古代ギリシア暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古代ギリシア暦は、古代ギリシアにおいて使用されていた太陰太陽暦閏月を挿入することで、季節のズレを調節する置閏法を採用している。古代ギリシアにおけるポリスや地域ごとに異なっており、月の呼称や新年の時期さえも違う。多くのポリスでは秋冬に新年が訪れるが、アッティカ暦では夏(7月8月)が新年である。 数多くある古代ギリシア暦の中で、デルポイ暦がとりわけ重要視されている。なぜなら、奴隷解放の碑文の多くはデルポイ暦によって刻印されていたからである。

地域ごとに異なる暦[編集]

アッティカ暦[編集]

  • 7月:ヘカトンバイオーン - Ἑκατομβαιών
  • 8月:メタゲイトニオーン - Μεταγειτνιών
  • 9月:ボエードロミオーン - Βοηδρομιών
  • 10月:ピュアノプシオーン - Πυανεψιών
  • 11月:マイマクテーリオーン - Μαιμακτηριών
  • 12月:ポセイデオーン - Ποσειδεών
  • 1月:ガメーリオーン - Γαμηλιών
  • 2月:アンテステーリオーン - Ἀνθεστηριών
  • 3月:エラペーボーリオーン - Ἑλαφηβολιών
  • 4月:ムーニキオーン - Μουνιχιών
  • 5月:タルゲーリオーン - Θαργηλιών
  • 6月:スキロポリオーン - Σκιροφοριών

デルポイ暦[編集]

  • ブーカティス - Βουκάτιος
  • ヘーライオス - Ἡραίος
  • アペライオス - Ἀπελλαίος
  • -
  • ダダポリオス - Δαδαφόριος
  • ポイトュロピオス - Ποιτρόπιος
  • ブシオス - Βύσιος
  • アルテミシオス - Ἀρτεμίσιος
  • ヘーラクレイオス - Ἡράκλειος
  • ボアトオス - Βοαθόος
  • イライオス - Ιλαίος
  • テオクセニイオス - Θεοξένιος

ラコニア[編集]

  • 9月:パナモス - Πάναμος
  • 10月:ヘーラシオス - Ἡράσιος
  • 11月:アペライオス - Ἀπελλαίος
  • 12月ディオストュオス - Διόσθυος
  • 1月:-
  • 2月:エレウシニオス - Ελευσίνιος
  • 3月:ゲラシティオス - Γεράστιος
  • 4月:アルテミシオス - Ἀρτεμίσιος
  • 5月:デルピニオス - Δελφίνιος
  • 6月:ピレイアシオス - Φλειάσιος
  • 7月:ヘラトムベウス - Ἑκατομβεύς
  • 8月:カルネイオス - Κάρνειος

マケドニア[編集]

  • 10月:ディオス - Δίος
  • 11月:アペライオス - Ἀπελλαῖος
  • 12月:アウドゥナイオス- Αὐδυναῖος or Αὐδναῖος
  • 1月:ペリティオス - Περίτιος
  • 2月:ドュストュロス - Δύστρος
  • 3月:クサウディコス or クサウティコス - Ξανδικός or Ξανθικός
  • 4月:アルテミシオス or アルタミティオス - Ἀρτεμίσιος or Ἀρταμίτιος
  • 5月:ダイシオス - Δαίσιος
  • 6月:パネーモス or パナモス - Πάνημος or Πάναμος
  • 7月:ローイオス - Λώιος
  • 8月:ゴルピアイオス - Γορπιαῖος
  • 9月:ヒュペルベレタイオス - Ὑπερβερεταῖος

参考文献[編集]

  • Alan Edouard Samuel, Greek and Roman Chronology: Calendars and Years in Classical Antiquity, Volume 1, Part 7, C.H.Beck, 1972.
  • Danezis Manos & Theodosiou Stratos, The Odyssey of the Calendars, 1st Book (in Greek), 1995

関連項目[編集]