常用時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

常用時市民時英語: civil time)とは、日常生活で一般に使用される時刻系である。平均太陽南中する正午を1日の中央とし、その半日前に当たる正子を1日の起点すなわち0時と定めている。太陽の南中する正午は経度によって異なるため、地域によって異なる地方時である。一般にはその土地の所在する政府が定める標準時である。なお、サマータイムを実施する地域においてはサマータイムの期間中は1時間早まる。

天文学で常用時が採用されるようになったのは1925年1月1日以降である。天文学では1925年まで、クラウディオス・プトレマイオス の創始による「天文時」(astronomical time)を使用していた。天文時とは正午(常用時における昼の12時)を1日の起点すなわち0時とした時系列である。その理由は、天文観測は主として夜間に行われるので、観測中に日付が変わる煩雑さを避けるためであった。しかしアメリカ合衆国、イギリス、フランスの合意に基づき、天文学でも1925年1月1日以降は、正子(深夜0時)を一日の起点とする常用時を用いるようになった[1]。ただし、ユリウス通日については、引き続き正午を起点とする定義としている[2][注釈 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イギリスの王立航海暦局英語版は両方の文脈でグリニッジ標準時を使って曖昧だったが、アメリカ海軍天文台では1925年まで両方の意味でGMTを使い、1924年から1952年までは常用時の場合はグリニッジ常用時(GCT)と呼んだ。1928年に国際天文学連合世界時として正子を起点とするGMTとすることを決定したが、両天文台は1952年まで同意しなかった。

出典[編集]

  1. ^ 天文月報 大正八年九月 第十二巻 第九號 一四八頁”. 2019年12月11日閲覧。
  2. ^ [1] 国立天文台 > 暦計算室 > 暦Wiki >1日の始まり

関連項目[編集]

外部リンク[編集]