出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Weekday heptagram.svg
記号 w
暦法
時間
SI 604800
定義 7
テンプレートを表示

(しゅう)とは、7を1周期とする時間の単位である。7日のそれぞれは曜日と呼ばれ、日本語ではそれぞれ七曜の名を冠して日曜日月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日と呼ばれる。旧約聖書の『創世記』に神[1]が6日間で天地創造の業を行い7日目に安息したとあることに由来する[2]

歴史[編集]

キリスト教圏では、創造主が世界を6日間で創り上げ7日目に休暇をとったから、とする旧約聖書を引用して説明されることが多い。また、バビロン捕囚によって週の習慣がユダヤ人に伝わったともいわれる説がある。天球上を移動する太陽火星水星木星金星土星の7つの天体、いわゆる七曜が由来であるとも、太陰暦の1か月を4等分したことに由来するともいわれる。

  • 月の満ち欠けがもとになったといわれ、新月上弦の月満月下弦の月はおおよそ7日ごとに移り変わる。
  • 7日を1週とする単位の由来は極めて古く、古代バビロニアに遡ると考えられている。古代バビロニアでは新月を基準に、毎月7、14、21、28日を休日にした。ただし、1か月は28日ではないので、厳密に7日周期の週が成立したとはいい難い。
  • ユダヤ人は7日毎に神の休日、安息日を守ってきた。このような週の習慣は1世紀以降、キリスト教の「主の日」によって受け継がれた。

週の始まりと曜日の順序[編集]

現代の日本においては、カレンダーは日曜日から、予定を記入する手帳は月曜日から週を始めることが多い。後者の代表的な製品の一つである能率手帳は、週休二日制の定着に伴い1989年から月曜日始まりに変更された[3]

革命暦の週[編集]

フランス革命暦の週[編集]

フランス1793年11月24日から1805年12月31日まで(グレゴリオ暦)施行されたフランス革命暦では、従来の週を廃し、1か月を10日ずつの3つのデカード (décade) に分けた。これはフランス語で週を意味するスメヌ (semaine) とは別語だが、「週」と和訳されることがある。また、と訳すこともある。合理化を追求したためだが、苦痛に感じる国民が多かったため、デカード制は革命暦終了に先立って1802年に廃止された。

ソビエト革命暦の週[編集]

ソビエト連邦1929年から1940年まで施行されたソビエト革命暦では、従来の週を廃し、黄曜日、桃曜日、赤曜日、紫曜日、緑曜日からなる5日ずつの週に分けられた。しかし不評であったため、1931年12月1日からは6日ずつの週に変更された。だがこれも不評であったため、1940年に廃止された。

週に関する作品[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヘブライ語: אֱלֹהִ֑ים‎, ’ĕ·lō·hîm, エロヒム(『創世記』第2章第2節。Genesis 2:2 Interlinear, Bible Hub)。
  2. ^ 渡辺敏夫」『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館コトバンク(2021年7月2日閲覧)
  3. ^ 【論の芽】週の始まりは月曜日?それとも日曜日?手帳評論家 舘神龍彦さんに聞く朝日新聞』朝刊2021年9月23日オピニオン面(2021年10月5日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]