紀元前19世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年紀: 紀元前2千年紀
世紀: 前20世紀 - 紀元前19世紀 - 前18世紀

紀元前19世紀(きげんぜんじゅうきゅうせいき)は、西暦による紀元前1900年から紀元前1801年までの100年間を指す世紀。この項目では、国際的な視点に基づいた紀元前19世紀について記載する。

出来事[編集]

パリルーヴル美術館所蔵の「マリのライオン像」(紀元前2千年紀初期)。メソポタミア各地が争うイシン・ラルサ時代にあってマリは安定した国家を営んでいた。
大英博物館所蔵のセンウセルト3世の肖像。後の歴史家マネトによると2メートルを超す長身で、手足も人並み以上の巨躯であったと記されている。強力な指導力を発揮しエジプト第12王朝の繁栄をもたらした。
ミノア文明カマレス土器。黒地に白・赤・黄色を大胆に用い抽象的な意匠を凝らした土器で、轆轤が使われているため大量生産されたものであり、宮殿と関係した工房の存在が想定されている。

紀元前1900年代[編集]

  • 紀元前1900-1800年頃
    • アナトリアのカニシュ(ネサ(現キュルテペ))にアッシリア系商人のカールム(商業地域)が設置される。
      • アッシリア語で書かれた経済文書(「カッパドキア文書・キュルテペ文書」)が多数出土し、銅の交易が盛んであった。
    • ミノア文明は古宮殿時代(MMIB期)で轆轤を用いたカマレス土器が出現する。
  • 紀元前1900年頃

紀元前1870年代[編集]

  • 紀元前1876年 - 夏王朝によって最古の日食が記録される[1]
  • 紀元前1878年頃 - エジプトでセンウセルト3世が即位( - 紀元前1841年頃)。
    • センウセルト3世は行政改革を推進し、州侯の権力を削減して中央集権体制を構築、王朝に繁栄をもたらす。

紀元前1860年代[編集]

  • 紀元前1862年頃 - エシュヌンナ王イピク・アダド2世の即位( - 紀元前1818年頃)。
    • この王の時代がエシュヌンナの最盛期。このころまでに「エシュヌンナ法典」が整備される。

紀元前1850年代[編集]

  • 紀元前1850年頃 - シリアのマリをめぐる争奪戦。
    • マリのヤギト・リムとアッシリアのイラ・カブカブが衝突し、勝利したヤギト・リムがリム王朝を開く。

紀元前1840年代[編集]

  • 紀元前1842年頃 - エジプトのアメンエムハト3世が即位( - 紀元前1797年頃)。
    • エジプト第12王朝の最盛期でファイユーム盆地開発もこの時期に完了。
    • ベニ・ハッサンにはこの王に仕えていたクヌムホテプらの墓があり、エジプト人の日常生活が描かれた壁画で有名。

紀元前1820年代[編集]

紀元前1810年代[編集]

紀元前1800年代[編集]

人物[編集]

  • センウセルト3世(在位紀元前1878年頃 - 紀元前1841年頃) - エジプト第12王朝の王
  • ヤフドゥン・リム(在位紀元前1815年頃 - 紀元前1799年頃) - マリの王
  • シャムシ・アダド1世(在位紀元前1813年 - 紀元前1781年) - 古アッシリアの王

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 『ビジュアル1001の出来事でわかる世界史』 日経ナショナルジオグラフィック社、2012年、31頁。ISBN 978-4-86313-161-3

関連項目[編集]