チャルチウィトリクエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャルチウィトリクエ

チャルチウィトリクエ(Chalciuhtlicue、Chalciuhtlicue、Chalcihuitlicue)は、アステカ神話に登場する女神で、若さと情熱の女神でもある。 その名前は「翡翠のスカートの女」、「高貴な緑の貴婦人」を意味している。

トラロックの妻あるいは姉妹とされ、またケツァルコアトルの母であるともされる。

彼女は現在の前の時代、大洪水を起こして世界を滅ぼし、その時代の人間達を魚に変えたという。この洪水によって大地の滋養が増し、新しい時代の命をはぐくんだとされる。

チャルチウィトリクエはすでに大地に存在する水の女神であり、雨のような「天からの恵まれた水」の神は別に存在する(トラロック)。

なお、チャルチウィトリクエはテオティワカン文明期に信仰された女神であり、この文明が衰退すると、アステカの水の神はトラロックに統一されたという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]