ユリウス暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ユリウス暦(ユリウスれき)は、地球太陽の周りを回る周期を基にして作られた暦法で、太陽暦の一種である。ユリウス・カエサルによって制定され、紀元前45年1月1日から実施された。

その後、長い年月を経て暦法としての不備が指摘され、グレゴリオ暦改暦された。改暦ではユリウス暦1582年10月4日(木曜日)の翌日を、グレゴリオ暦10月15日(金曜日)と定めている。紀年法としての西暦はグレゴリオ暦にも継承した[1]

概要[編集]

1を原則として365とするが、4年ごとに閏年を置き、その年の2月末に1日を加えて366日とする。これにより、平均年を365.25日とした。

      365日+1/4 = 365.25(日)……1年間の平均日数(平均年)

正確な1太陽年との間では1年につき約11分15秒の誤差(2008年におけるもの)があるが、それでもカエサルの時代としては格段に正確な暦であった。

なお、正確に365.25日を1年とする(すなわち、1年 = 31 557 600 秒 = 365.25日×86 400秒)時間単位ユリウス年といい、天文学で広く用いられる。例えば1光年は、真空中のが1ユリウス年に進む距離である。

制定の経緯については、ローマ暦#末期のローマ暦を参照のこと。

なお、ユリウス暦は「紀年法」ではなく、「暦法」である。ユリウス暦が採用されていた時代の紀年法には、45世紀頃、アレクサンドリアキリスト教徒が用いたディオクレティアヌス紀元(皇帝ディオクレティアヌスの即位(284年)を紀元とする)、それを6世紀ローマの神学者ディオニュシウス・エクシグウス525年頃の著書『復活祭の書』(復活祭暦表)でローマ建国紀元754年をイエス・キリスト生誕を1年とする西暦紀元がある。西暦紀元は10世紀頃に一部の国で使われ始め、西欧で一般化したのは15世紀以降のことであるという。

ユリウス暦と太陽年とのずれは長い年月とともに徐々に蓄積されていった。16世紀後半に至ると、ユリウス暦上の春分日が実際より10日ずれるなど、様々な不都合が生じるようになり、カトリック教会はこの事態を受けてローマ教皇に改暦を求めた。ユリウス暦の1582年2月24日グレゴリウス13世によってグレゴリオ暦が発布され、ユリウス暦10月4日(木曜日)の翌日をグレゴリオ暦10月15日(金曜日)とした。ユリウス暦からグレゴリオ暦への移行は各国でいっせいに行われたわけではなく、国・地域によって徐々に実施された。日本では1873年(明治6年)に採用された。ロシアでは共産主義革命までユリウス暦が採用されており、現在でも正教会の祭礼ではユリウス暦を用いる(ユリウス暦を使用する正教会を参照)。

方式[編集]

紀元9年以降に使われた方式は次のとおりである(紀元8年以前については初期のユリウス暦の運用を参照)。平年の1年の長さを365日とし、これを12の月に分割する。各月の長さは1月から順に次のとおり。

紀元9年以降のユリウス暦
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 年間
(1)平年 31日 28日 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 365日
(2)平年 31日 28日 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 365日
(3)平年 31日 28日 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 365日
(4)閏年 31日 29日 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 366日

西暦年が4で割り切れる年を閏年とし、その4年に1度の閏年は、平年より1日多い366日とするために、2月の日数を1日増やして29日とする。

1月は季節でいうと冬至を過ぎた頃になる。現代日本語では各月は1月~12月の数字で表すことが多いが、古代ローマではローマ神話などに基づく固有名があった。これらの月の名は7月、8月を除いてローマ暦と同一である。また、基本的に同一月の季節もローマ暦とほぼ同じである。その名称は現代でも英語フランス語などのヨーロッパ諸言語にそのまま引き継がれている。

初期のユリウス暦の運用[編集]

紀元前44年から、7月はユリウス・カエサルの名にちなんで「Julius」(「Iulius」)と呼ぶようになった。閏年は4年に1回と決められたが、カエサルの死後、誤って3年に1回ずつ閏日が挿入された。この誤りを修正するため、ローマ皇帝アウグストゥスは、紀元前6年から紀元後7年までの13年間にわたって、3回分(紀元前5年、紀元前1年、紀元4年)の閏年を停止した[注釈 1]紀元8年からは正しく4年ごとに閏日を挿入している。同時に8月の名称を自分の名「Augustus」に変更した。

紀元前45年から紀元8年までの間に、どの年に閏年が置かれていたのかについては、詳しい記録が残っておらず、何度か論議になった。紀元前45年から3年ごとという学者もいれば、紀元前44年から3年ごとという学者もいた。1999年にローマ暦とエジプト暦の両方の日付が記載された紀元前24年当時の暦が発見され、それを基にした最新の説によると、紀元前45年から紀元16年までの閏年の置かれ方は次のとおりである。

紀元前44年、紀元前41年、紀元前38年、紀元前35年、紀元前32年、紀元前29年、紀元前26年、紀元前23年、紀元前20年、紀元前17年、紀元前14年、紀元前11年、紀元前8年、(この間は閏年を置かず)、紀元8年、紀元12年、紀元16年(以後、4年ごと)。

ユリウス暦で人名が月の名となって残ったのは、結局7月の「Julius」(「Iulius」)と8月の「Augustus」だけだった。多くのローマ皇帝が月に自分の名をつけようとしたが、残りのすべての改名の企てはその皇帝の死とともに元の月名に戻った。カリグラは9月を「Germanicus」[2]と、クラウディウスは3月を「Claudius」(クラウディウス)と、ネロは4月を「Neroneus」と改名した[3]ドミティアヌスは10月を「Domitianus」と改名した。9月はアントニヌス・ピウスによって「Antoninus」と改名されたほか、タキトゥスによっても「Tacitus」と改名された。11月はピウスの妻の名をとって「Faustina」にされたり「Romanus」にされたりした。コンモドゥスに至っては月に自分の名をつけるだけでなく、12の月全部の名を変更した。順に「Amazonius」(1月)、「Invictus」(2月)、「Felix」(3月)、「Pius」(4月)、「Lucius」(5月)、「Aelius」(6月)、「Aurelius」(7月)、「Commodus」(8月)、「Augustus」(9月)、「Herculeus」(10月)、「Romanus」(11月)、「Exsuperatorius」(12月)であった。しかし前述したとおり、どの改名もその皇帝が死去するとすぐに元に戻された。

もっとも、「Julius」(7月)と、「Augustus」(8月)が本当に人名由来なのか、異論がある。そもそも、他の6つの固有名詞が神名由来なのに、たとえ神格化された人間だとしても、この2つの月の名称だけ人名由来なのは、いかにも据わりが悪い。この2つも神名由来だと考えるのが自然である。

「Julius」は氏族名「Jovilios」の短縮形と考えられており、この「Juvilios」氏族はローマの最高神「ユーピテル」に関連する一族、もしくは「ユーピテル」の子孫とされているのである。つまり「Julius」が「ユーピテル」のことを指しているとも考えられるからである。

具体的には、次の通りとなる。

  • 1月 Jānuārius (ヤーヌアーリウス、物事の初めと終わりを司る境界と時間の神ヤーヌスの月)
  • 2月 Februārius (フェブルアーリウス、浄罪と贖罪の神フェブルスの月)
  • 3月 Martius (マルティウス、軍神マルスの月)
  • 4月 Aprīlis (アプリーリス、美の女神ウェヌスの月)
  • 5月 Māius (マーイウス、豊穣の女神マイアの月)
  • 6月 Jūnius (ユーニウス、結婚生活を守護する女神ユーノーの月)
  • 7月 Julius (ユリウス、主神ユーピテルの月)
  • 8月 Augustus (アウグストゥス、究極の神の月)

「Jānuārius」(1月)の境界と時間の神「ヤーヌス」と「Februārius」(2月)の浄罪と贖罪の神「フェブルス」は、概念の上で不可分な、組となっている。

「Martius」(3月)は軍神「マルス」=ギリシア名「アレース」を指し、「Aprīlis」(4月)は美の女神「ウェヌス」=ギリシア名「アプロディーテー」を指し、ギリシア神話では「アレース」と「アプロディーテー」は愛人関係であり、組となっている。

であれば、「Julius」が「ユーピテル」のことを指しているとすれば、ユーピテルの妻「ユーノー」を指す「Jūnius」(6月)と組になり、また綴りや発音も語呂が合うことになる。

「Augustus」(威厳者・尊厳者)も、人間「オクタウィアヌス・アウグストゥス」のことではなく、他の7柱の神々を統合(習合)した「究極の神」「未知なる神」「偉大なる神」を指す尊称とも考えられる。

であれば、余った「Māius」(5月)こと豊穣の女神「マイア」は、「Augustus」(8月)こと究極の神「アウグストゥス」と対になる存在と考えられるわけである。

そして、この「7柱+1」は「七曜+1」と対応関係にあると考えるのが自然である。むしろ、「七曜+1」に合わせて、「Julius」と、「Augustus」が導入されたとも考えられる。

なお、古代ローマでは、一週間を8日(7日+「市の日」)とする観念があったとする説がある。

月名 対応する神 対応する七曜・元素
Jānuārius(1月) ヤーヌス
Februārius(2月) フェブルス
Martius(3月) マルス
Aprīlis(4月) ウェヌス
Māius(5月) マイア
Jūnius(6月) ユーノー
Julius(7月) ユーピテル
Augustus(8月) アウグストゥス

だからこそ、他の皇帝による恣意的な人名由来の名称と違って、この2つの名称だけは現在まで存続していると考えられるのである。そして、9月から12月までが単純な数詞由来であって神名や人名がつけられていない理由も、上記の4組8柱で完成形だからと考えられるのである。

各月の長さ[編集]

13世紀の学者ヨハネス・ド・サクロボスコによれば、最初期のユリウス暦での月の長さは、規則的に1ヶ月おきに大の月と小の月がくるようになっていた。サクロボスコによれば、紀元前46年まで使われていたローマ暦の各月の日数は、1月から順に次のとおりである。

紀元前46年まで使われていたローマ暦の各月の日数(ヨハネス・ド・サクロボスコ説)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
30日 29日 30日 29日 30日 29日 30日 29日 30日 29日 30日 29日 354日

この暦の日数はユリウス暦の1年の日数に比べて11日少ない。サクロボスコは、ユリウス暦への改暦の際に2月を除く各月の日数が1日ずつ増やされ、閏日は2月末に付加されるようにした、と考えた。サクロボスコによれば、当初カエサルが制定した各月の日数は次のとおりである(かっこ内は閏年での日数、以下同じ)。

カエサルが制定した各月の日数(ヨハネス・ド・サクロボスコ説)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
平年 31日 29日 31日 30日 31日 30日 31日 30日 31日 30日 31日 30日 365日
閏年 31日 (30日) 31日 30日 31日 30日 31日 30日 31日 30日 31日 30日 366日

そして、皇帝アウグストゥスが8月を自分の名に変更するのと同時に8月の日数を増やし、各月の日数を次のように変更した、と考えた。

アウグストゥスが制定した各月の日数(ヨハネス・ド・サクロボスコ説)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
平年 31日 28日 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 365日
閏年 31日 (29日) 31日 30日 31日 30日 31日 31日 30日 31日 30日 31日 366日

8月の日数を増やしたのは、自分の名をつけた8月がユリウス・カエサルの名にちなんだ7月よりも日数が少なくなることを嫌ったからだとされる。この結果、大の月と小の月が交互にやってくるというローマ暦の原則が崩された、とサクロボスコは考えた。

現在では、ローマ暦末期の各月が大の月、小の月の順に交互にやってきていなかったことがわかっており[4]、サクロボスコの解釈は誤りとされる。ローマ暦末期、カエサルが改暦をする前から3月、5月、7月、10月はもともと大の月で固定されていた。ローマ暦とユリウス暦では大の月の第15日目・小の月の第13日目は「イードゥース」という特別な名で呼ばれていたため、月の日数への言及がなくても、ある年のある月のイードゥースに関する言及があれば、その月が大の月か小の月かを推測できるのである[5]。(ローマ暦を参照)

ローマ暦末期の各月の日数は、当時の壁に描かれた暦から、おそらく次のとおりである。

ローマ暦末期の各月の日数
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
29日 28日 31日 29日 31日 29日 31日 29日 29日 31日 29日 29日 355日

サクロボスコの見解は3世紀ケンソリヌス英語版5世紀マクロビウス英語版とも食い違い、またユリウス暦初期のマルクス・テレンティウス・ウァロによって記録された紀元前37年の暦とも食い違う。また、前述した1999年にエジプトで発見された紀元前24年の暦ではすでに8月の日付が31日まであり、これとも食い違う[6]

新年[編集]

ローマ暦は1月1日が新年初日で、これはユリウス改暦後も新年であった。しかし、各地ではユリウス暦の導入後もこれとは異なる日付を新年初日とした。エジプトのコプト暦では8月29日アレクサンドリア暦の閏年の後では8月30日)に新年が始まる。いくつかの暦では、アウグストゥスの誕生日9月23日に新年を合わせた。ビザンチン暦インディクティオに由来して9月1日に始まる(これは現在でも正教会典礼暦における新年である)。

中世のカレンダーはローマ人がしていたように1月から12月をそれぞれ28から31日までの日を含む12の縦の列として表示し続けたため、すべての西ヨーロッパ諸国(すなわちローマ・カトリック教会を信奉する諸国)は1月1日を「元日」(または同等の名称)と呼び続けた。しかし、これらの国のうちのほとんどは12月25日クリスマス)、3月25日受胎告知、春分の日)、あるいはフランスのように復活祭に新しい年を開始した(詳細については典礼暦を参照)。

2、3のイタリア都市国家を除くほとんどの西ヨーロッパ諸国は、グレゴリオ暦を採用する以前のまだユリウス暦を使っている間に(多くの場合は16世紀中に)、新しい年の最初の日を1月1日に移した。以下の表は各国が新年として1月1日を採用した年を示す。

1月1日を採用した年[7][8] 改暦した年
ヴェネツィア共和国 1522 1582
神聖ローマ帝国[9] 1544 1582
スペインポルトガル 1556 1582
プロイセンデンマークノルウェー 1559 1700
スウェーデン 1559 1753[10]
フランス 1564 1582
南ネーデルラント 1576[11] 1582
ロレーヌ 1579 1760
ネーデルラント連邦共和国のうち
ホラント州ゼーラント州
1583 1582
ホラント州ゼーラント州を除く
ネーデルラント連邦共和国
1583 1700
スコットランド 1600 1752
ロシア 1700 1918
トスカーナ 1721 1750
スコットランドを除く
大英帝国
1752 1752[12]
セルビア  ? 1918

ユリウス暦を使用する正教会[編集]

現代の西方教会グレゴリオ暦を使用している。例外として、東方教会に分類されるがローマ教皇の教導下にある東方典礼カトリック教会の中には、ユリウス暦を使い続けているものがある[13]

正教会には現代でもユリウス暦を使用するものがある。ただし全ての正教会がユリウス暦を使用しているわけではなく[14]修正ユリウス暦と呼ばれる、2800年まではグレゴリオ暦と同じ日付となる新暦を使用している教会もある[15]

ユリウス暦を使用する教会では、21世紀ではユリウス暦とグレゴリオ暦の間に13日の差があるため、日付で固定される祭日は13日ずれて祝われる事になる。たとえば降誕祭(クリスマス)については、ユリウス暦の12月25日は20世紀・21世紀ではグレゴリオ暦の1月7日に相当し、西暦の1月7日に「12月25日のクリスマス」が祝われる[14]。ただし復活大祭(パスハ)の計算のみは、フィンランド正教会エストニア正教会を除いてユリウス暦で計算され、全ての正教会で祝日の統一が行われている[15]

使用している暦 教会
ユリウス暦 エルサレム総主教庁アトス山コンスタンディヌーポリ総主教庁管掌だが、ユリウス暦を使用)、グルジア正教会ロシア正教会セルビア正教会日本ハリストス正教会ウクライナ正教会 (モスクワ総主教庁系)、各地の旧暦派正教会
修正ユリウス暦 コンスタンディヌーポリ総主教庁アレクサンドリア総主教庁アンティオキア総主教庁ギリシャ正教会キプロス正教会ルーマニア正教会ポーランド正教会ブルガリア正教会アメリカ正教会
グレゴリオ暦 フィンランド正教会エストニア正教会

注釈[編集]

  1. ^ 紀元前45年から紀元前5年までは40年である。したがって、4年に1度の閏年であれば、10回の閏年を入れるべきであった。しかし、誤って閏年を3年に1度置いたので、40÷3 = 13回の閏年を入れてしまった。そのため、13 - 10 = 3回分の閏年を省けばよいことになる。

脚注[編集]

  1. ^ 改暦によって紀元は同じ1582年であるが、日付が10日のずれを生じた(ユリウス暦では10月5日)。当然のことながら暦日にずれは生じていない。
  2. ^ 「ゲルマニクス」はカリギュラの本名の最後の部分の名前であり、かつ自分の父(ゲルマニクス)の最初の部分の名前でもある。
  3. ^ ユリウス・クラウディウス朝の5人の皇帝のうち、自分の人名を月の名前に付けようとしなかったのはティベリウスだけである。
  4. ^ 詳細な証拠については、en:Julian calendarを参照
  5. ^ なお、イードゥースのほかにもノーナエという特別な名で呼ばれた日付があり、これを使っても月の日数を推定できる。
  6. ^ en:Julian calendarによれば、紀元前12年より前、祭事の日付による逆算ですでに2月の日数が28日であった証拠があるという。
  7. ^ John J. Bond, "Commencement of the Year", Handy-book of rules and tables for verifying dates with the Christian era, (London: 1875), 91–101.
  8. ^ Mike Spathaky Old Style and New Style Dates and the change to the Gregorian Calendar: A summary for genealogists
  9. ^ The source has Germany, whose current area during the sixteenth century was a major part of the Holy Roman Empire, a religiously divided confederation. The source is unclear as to whether all or only parts of the country made the change. In general, Roman Catholic countries made the change a few decades before Protestant countries did.
  10. ^ Sweden's conversion is complicated and took much of the first half of the 18th century. See Swedish calendar.
  11. ^ Per decree of 16 June 1575. Hermann Grotefend, "Osteranfang" (Easter beginning), Zeitrechnung de Deutschen Mittelalters und der Neuzeit (Chronology of the German Middle Ages and modern times) (1891–1898)
  12. ^ 1751 in England only lasted from 25 March to 31 December. The following dates 1 January to 24 March which would have concluded 1751 became part of 1752 when the beginning of the numbered year was changed from 25 March to 1 January.
  13. ^ "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p353, ISBN 9780631232032
  14. ^ a b 質問: クリスマスは12月25日?ロシアでは1月7日に祝うと聞いたのですが
  15. ^ a b Revised Julian Calendar - OrthodoxWiki

関連項目[編集]