アステカ暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アステカ暦Aztec calendar)またはメシカ暦(Mexica calendar)は、中央メキシコにおける他の先コロンビア人と同様、アステカ人が使用していた暦である。この暦は、古代メソポタミア文明の存在していた時期からその基本構造を共有する、メソアメリカの暦の1つである。

上述の地域においては、シウポワリナワトル語が原語である。この語は太陽周期に近い、365日の周期を持つアステカの太陽暦を意味する。この暦は年単位で数える)、トナルポワリ(こちらもナワトル語が原語である。この語は260日の周期を持つアステカの太陽暦を意味する。この暦は日単位で数える)と呼ばれる暦を用いていたようである。これら2つの暦の組み合わせにより、カレンダー・ラウンドと呼ばれる、52年の「世紀」を形成した。前者は、太陽周期に暦の基盤をおいているため、農業カレンダーであると見なされている。一方で、後者は神聖な暦であると見なされている。

トナルポワリ[編集]

トナルポワリでは、上述のように260日周期で構成され、毎日1から13の間の数字と、20日分の記号のうち1つの組み合わせで日月の経過を表す。太陽の出入に応じて、数字と記号の両方をそれぞれ1進めるのである。例えば、1のワニの後に2の風、3の家、4のトカゲ、13の葦まで続き、その後、数字の周期が再開する(20日の周期は、この時点で一巡していない)。13の日の直後の日として、1のジャガー、2の鷲などが現れる。この周期は1のウサギから始まり、13の花で終わる20週目まで同様に続く。2つの暦の周回(20日の符号と13の数字)のために260日丁度(13×20日)を要し、一連の流れを再調整して、1つのワニから再び繰り返す。

日周期を示す記号[編集]

中部メキシコで使用される暦上の1日分の記号は、ミシュテカの人々によって使用されているものと同じで、他のメソアメリカの暦のものと類似している。それぞれの日の記号は、4つの基本的な方向の1つと関連している。

1日を示す記号の描かれ方・彫られ方にはいくつかの種類が存在している。この表の絵は「Codex Magliabechiano」から取った。

画像 ナワトル語表記 発音 意味 方角
Cipactli.jpg Cipactli [siˈpáktɬi] ワニ
アリゲーター

カイマン亜科

ワニの化け物

Ehecatl2.jpg Ehēcatl [eʔˈéːkatɬ]
Calli.jpg Calli [ˈkáɬːi] 西
Cuetzpalin.jpg Cuetzpalin [kʷetsˈpálin̥] トカゲ
Coatl.jpg Cōātl [ˈkú˕ːwaːtɬ] ヘビ
Miquiztli.jpg Miquiztli [miˈkístɬi]
Mazatl.jpg Mazātl [ˈmásaːtɬ] シカ

動物

西
Tochtli.jpg Tōchtli [ˈtú˕ːtʃtɬi] ウサギ
Atl3.jpg Ātl [ˈaːtɬ]
Itzcuintli.jpg Itzcuīntli [itsˈkʷíːn̥tɬi] イヌ
画像 ナワトル語表記 発音 意味 方角
Ozomatli.jpg Ozomatli

Ozomahtli

[u˕su˕ˈmáʔtɬi] サル 西
Malinalli.jpg Malīnalli [maliːˈnáɬːi]
Acatl.jpg Ācatl [ˈáːkatɬ] アシ
Ocelotl.jpg Ōcēlōtl [u˕ːˈséːlu˕ːtɬ] ジャガー
Cuauhtli.jpg Cuāuhtli [ˈkʷáːʍtɬi] タカ 西
Cozcacuauhtli.jpg Cōzcacuāuhtli [ku˕ːskaˈkʷáːʍtɬi] ハゲワシ
Olin (Aztec glyph from the Codex Magliabechiano).jpg Olīn [ˈú˕liːn̥] 動き

揺れ

地震

Tecpatl.jpg Tecpatl [ˈtékpatɬ] 火打石
Quiahuitl.jpg Quiyahuitl [kiˈjáwitɬ] 西
Xochitl.jpg Xōchitl [ˈʃú˕ːtʃitɬ]

風と雨は、これを司る神、エエカトルトラロックの似像によって表される。

トレセーナ[編集]

トナルポワリにおいて、260日間が13×20日に分けられて用いられたことは先述の通りである。学者らは通常、13日間の 「週」をトレセーナと呼んでいる。例えばスペイン語の「ドセーナ (docena、1ダース)」という語が、「ドセ (doce、12)」から派生したことと同様に、「トレセ(trece、13)」という語から派生したスペイン語を用いている。しかしながら、この単語が、原語であるナワトル語でどう呼ばれたかは知られていない。

各トレセーナは、そのトレセーナの13日間中で最初の日の暦日に従って命名される。さらに、260日間の周期中の、20のトレセーナのそれぞれは、それ自身の守護神を持っていたという。これについては下表を参照されたい。

トレセーナ 守護神 トレセーナ 守護神
1 ワニ オメテオトル 1 サル パテカトル英語版
1 ジャガー ケツァルコアトル 1 トカゲ イツラコリウキ
1 シカ テペヨロトル 1 揺れ トラソルテオトル
1 花 ウェウェコヨトル 1 イヌ シペ・トテック
1 アシ チャルチウィトリクエ 1 家 イツパパロツル英語版
1 死 トナティウ 1 ハゲワシ ショロトル
1 雨 トラロック 1 水 チャルチウトトリン
1 草 マヤウェル 1 風 チャンティコ
1 ヘビ シウテクトリ英語版 1 ワシ ショチケツァル英語版
1 火打ち石 ミクトランテクートリ 1 ウサギ シウテクトリ英語版

シウポワリ[編集]

月の位取り[編集]

ディエゴ・ドゥランは「古代では、年は18ヶ月で構成されていた。これは、原住民らによって観測された。20ヶ月以下のものであったので、これらは月に含まれていた。その月は18ヶ月だったが、その年の日数は20×20だった」と、主張する。

シウポワリは上述の暦と同様に、年、月を用いて、日月の経過を測定する暦である。 1年間は360日間の「有名の日」と、5日間の「無名の日」で構成されている。後者の「余分な」日は不運であると考えられていた。その年は20日の18の期間に分割され、時にはユリウス暦の月と比較された。「月」を意味するアステカ語は「metztli」であるが、これら「無名の日」の期間に使用された名前は不明である。スペイン語の使用を通して、アステカのカレンダーの20日間は、一般に「Veintena」として知られている。

各20日間の期間はクロコダイルで始まり、祭祀が行われた。18の「Veintena」は以下を参照されたい。日付は初期の状態に拠っている。ベルナルディーノ・デ・サアグンの日付は、ディエゴ・ドゥランの観測に数十年先行しており、降伏の直近であると考えられている。メシカの敗北後、テノチティトランを統一する勢力が存在しなくなったため、原住民の新年の始まりが不均一になったという事実を強調するため、ここでは両方の日付を示す。

デュランの日付 サアグンの日付 名称 シンボル 意味
1. 3月1日から3月20日 1. 2月2日から2月21日 Atlcahualo, Cuauhitlehua MetzliAtlca.jpg 水の停止, 育つ木々
2. 3月21日から4月9日 2. 2月22日から3月13日 Tlacaxipehualiztli MetzliTlaca.jpg 豊穣の儀式; Xipe-Totec ("飛んだもの")
3. 4月10日から4月29日 3. 3月14日から4月2日 Tozoztontli MetzliToz.jpg より小さい穿孔
4. 4月30日から5月19日 4. 4月3日から4月22日 Huey Tozoztli MetzliToz2.jpg より大きい穿孔
5. 5月20日から6月8日 5. 4月23日から5月12日 Toxcatl MeztliToxcatl.jpg 乾き
6. 6月9日から6月28日 6. 5月13日から6月1日 Etzalcualiztli MeztliEtzal.jpg トウモロコシや豆を食べること
7. 6月29日から7月18日 7. 6月2日から6月21日 Tecuilhuitontli MeztliTecu.jpg 恵まれた人々のための控えめな祝宴
8. 7月19日から8月7日 8. 6月22日から7月11日 Huey Tecuilhuitl MeztliHTecu.jpg 恵まれた人々のための盛大な祝宴
9. 8月8日から8月27日 9. 7月12日から7月31日 Tlaxochimaco, Miccailhuitontli MeztliMicc.jpg 恩恵または花の誕生, 死者たちのための控えめな饗宴
10. 8月28日から9月16日 10. 8月1日から8月20日 Xócotl huetzi, Huey Miccailhuitl MeztliMiccH.jpg 死者たちのための盛大な饗宴
11. 9月17日から10月6日 11. 8月21日から9月9日 Ochpaniztli MeztliOch.jpg 掃除や清掃
12. 10月7日から10月26 12. 9月10日から9月29日 Teotleco MeztliTeo.jpg 神の再臨
13. 10月27日から11月15日 13. 9月30日から10月19日 Tepeilhuitl MeztliTep.jpg 山々のための饗宴
14. 11月16日から12月5日 14. 10月20日から11月8日 Quecholli MeztliQue.jpg 貴重な羽毛
15. 12月6日から12月25日 15. 11月9日から11月28日 Panquetzaliztli MeztliPanq.jpg 旗の掲揚
16. 12月26日から1月14日 16. 11月29日から12月18日 Atemoztli MetzliAtem.jpg 降水
17. 1月15日から2月3日 17. 12月19日から1月7日 Tititl MeztliTitl.jpg 成長のための伸び
18. 2月4日から2月23日 18. 1月8日から1月27日 イスカリスペイン語版 MeztliIzcalli.jpg 土地と人々のための励まし
18u. 2月24日から2月28日 18u.1月28日から2月1日 ネモンテミ (5日) MeztliNem.jpg どの月にも含まれない日

太陽暦の再興[編集]

何世紀もの間、学者らは、上記のような暦を再構築しようと努力を続けてきた。サアグンとアルフォンソ・カソUNAM所属)の研究に基づいて、最新で、よりわかりやすい復元案が、INAHに所属する教授ファエル・テナによって提案された[1]。 彼の提唱する暦上の相関関係は、メキシコの最初の日が、旧ユリウス暦上の2月13日又は現行グレゴリオ暦の2月23日であったということを示唆する。 テナの主張する位取り方法に準ずると、当時の暦が現在のいつにあたるか、割り出すことが可能である[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Mexica Calendar and the Cronography, Rafael Tena. INAH-CONACULTA. 2008
  2. ^ Crónica Mexicayotl, Fernando Alvarado Tezozomoc p 36

参考文献[編集]

Aguilar-Moreno, Manuel (n.d.). “Aztec Art (PDF)”. Aztec Art and Architecture. Foundation for the Advancement of Mesoamerican Studies, Inc. (FAMSI). 2008年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月14日閲覧。
Andrews, J. Richard (2003). Introduction to Classical Nahuatl (revised ed.). Norman: University of Oklahoma Press. ISBN 0-8061-3452-6. OCLC 50090230. 
Aveni, Anthony F. (2000). Empires of Time: Calendars, Clocks, and Cultures (reprint of 1990 original ed.). London: Tauris Parke. ISBN 1-86064-602-6. OCLC 45144264. 
Boone, Elizabeth Hill (1998). “Pictorial Documents and Visual Thinking in Postconquest Mexico”. In Elizabeth Hill Boone. Native Traditions in the Postconquest World, A Symposium at Dumbarton Oaks 2nd through 4th October 1992. Washington D.C.: Dumbarton Oaks Research Library and Collection. pp. 149–199. ISBN 0-88402-239-0. OCLC 34354931. オリジナルの2007年9月27日時点によるアーカイブ。. http://www.doaks.org/Native/trad07.pdf. 
Boone, Elizabeth Hill (2000). Stories in Red and Black: Pictorial Histories of the Aztec and Mixtec. Austin: University of Texas Press. ISBN 0-292-70876-9. OCLC 40939882. 
Boone, Elizabeth Hill (2007). Cycles of Time and Meaning in the Mexican Books of Fate. Joe R. and Teresa Lozano Long series in Latin American and Latino art and culture. Austin: University of Texas Press. ISBN 978-0-292-71263-8. OCLC 71632174. 
Clavigero, Francesco Saverio (1807) [1787]. The history of Mexico. Collected from Spanish and Mexican historians, from manuscripts, and ancient paintings of the Indians. Illustrated by charts, and other copper plates. To which are added, critical dissertations on the land, the animals, and inhabitants of Mexico, 2 vols.. Translated from the original Italian, by Charles Cullen, Esq. (2nd ed.). London: J. Johnson. OCLC 54014738. 
Coe, Michael D. (1994) [1962]. Mexico: from the Olmecs to the Aztecs (4th, Revised and Enlarged ed.). London and New York: Thames & Hudson. ISBN 0-500-27722-2. OCLC 29708907. 
Hassig, Ross (2001). Time, History, and Belief in Aztec and Colonial Mexico. Austin: University of Texas Press. ISBN 0-292-73139-6. OCLC 44167649. 
Hernández de León-Portilla, Ascención (2004年). “Lenguas y escrituras mesoamericanas” (スペイン語). Arqueología mexicana (México, D.F.: Instituto Nacional de Antropología e Historia, Editorial Raíces) 12 (70): 20–25. ISSN 0188-8218. オリジナルの15 May 2008時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080515150042/http://www.arqueomex.com/S2N3nLENGUA70.html 2008年5月14日閲覧。. 
Klein, Cecelia F. (2002年). “La iconografía y el arte mesoamericano” (スペイン語) (PDF). Arqueología mexicana (México, D.F.: Instituto Nacional de Antropología e Historia, Editorial Raíces) 10 (55): 28–35. ISSN 0188-8218. オリジナルの2006-01-03時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060103090214/http://www.arqueomex.com/S8N4ICONKlein55.pdf. 
León-Portilla, Miguel (1963). Aztec Thought and Culture: A Study of the Ancient Náhuatl Mind. Civilization of the American Indian series, no. 67. Jack Emory Davis (trans.). Norman: University of Oklahoma Press. OCLC 181727. 
Malmström, Vincent H. (1973年9月17日). “Origin of the Mesoamerican 260-Day Calendar” (PDF Reprinted). Science (Lancaster, PA: American Association for the Advancement of Science) 181 (4103): 939–941. Bibcode 1973Sci...181..939M. doi:10.1126/science.181.4103.939. PMID 17835843. オリジナルの28 May 2008時点によるアーカイブ。. http://www.dartmouth.edu/~izapa/M-1.pdf 2008年5月14日閲覧。. 
Miller, Mary; Karl Taube (1993). The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. London: Thames & Hudson. ISBN 0-500-05068-6. OCLC 27667317. 
Prem, Hanns J. (2008). Manual de la antigua cronología Mexicana. Mexico: Centro de Investigaciones y Estudios Superiores en Antropología Social. ISBN 978-968-496-694-9. 
Read, Kay Almere (1998). Time and Sacrifice in the Aztec Cosmos. Bloomington: Indiana University Press. ISBN 0-253-33400-4. OCLC 37909790. 
Sahagún, Bernardino de (1950–82) [ca. 1540–85]. Florentine Codex: General History of the Things of New Spain, 13 vols. in 12. vols. I-XII. Charles E. Dibble and Arthur J.O. Anderson (eds., trans., notes and illus.) (translation of Historia General de las Cosas de la Nueva España ed.). Santa Fe, NM and Salt Lake City: School of American Research and the University of Utah Press. ISBN 0-87480-082-X. OCLC 276351. 
Smith, Michael E. (2003). The Aztecs (2nd ed.). Malden, MA: Blackwell Publishing. ISBN 0-631-23015-7. OCLC 48579073. 
Townsend, Richard F. (2000). The Aztecs (Revised 2nd ed.). London: Thames & Hudson. ISBN 0-500-28132-7. OCLC 43337963. : Zantwijk, Rudolph van (1985). The Aztec Arrangement: The Social History of Pre-Spanish Mexico. Norman: University of Oklahoma Press. ISBN 0-8061-1677-3. OCLC 11261299. 
小池 祐二 (1987). “アステカ歴を西暦に換算する”. 東海大学文明研究所紀要. 東海大学文明研究所. pp. 17-31. ISSN 02850818.