トカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トカゲ亜目
Pogona.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Lacertilia側系統群
下位分類群

下目

トカゲ(蜥蜴、石竜子)は、有鱗目トカゲ亜目に分類される爬虫類の総称。分岐分類学的には有鱗目からヘビ類ミミズトカゲ類を除いた側系統群である。(ミミズトカゲ類はトカゲ亜目とする場合もある。)

形態[編集]

最長種はハナブトオオトカゲで最大全長475cm(最大種はコモドオオトカゲとされる)。最小種はミクロヒメカメレオンで、体長は最大でおよそ29mm程度[1]

イグアナ下目の樹上棲種を中心に、環境やストレスによって自身の体色を変える能力を持っている。最も有名なのはカメレオンだが、他の種類のトカゲにも微妙な体色の変化が見られる。

眼にはヤモリ下目を除き下部に瞼がある。また種によっては頭頂眼と呼ばれる、眼と同じ器官があり、これにより明暗を感知することができる。種によっては顕著で、眼が3つあるように見える種もいる。下顎骨の前部は結合している。側頭部には通常耳孔があり、奥に鼓膜があるが鼓膜が表面に露出している種もいる。また耳孔のない種もいる。

通常四肢を持つが、例外も多くいる。外観に四肢のない種でも骨格には足の骨が残っている。樹上棲種では指に襞状の鱗(指下板)があり垂直面でも登ることのできる種もいる。

分類[編集]

トッケイヤモリ Gekko gecko
グリーンイグアナ
Iguana iguana
クスリサンドスキンク
Scincus scincus

爬虫類の中では最も種類数が多いグループで、熱帯地方を中心に4000種類以上が知られている。

ヤモリ下目 Gekkota
スキンク下目 Scincomorpha
カナヘビ下目 Laterata
イグアナ下目 Iguania
オオトカゲ下目 Platynota

日本に生息する種[編集]

系統[編集]

分子系統解析から、トカゲ亜目は有鱗目のうちヘビ類(ヘビ亜目)とミミズトカゲ類(ミミズトカゲ亜目)を除いた側系統群であることが判明している(以下の分岐図のうち薄緑色に示す範囲が旧来トカゲ亜目、ピンク色がミミズトカゲ類、薄青色がヘビ類)[2][3]。単系統群のみを正式な分類群として認める立場では、「トカゲ亜目」は成り立たない。

有鱗目
Dibamia

フタアシトカゲ科 Dibamidae

Bifurcata
ヤモリ下目
Pygopodomorpha

イシヤモリ科 Diplodactylidae Underwood 1954

Pygopodidae Boulenger 1884

カワリオヤモリ科 Carphodactylidae

Gekkomorpha

トカゲモドキ科 Eublepharidae

Gekkonoidea

チビヤモリ科 Sphaerodactylidae Underwood 1954

ユビワレヤモリ科 Phyllodactylidae

ヤモリ科 Gekkonidae

Gekkota
Unidentata
スキンク下目
Scincomorpha

スキンク科 Scincidae

Cordylomorpha

ヨルトカゲ科 Xantusiidae

カタトカゲ科 Gerrhosauridae

ヨロイトカゲ科 Cordylidae

Scinciformata
Episquamata
カナヘビ下目
Teiformata

ピグミーテグー科 Gymnophthalmidae Merrem 1820

テユー科 Teiidae Gray 1827

Lacertibaenia
Lacertiformata

カナヘビ科 Lacertidae

ミミズトカゲ類

フロリダミミズトカゲ科 Rhineuridae Vanzolini 1951

フタアシミミズトカゲ科 Bipedidae Taylor 1951

Blanidae Kearney & Stuart 2004

Cadeidae Vidal & Hedges 2008

フトミミズトカゲ科 Trogonophidae Gray 1865

ミミズトカゲ科 Amphisbaenidae Gray 1865

Amphisbaenia
Laterata
有毒有鱗類
オオトカゲ下目
Paleoanguimorpha
Shinisauria

シナワニトカゲ科 Shinisauridae Ahl 1930 sensu Conrad 2006

オオトカゲ上科

ミミナシオオトカゲ科 Lanthanotidae

オオトカゲ科 Varanidae

Varanoidea
Neoanguimorpha
Helodermatoidea

ドクトカゲ科 Helodermatidae Gray 1837

Xenosauroidea

コブトカゲ科 Xenosauridae

Anguioidea

Diploglossidae

ギンイロアシナシトカゲ科 Anniellidae

アシナシトカゲ科 Anguidae Gray 1825

Anguimorpha
イグアナ下目
Acrodonta

カメレオン科 Chamaeleonidae

アガマ科 Agamidae Gray 1827

Pleurodonta

ゼンマイトカゲ科 Leiocephalidae

イグアナ科 Iguanidae

Hoplocercidae Frost & Etheridge 1989

Crotaphytidae

バシリスク科 Corytophanidae

Tropiduridae

ツノトカゲ科 Phrynosomatidae

アノールトカゲ科 Dactyloidae

アノールトカゲ科 Polychrotidae

Liolaemidae

Leiosauridae

Opluridae

Iguania
ヘビ亜目
メクラヘビ下目

ホソメクラヘビ科 Leptotyphlopidae Stejneger 1892

Gerrhopilidae Vidal et al. 2010

Xenotyphlopidae Vidal et al. 2010

メクラヘビ科 Typhlopidae Merrem 1820

Scolecophidia

カワリメクラヘビ科 Anomalepididae

真蛇下目
Amerophidia

サンゴパイプヘビ Aniliidae

ドワーフボア科Tropidophiidae Brongersma 1951

Afrophidia
ボア上科

ミジカオヘビ科 Uropeltidae

ミミズサンゴヘビ科 Anomochilidae

パイプヘビ科 Cylindrophiidae

サンビームヘビ科 Xenopeltidae Bonaparte 1845

メキシコパイソン科 Loxocemidae

ニシキヘビ科 Pythonidae Fitzinger 1826

ボア科 Boidae

トゲアゴヘビ科 Xenophidiidae

ツメナシボア科 Bolyeriidae Hoffstetter 1946

Booidea
ヘビ上科

ヤスリヘビ科 Acrochordidae Bonaparte 1831

Colubroides

タカチホヘビ科 Xenodermidae

セダカヘビ科 Pareidae

クサリヘビ科 Viperidae

ミズヘビ科 Homalopsidae

ナミヘビ科 Colubridae

イエヘビ科 Lamprophiidae

コブラ科 Elapidae

Caenophidia
Alethinophidia
Serpentes
Toxicofera
Squamata

分布[編集]

南極大陸を除く全大陸。

生態[編集]

極地や高山を除く、陸上の様々な環境に生息する。

食性は分類、種により異なり、昆虫類節足動物甲殻類貝類ミミズ魚類両生類、爬虫類、鳥類哺乳類、動物の死骸、やその果実種子海藻等を食べる種が知られている。

繁殖形態は主に卵生だが、卵胎生の種もいる。

一部のトカゲは、外敵に襲われたときに身を守るために尾を自切する。失われた尾は再生する[4]

人間との関係[編集]

トカゲによる被害[編集]

ほとんどのトカゲは毒をもたず、よほどの大型種でもない限り人間に害を及ぼすことはない。ただし、オオトカゲ類などに咬まれると、口内にいる雑菌が傷口から入りこみ感染症を起こすことがある。

実際にをもつのはメキシコ北部に分布するメキシコドクトカゲテキサス南部に分布するアメリカドクトカゲ、インドネシアに分布するコモドオオトカゲの3種類である。このうち、前記2種は動きも比較的遅く、毒はヘビの毒と異なり噛むことでゆっくり注入されるため、それほど危険ではない。コモドオオトカゲについては、従来、噛まれると唾液中の細菌によって敗血症を起こすと考えられてきたが、近年、歯間に毒管を有し、噛みついた傷口に毒を流し込むことが明らかになった[5]。1974年以降、30人がコモドオオトカゲに噛まれ、そのうち5人が死亡している[6]。また、人を捕食することもあるという[5]

食用[編集]

オーストラリアアボリジニは、60cmほどもある大型のトカゲを捕らえ、焼いて食べる。尻尾の辺りが特に美味で、鶏肉のような味がするという[7]

文化[編集]

トカゲは外敵から身を守るために尾を自切することから、日本語では、下位の組織や人に責任を被せて逃れることを「とかげの尻尾切り」という。

"Tokage"(トカゲ)は、日本の命名により台風アジア名に採用されている(直接的にはとかげ座に由来)。「トカゲ」というアジア名が付けられた台風の例としては、平成16年台風第23号がある。

英語圏では、男性器の隠語としてトカゲの名前が用いられることもある。「Bleeding the lizard」は「小便」「Milking the lizard」は「マスかき」を意味する[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ Glaw, F.; Köhler, J. R.; Townsend, T. M.; Vences, M. (2012). Salamin, Nicolas. ed. “Rivaling the World's Smallest Reptiles: Discovery of Miniaturized and Microendemic New Species of Leaf Chameleons (Brookesia) from Northern Madagascar” (英語). PLoS ONE 7 (2): e31314. doi:10.1371/journal.pone.0031314. 
  2. ^ Wiens, J. J.; Hutter, C. R.; Mulcahy, D. G.; Noonan, B. P.; Townsend, T. M.; Sites, J. W.; Reeder, T. W. (2012). “Resolving the phylogeny of lizards and snakes (Squamata) with extensive sampling of genes and species”. Biology Letters 8 (6): 1043–1046. doi:10.1098/rsbl.2012.0703. PMC 3497141. PMID 22993238. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3497141/. 
  3. ^ Zheng, Yuchi; Wiens, John J. (2016). “Combining phylogenomic and supermatrix approaches, and a time-calibrated phylogeny for squamate reptiles (lizards and snakes) based on 52 genes and 4162 species”. Molecular Phylogenetics and Evolution 94 (Part B): 537–547. doi:10.1016/j.ympev.2015.10.009. PMID 26475614. 
  4. ^ “トカゲの尾はどう切れる?”. 朝日新聞 be. (2009年7月9日). https://www.asahi.com/shimbun/nie/tamate/kiji/20110711.html 
  5. ^ a b 動物 - コモドオオトカゲ”. ナショナルジオグラフィック. 2014年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月15日閲覧。
  6. ^ “コモドオオトカゲ、外国人観光客を襲う インドネシア”. AFPBB News. (2017年5月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3127309 
  7. ^ 椎名誠 『熱風大陸 ダーウィンの海をめざして』講談社文庫、144頁。 
  8. ^ スターリング・ジョンソン 著、鈴木智洋、生方孝士 訳 『第2外国語として学ぶファッキン英語』 2巻、イプシロン出版企画、2008年1月、84頁。ISBN 978-4-903145-35-8 

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、14-73頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館2004年、83-109頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1 アガマ科&イグアナ科』、誠文堂新光社、2004年、4-112頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2 ヤモリ上科&スキンク上科』、誠文堂新光社、2004年、4-112頁。
  • Go!!Suzuki 『爬虫・両生類ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ』、誠文堂新光社、2006年、6-128頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]