遼河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遼河
遼河流域
遼河流域
延長 1,390 km
水源の標高 -- m
平均流量 302 /s
(--)
流域面積 228,960 km²
水源 河北省
河口・合流先 渤海
流域 中国
テンプレートを表示

遼河(りょうが)は、満州南部を流れる大河。河北省内蒙古自治区吉林省遼寧省を流れ、渤海に注ぐ。河流の長さは1390キロメートル流域面積は、渾河や太子河も含めると、22万8960平方キロメートル。遼河の激しい流れによって、遼河平原が誕生した。ただし、近年では水質汚染が深刻で、早急な環境問題対策の整備が必要となっている。

歴史的地名として遼河以西の地域を遼西、以東を遼東と呼ぶ。

遼河には東西に二つの源流があるが、本流は河北省内に源泉を持つラオハ川(老哈河)である。ラオハ川は内蒙古自治区に入り、途中からシラムレン川(Xar Moron、西拉木倫河、モンゴル語: Šira Mören)と合流して西遼河を為し、吉林省方面から流れてくる東遼河と合流した後に遼河となる。

遼河は遼寧省中部を北から南へ向かって縦貫し、途中で蘇台河、清河、柴河、泛河、秀水河、養息牧河、柳河といった河川と合流する。遼河は河口に達する前に再び二つの流れに分流する。一つは外遼河であり、営口で遼東湾(渤海の一部)に注ぐ。遼河最大の支流である渾河太子河と合流することから、大遼河とも言われる。もう一つは双台子(雙檯子)河であり、盤錦盤山県付近から遼東湾に注ぐ。

かつての遼河の主流は大遼河だったが、1958年六間房付近における改修工事以降、主流は双台子河になった。現在では渾河と太子河は独立水系となり、大遼河の旧河床をながれている。

関連項目[編集]