体用の存在が確認される。これに対して建造された惑星級星系内生態系破壊用兵器が太陽系内で暴走し、150時間後に次元消去兵器によって異次元へと吹き飛ばされる。その後、これがバイドとなる。(『R-TYPE』シリーズ)
    • アメリカにおいてインテリが極端なK戦略を取る一方,バカが極端なr戦略を取ったことによってアメリカ人の平均知能がどん底まで落ち込み,『イディオクラシー』(Idiocracy=バカが支配する社会)になる。この影響でFOXニューズを除くマスコミ・出版業界は全て崩壊し、残ったFOXニューズも「筋肉モリモリのニュースキャスターが裸ででたらめなニュースを放送し続ける」という事態にまで落ち込む。(『26世紀青年』)
    • 2501年 - 「オペレーション・ラストダンス」の一環として、R戦闘機1機が22世紀から同年へとタイムトラベルする。(『R-TYPE FINAL』)
    • 2513年 - タンザニアのオルドバイ渓谷TMA・0が発掘される。(『3001年終局への旅』)[2]
    • 2520年7月14日 - 紀元前の地層から発掘された「石のような物体」が放った光によって、宇宙空間にいた4人とロボノイド1体を除く全人類が消滅する。(『レイディアントシルバーガン』)[3]
    • 2525年
      • ゼーガーとエバンズ(Zager and Evans)の楽曲、『西暦2525年』。
      • 銀河系外コロニー惑星「ハーベスト」を地球外種族の宗教連合体コヴナントが強襲。Human-Covenant Warの勃発。(『HALO』)
    • 2526年 - サイバーマン、アンドロイドを操り洞窟で地質学者を殺害。同時に宇宙の貨物船に乗り込み、地球へ接近する。(『ドクター・フー』)
    • 2536年 - 増殖型戦闘機械「ET」が太陽系への攻撃を開始し、それから5年の間に一部の古細菌を除いて地球上の生物は絶滅。10年後に人類は木星より内側の太陽系を放棄する。(『時砂の王』)[4]
    • 2554年 - クリンゴン帝国が惑星連邦へ加盟。(『スタートレック』)
    • 2563年
      • ヒトマキナによる1871年の世界の再構築が完了し、この年を1871年として人類滅亡回避の計画がスタートする。(『鉄のラインバレル』)
      • 人類圏宇宙軍の宇宙戦艦「ユダ」がベガ星系で知的生命体〈人食い〉の襲撃を受ける。地球外知的生物とのファーストコンタクト。(『銀河を駆ける呪詛』)[5]
    • 2565年 - トムとジェリーが未来都市でネコ型ロボットとネズミ型ロボットを使いドタバタを起こす。(『トムとジェリー』)
    • 2599年 - バグズ2号が火星に着陸、バグズ2号計画の実行。(『テラフォーマーズ』)
    • 26世紀終盤 - 航空宇宙軍と汎銀河連合の間で恒星間戦争が勃発する。(『終わりなき索敵』)[6]
    • 2600年 - ガバナス帝国、惑星ジルーシアを要塞化、地球に侵攻。(『宇宙からのメッセージ』)
  • 27世紀
    • 2620年3月4日 - アネックス1号が地球を発ち、火星に出発する。(『テラフォーマーズ』)
    • 2623年 - UGSFによる機械生命体「UIMS」の銀河系内からの駆逐作戦「オペレーション・ドレッドノート」により、UIMSの占領下にあった地球が奪還される。(『みずいろブラッド』)[7]
    • 2632年7月5日 - アダン自由同盟が地球統合政府に対し全面攻撃を開始。宣戦布告をする。(『PROJECT SYLPHEED』)
    • 2636年 - エイリアン軍団が地球に対し総力をかけた大規模な侵略作戦を開始。(『魂斗羅スピリッツ』)
    • 2659年 - UIMS残党の再集結に対し、UGSFによって「オペレーション・ブループラネット」が発動される。(『スターブレード オペレーションブループラネット』)[7]
    • 2660年
      • 薬学を研究する11歳の大学生であるケン・ソゴルが、身体移動と時間跳躍を可能にする薬を作り、20世紀頃の日本に時間遡行する。(『時をかける少女』)[8]
      • 恒星間無機物転送エネルギーチューブ「スターライン」の実用化による物流革命により、銀河連邦の領星系が同年から2700年にかけて爆発的に拡大する。(『New Space Order』)[7]
      • 9月1日 - 発明家ラルフ124C41+が、三年前から臭化ラジウムKの希薄溶液とパーマガドルを用いて保全されていた犬の死体を蘇生させることに成功する。(『ラルフ124C41+英語版』)[9]
    • 2689年 - 地球統一政府と植民星連合軍によるシリウス戦役が勃発。(『銀河英雄伝説』)
    • 2690年5月14日 - ラグラン市事件。地球軍が植民星連合軍の敗残兵追跡を目的として、シリウス星系第6惑星ロンドリーナにて無差別殺戮を行う。(『銀河英雄伝説』)
    • 2691年
      • 2月28日 - ラグラン市から脱出した「ラグラン・グループ」の4名が、プロキシマ星系第5惑星プロセルピナでBFF(ブラック・フラッグ・フォース)を結成する。(『銀河英雄伝説』)
      • 12月31日 - 大場真来梓、1999年の地球へ派遣される。(『鉄のラインバレル』)
    • 2700年 - ガバナス帝国、惑星アナリスに侵攻。(『宇宙からのメッセージ・銀河大戦』)
  • 28世紀
    • 2704年 - シリウス戦役終結。BFFによる地球への無差別な攻撃・虐殺によって地球は荒廃し、没落の道を辿る。(『銀河英雄伝説』)
    • 2715年(2023年) - 加藤機関とヒトマキナの戦い、ニューヨーク解放戦へ、圧縮転送フィールドの対消滅で行方不明になっていた早瀬浩一とラインバレルが登場する。(『鉄のラインバレル』)
    • 2775年 - 9代目ドクターら、アルカニス・メジャーを訪問。ジャックが保護施設に収容され、ローズは影に追跡される。(『ドクター・フー』の小説版)
    • 2800年頃 - 「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、産業文明が滅亡する。(『風の谷のナウシカ』)
  • 29世紀
    • 2801年 - アルデバラン星系第2惑星テオリアを首都として銀河連邦が成立し、同年を1年とする宇宙暦が成立。(『銀河英雄伝説』)[10]
    • 2805年 - ゴミ処理ロボットのウォーリーが地球に植物を探しに来たロボット・イヴと出会う。ウォーリーが宇宙客船アクシオムに行き、彼の活躍で人類は700年ぶりに地球に帰還する。(『ウォーリー』)
    • 2845年 - UGSFと「軍事帝國」の接触によるエイヴィンフォード紛争を発端として、新宇宙秩序戦争が勃発する。(『New Space Order』)[7]
    • 2854年2月30日 - 魔毛狂介が誕生する。(『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』)
    • 2858年(宇宙歴772年) - 宇宙全域にエクスキューショナーが出現。宇宙の三大勢力はほぼ壊滅。(『スターオーシャン Till the End of Time』)
    • 2882年 - 地球独立政府傭兵軍とシュトラール共和国軍との間で戦争が勃発。(『マシーネンクリーガー』)
    • 2900年 - クロノス社の月村サトシによって第一回逃走中が開催される。(『Run for money 逃走中』)[1]
  • 30世紀
    • 2917年 - 地球人と異星人トーランとの戦争が終結。(『終りなき戦い』)[11]
    • 2960年 - 大規模な気候変動や地殻変動で壊滅的な打撃を受けた人類は“愚か者の火”により再び世界を破滅させることに成る。(『妖変ニーベルングの指環』)
    • 2970年 - ハーロックの友人である大山トチローとエメラーダの間に娘のまゆが生まれる。大山トチロー、宇宙病で病死。(『宇宙海賊キャプテンハーロック』アニメ版)
    • 2977年 - 宇宙から謎の異星人、マゾーンにより巨大なペナントが地球に打ち込まれる。(『宇宙海賊キャプテンハーロック』)
    • 2979年1月25日 - 戦士の銃が大山トチローの手で製作される。(『銀河鉄道999』)
      • ただし先述の通り、トチローは『ハーロック』物語開始時の2977年の時点で既に故人であり、999を中心とした物語世界での歴史となる。
    • 2999年 - ゲルマ帝国、太陽系に侵攻。(『Xボンバー』)
    • 3000年 - この時代に存在する時間保護局特殊部隊「タイムレンジャー」である4人の未来人たちが西暦2000年の日本にやってくる。同時にロンダーズが2000年へ逃走。(『未来戦隊タイムレンジャー』)
    • 3000年12月18日 - 「リアル鬼ごっこ」開始(『リアル鬼ごっこ』)

世紀と年代[編集]

21世紀 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代 2040年代 2050年代 2060年代 2070年代 2080年代 2090年代
22世紀 2100年代 2110年代 2120年代 2130年代 2140年代 2150年代 2160年代 2170年代 2180年代 2190年代
23世紀 2200年代 2210年代 2220年代 2230年代 2240年代 2250年代 2260年代 2270年代 2280年代 2290年代
24世紀 2300年代 2310年代 2320年代 2330年代 2340年代 2350年代 2360年代 2370年代 2380年代 2390年代
25世紀 2400年代 2410年代 2420年代 2430年代 2440年代 2450年代 2460年代 2470年代 2480年代 2490年代
26世紀 2500年代 2510年代 2520年代 2530年代 2540年代 2550年代 2560年代 2570年代 2580年代 2590年代
27世紀 2600年代 2610年代 2620年代 2630年代 2640年代 2650年代 2660年代 2670年代 2680年代 2690年代
28世紀 2700年代 2710年代 2720年代 2730年代 2740年代 2750年代 2760年代 2770年代 2780年代 2790年代
29世紀 2800年代 2810年代 2820年代 2830年代 2840年代 2850年代 2860年代 2870年代 2880年代 2890年代
30世紀 2900年代 2910年代 2920年代 2930年代 2940年代 2950年代 2960年代 2970年代 2980年代 2990年代

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 3千年紀とは第三千年紀(第三ミレニアム)のことであるが、概ね"千年紀の観点からみた2000年代"にもあてはまるため、2千年紀と誤解される(即ち、21世紀が2千年紀の最初の世紀とみられてしまう)場合がある。この点は趣旨として何を指しているか、また使用する場合にも留意が必要である。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b クロノス社とは? - フジテレビ『逃走中』公式サイト。2016年1月16日閲覧。
  2. ^ アーサー・C・クラーク 『3001年終局への旅』 早川書房2001年、77 - 79頁。ISBN 978-4-15-011347-6
  3. ^ 『レイディアントシルバーガン』オープニングムービーより。
  4. ^ 小川一水 『時砂の王』 早川書房、2007年、39・42 - 45頁。ISBN 978-4-15-030904-6
  5. ^ 田中啓文 『銀河帝国の弘法も筆の誤り』 早川書房、2001年、207 - 213・275頁。ISBN 978-4-15-030658-3
  6. ^ 谷甲州 『航空宇宙軍史 終わりなき索敵〔下〕』 早川書房、1996年、268頁。ISBN 978-4-15-030570-3
  7. ^ a b c d UGSF HISTORY - UGSFシリーズ公式サイト。2014年9月9日、2016年1月16日閲覧。
  8. ^ 筒井康隆 『SFジュブナイル 時をかける少女』 角川書店1976年、93 - 96頁。ISBN 978-4-04-130510-2
  9. ^ 『世界SF全集 4』 早川書房、1981年、9・32・33・42頁。
  10. ^ 田中芳樹 『銀河英雄伝説 1』 徳間書店1982年、7頁。ISBN 978-4-19-152624-2
  11. ^ ジョー・ホールドマン 『終りなき戦い』 早川書房、1985年、349頁。ISBN 4-15-010634-7

関連項目[編集]