世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
世紀
記号 C, C., Jh(ドイツ)
暦法
時間
SI 3 155 760 000(天文学で用いる。ユリウス世紀)単位記号は「T」
定義 100
テンプレートを表示

世紀(せいき)とは、西暦を100年単位で区切った範囲に対しての呼称である。百年紀。“century”( /ˈsenʧɚi/ センチュリー)の訳語。「世紀」を「C」という略記号で表すことがある(例えば、“20C ”は20世紀を表す)。

世紀は西暦元年1年)から100年区切りごとに一単位として数える序数で表現されるため、0世紀は存在しない。例えば、21世紀は英語で“The 21st (twenty-first) century ”と表現される「21番目の世紀」という意味である。

また、天文学では時間的な「量」の単位としてユリウス世紀( = 36 525日)が用いられる(後述)。この他、世紀は様々な表現に使用されており、本項ではこれらの表現についても解説する。

世紀とその西暦の範囲の求め方[編集]

通常、c世紀(cは整数)は西暦(100c-99)年から西暦100c年の間のこととして扱われている。例えば、20世紀1901年から2000年までのことである。逆に、ある任意の年を西暦y年(yは正整数)とすると、その年は\left\lfloor\frac{y+99}{100}\right\rfloor世紀である(⌊x⌋はx以下の最大の整数床関数を参照))。紀元前における世紀の記法については、これとは分けて考えて、同様の定義を行う。すなわち、紀元前c世紀は紀元前(100c-99)年から紀元前100c年までとする。このように、定義に場合分けを必要とする理由は、紀元(西暦1年)の前年を紀元前1年1世紀の前世紀を紀元前1世紀としているためである。

訳語の成立[編集]

もともと「」という文字は「」とも書き、「十」を3つ重ねた文字であり30を表し、30年間を意味した。おおむね30年で1つのジェネレーションが入れ替わることから、これが一代、すなわち「世代」を意味するようになり、「世の中」も表すようにもなった。

世紀という言葉は本来、中国皇帝世代々々の記録を意味した。日本でも同じく「世系」を記したものという意味で用いられていたが、1876年鈴木唯一が初めて“century”の訳語として使い、1882年頃から定着しはじめた。それ以前の書物では、century に対しては「第何回の100年」という逐語訳的な対応がなされていた。中国では当初 century の訳語としては「稘」の字を用いていたが、日清戦争前後から日本語の影響を受け「世紀」を century の意味で用いるようになった。

世紀の区切りに関する議論[編集]

世紀の区切りは20世紀を例に取ると、次の2つの考え方がある。

  1. 1901年1月1日に始まり、2000年12月31日に終わる。
  2. 1900年1月1日に始まり、1999年12月31日に終わる。

1. の方が公式の区切り方であり、したがって21世紀2001年1月1日から始まる。これは西暦に0年が存在しないため、1世紀1年から100年までとなり、その後100年ずつ区切っていくと20世紀は前述の 1. の区切り方となり、それに続く21世紀も2001年から2100年までの100年間となるためである。

世紀の区切りがいつであるかについては、記録によると16世紀末から議論が繰り返されてきた。100年ごとに訪れる区切りが近づくたびに議論が繰り返されるのは、一度議論に参加した当事者は次に議論がなされる100年後にはほとんど生き残っていないからである。

欧米では21世紀は2000年から始まると考える意見も根強かった。2000年の幕開けには、新しいミレニアムの始まりとあいまった祝賀イベントなどが各地で行われた。2000年という区切りがいいことに加え、キリスト大聖年に当たるということも大きい。日本人の多くはこのような習慣がないため、2001年から始まるとする人が多かった。政府の公式見解で一度2000年を区切りとして採用しながらそれを撤回して、後に2001年とアナウンスする国も見られた。

天文学における世紀[編集]

天文学では世紀を時間の単位として使うが、この場合、「ユリウス世紀 (julian century)」を用いる[1]。ユリウス世紀はユリウス年の100倍である。すなわち、36 525 d (日) = 正確に 3 155 760 000 をいう。ユリウス世紀の単位記号は、「T」を用いることが多い。

その他の用法・意味[編集]

  • 「1世紀に渡るプロジェクト」というように、西暦の区切りである世紀とは関係なく、約100年間を表す「量」の単位として使われることがあるが、本来の文法的には誤りである。これは本項冒頭で述べたとおり「○○世紀」という表現は数詞単位と結びついた助数詞ではなく、序数を使った序数詞である(すなわち「○○番目の世紀」を意味する)ことによるが、日本語には独立した序数の表現が存在しないためこのような誤用がまま見受けられる。従って「1000年間」を「10世紀間」とは通常言わず、もしこのような表現を使用した場合には、「9世紀の後〜11世紀の前」(すなわち「10世紀の間」)という本来の解釈との混同も生じ得る(そのため、1000年間の長さを強調したい場合、助詞をあわせて「10世紀もの間」などと表現されることがある)。
  • 一方、100年間(= 1世紀)を等分して半分の約50年間を半世紀(はんせいき)、四分の一の約25年間を四半世紀(しはんせいき)、さらに四分の三の約75年間を三四半世紀(さんしはんせいき)と表現することもあるが、これらは先の量的表現とは異なり誤用に当たらない。
  • メディアの新しい世紀が始まる」「宇宙開発の世紀」というように、世紀を「時代」という意味で使用する場合があり、あるものの時代を象徴してその言葉の後ろに「の世紀」を付ける表現もある。なお、明確な使い分けはないが、「〜の世紀」は「〜の時代」より長いスケールのニュアンスを含んでおり、短いスケールの表現には「〜の世代」がある。
  • 1世紀に一度あるかないかのような出来事や記録など、「世紀の発明」「世紀の逆転劇」のように、頭に「世紀の」を付けて表現を強調する場合に用いられる。実際には、そこまで珍しくないことや1世紀のうちに何度もあるようなことでも強調表現として使用されている。
  • 世代々々の記録、歴史のことを「世紀」という(使用例 - 本朝世紀)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SI Units, IAU 5.15 Astronomical units:の節 "The IAU has used the julian century of 36 525 days in the fundamental formulae for precession"

関連項目[編集]