十進化時間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランスで使用された十進化時間による時計

十進化時間(じっしんかじかん)とは、単位十の累乗数ごとに設定した時間時刻の体系である。

概要[編集]

現在世界で広く使用されている時間の単位は、三百六十三十十二の積に分解した物で、十二の倍数、三十の倍数、六十進法に基づいている。即ち、1は概ね360日で12ヶ月、1ヶは概ね30日、124時間、1時間は60、1分は60である。これらを十二進数で表記すると「1年は概ね260日で10ヶ月、1ヶは概ね26日、1は20時間、1時間は50、1分は50」となる。十二と三十が端数にならない六進数で表記すると、「1年は概ね1400日で20ヶ月、1ヶは概ね50日、1は40時間、1時間は140、1分は140」となる。1/41/5が一桁で収まる二十進数で表記すると、「1年は概ねI0日でCヶ月、1ヶは概ね1A日、1は14時間、1時間は30、1分は30」となる。

十二進数に慣れていると、三分割と四分割が易しく五分割が難しいので、「1年=10ヶ月」「2分はA0秒」「6時間は260分」「1/3日=8時間=340分」「1/2日=10時間=500分」「1日=20時間=A00分」といった計算や、「1/3時間=0.4時間=4の文字盤=18分」「2/3時間=0.8時間=8の文字盤=34分」といった計算が易しい。十二で桁上がりするので、文字盤も「9→AB→10」というようにでぶった切れず、1時間の四分割は「1/4時間=0.3時間=3の文字盤=13分」「1/2時間=0.6時間=6の文字盤=26分」「3/4時間=0.9時間=9の文字盤=39分」「1時間=10の文字盤=50分」と楽に計算できる。1時間が50分なので、1時間の五分割も「1/5時間=10分」「3/5時間=30分」となる。四の倍数で区切り易いので、「1/6日=4時間=180分」、二十四や六十までの数列も「4→8→10→14→18→20→24→28→30→34→38→40→44→4850」と数値の循環がすんなり進む。

六進数に慣れていると、「半年=10ヶ月」「1年=20ヶ月」「1日=40時間」「1ヶ月=50日」で切りが好いだけでなく、分数と文字盤の一の位が一致するので「1/4時間=23分=3の文字盤」「1/2時間=50分=10の文字盤」「3/4時間=113分=13の文字盤」「1時間=140分=20の文字盤」がぱっと計算できる。更に、三分割が易しいので、1時間の三分割も「1/3時間=0.2時間=32分」「2/3時間=0.4時間=104分」で一の位が偶数になり、1時間の五分割も「1/5時間=20分」「3/5時間=100分」で六の倍数になる。以降も、「3時間=500分」、1/6日=4時間が「0.1日=4時間=1040分」、6時間が「10時間=1400分」、1日=24時間が「1日=40時間=10400分」と、楽に計算できる。

二十進数に慣れていると、「1年=Cヶ月」「1時間=Cの文字盤」となって「十でぶった切れる」危険が軽減され、二十が10になるので、その三倍の六十が30となり、「4の5倍=10分」「1時間=30分=10の3倍=Cの5倍」がぱっと計算できる。三分割は難しいが四分割と五分割は易しく、1時間の四分割は「1/4時間=0.5時間=3の文字盤=F分」「1/2時間=0.A時間=6の文字盤=1A分」「3/4時間=0.F時間=9の文字盤=25分」「1時間=Cの文字盤=30分」となり、1時間の五分割も「1/5時間=0.4時間=C分」「3/5時間=0.C時間=1G分」というように、楽に計算できる。1時間が30分なので、1時間の三分割も「1/3時間=10分」「2/3時間=20分」となる。四の倍数で区切り易いので、二十四や六十までの数列も「4→8→C→G→1014→18→1C→1G→20→24→28→2C→2G30」と数値の循環がすんなり進み(十二の倍数は、一の位がC→4→G→8→0で循環する)、「3時間=90分」「1/6日=4時間=C0分」「1/2日=3/6日=C時間=1G0分」、「1日=14時間=3C0分」と楽に計算できる。

これらとは逆に、十進数に慣れている人々にとっては、「1年は12ヶ月」「1日は24時間」で四の倍数や六の倍数が端数になりやすい上に、「520秒は何分か」「1時47分から5時24分までは何分あるか」といった時間の計算は難しい。そこで、十の累乗数で単位を設定すれば、時間の計算が易しくなる。例えば1分を100秒とすれば、520秒が5.2分(5分20秒)であることはすぐに判る。

中国[編集]

は、漢字文化圏で使用される時間時刻の単位である。様々な長さの「刻」があり、同じ時代の同じ地域でも、複数の「刻」が並用されていた。別に、1日を百等分する「刻」もあった。1日は86400であるので、1刻は864秒(14分24秒)に相当する。なお、「刻一刻」の「刻」はこちらの意味である。

フランス革命暦[編集]

通常、「十進化時間」と言った場合は、フランス革命直後のフランスで導入された、フランス革命暦の時間の単位を指す。人類の歴史の中で、十進化時間が公式の単位として採用されたのは、フランス革命暦のみである。正確には、古代中国で1日を百等分するという単位が使われていたが、これは上記のような経緯で導入されたものではない。

フランス革命中の1793年10月5日、十進化時間が提唱された。これは、1日を十等分し、それぞれの分割を百等分、それをさらに百等分するというものであった。これにより、正午は5時、子夜は10時となる。1793年11月24日(共和暦2年霜月4日)、それぞれの分割に名前がつけられ、2つ目の分割(1/1000日)をminute décimale(英: decimal minute、十進化分)、3つ目の分割(1/100000日)をseconde décimale(英: decimal second、十進化秒)とした。

フランスでは、1から10までの十進化時間の目盛りと、1から24までの十進表記による従来の時間の目盛りの、両方が表示された時計が作られるなどしたが、結局十進化時間は普及しなかった。1794年9月22日(共和暦3年)に十進化時間が公式に導入されたものの、1795年4月7日(共和暦3年芽月18日)には廃止された。なお、十進化時間の廃止は、メートル法を導入する法律の中で行われたものである。

フランスではその後、1897年にも十進化時間の導入が検討されたが、却下されてその計画は1900年に中止された。

換算[編集]

  • 1 十進化秒 = 86,400/100,000 = 0.864 秒
  • 1 十進化分 = 1,440/1,000 = 1.44 分 = 1 分 26.4 秒 = 100 十進化秒
  • 1 十進化時 = 24/10 = 2.4 時間 = 2 時間 24分
  • 1 秒 = 1.15740740 十進化秒
  • 1 分 = 69.4444 十進化秒 = 0.694444 十進化分
  • 1 時間 = 4,166.67 十進化秒 = 41 十進化分 66.67 十進化秒

小数による時刻や時間[編集]

天文分野などでユリウス通日に小数部を付けて、1日よりも短い単位で時刻を表現したり、コンピュータ内での時間の扱いなどで同様にして1日よりも短い時間単位を表現することがある。たとえば0.1日は (24×60×60)×0.1 = 8640 で2時間24分である。なお、ユリウス通日では天文分野の慣例といった理由で、子夜ではなく正午に日付が変わる(通日が ?????.0 になる)。

また、時間の計算で三十分や十二時間を「0.5時間」「0.5日」と表記する方法も、十進化時間と言える。

その他の十進化時間[編集]

他にもいくつかの十進化時間が提唱されている。

  • スウォッチ・インターネットタイム -- 1日を千等分している。また、その1つの分割をBeat(ビート)と呼ぶ。
  • 宇宙暦(Stardate) -- 『スタートレック』の中で使用されている時刻(暦)。日以下を小数部で表現する。
  • キロ秒・メガ秒 -- ヴァーナー・ヴィンジの『最果ての銀河船団』の作中世界では、秒より長い時間の単位として、もっぱら「キロ秒」「メガ秒」を用いている。1キロ秒 = 16分40秒、1メガ秒 = 11日半とちょっと、である。

また、日にSI接頭辞をつけた「ミリ日」「センチ日」といった単位もある。

関連項目[編集]