地層累重の法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IsfjordenSuperposition.jpg

地層累重の法則(ちそうるいじゅうのほうそく、英語: law of superposition)とは、地層は基本的に万有引力の法則に従って、下から上に向かって堆積する(下にあるものほど、古い)という考え方のことである。(化石による)地層同定の法則と並ぶ層位学の基本法則であり、地層の新旧や年代判定を行う上での大原則である。

概要・歴史[編集]

デンマークの科学者ニコラウス・ステノが、1669年フィレンツェで出版した『固体の中に自然に含まれている固体についての論文への序文』において提唱した法則である。彼は、1666年10月にリヴォルノで捕らえられたサメを解剖した際、サメの歯とトスカーナ近辺で産出する化石の形状が類似していることを発見し、翌年に発表した解剖結果報告において、この化石が生物由来のものであると結論づけた。彼は、この考えを推し進め、化石を含む岩層は海底で堆積したものと考えられること、水によって堆積した以上、最下層を除いては水平に堆積したものと考えられること、連続して堆積した場合、上に行くほど堆積した時期が新しくなることを見いだした[1]

これにより地球の発達過程が検証されるようになった。

次の3つの法則からなる。

  • 第1法則 地層は水平に堆積する(初原地層水平堆積の法則。Law of original horizontality)。
  • 第2法則 その堆積は側方に連続する(地層の側方連続の法則。Law of lateral continuity)。
  • 第3法則 古い地層の上に新しい地層が累重する。

1791年イギリスの土木技師ウィリアム・スミス運河の工事による経験から、これを証明し、確立させた。

実際の適用[編集]

この法則はあくまで単層以上の単元に対してのものであり、単層中の葉理に対しては適用できない。 また実際には褶曲断層、大規模な地すべりなどにより、上下が逆転している場合もある。 それでも本来下にあった層が年代的に古いことは変わらず、慎重に地層の連続性をたどれば、その時間経過を追えると考えられる。また古い地層に褶曲や不整合が見られても、さらにその上に堆積した地層との関係には本法則が適用できる。生痕化石や、かぎ層などによって本来の上下を判断できる場合もあり、それらと組み合わせて、手がかりとして使われることが多い。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ガブリエル・ゴオー 『地質学の歴史』 菅谷暁訳、みすず書房、1997年(原著1987年)、86-102頁。ISBN 4622039583

外部リンク[編集]