シウテクトリ

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
シウテクトリの像
Fejervary-Mayer絵文書のシウテクトリ(拡大)

シウテクトリ(Xiuhtecuhtli)は、アステカ神話の火の神である。

名前は「トルコ石(xihuitl)の主(teuctli/tecuhtli)」を意味する。その名のとおりトルコ石のモザイクで飾られており、トルコ石の冠(xiuhuitzolli)や、しばしばチョウの形をした胸飾りをつけている。額の上にはメキシコルリカザリドリ(xiuhtototl)、背中にはシウコアトルを身につける[1]

シウテクトリは老いた火の神であるウェウェテオトルと共通点が多く、『フィレンツェ絵文書』ではシウテクトリをウェウェテオトルの別名としている。しかしながらウェウェテオトルと異なってシウテクトリは老いておらず、若く力強い戦士で支配者とされる[1]

アステカ暦においてシウテクトリは重要な役割を果たす。シウテクトリは「1のヘビ」および「1のウサギ」のトレセーナを支配する神である[2]。シウテクトリは夜の九王のひとりでもある[3]。またカレンダー・ラウンドの終わりに行われる新しい火の祭り英語版では生贄がシウテクトリに捧げられる[4]

脚注[edit]

  1. ^ a b Miller & Taube (1993) pp.189-190 "xiuhtecuhtli"
  2. ^ Miller & Taube (1993) pp.172-173 "trecena"
  3. ^ Miller & Taube (1993) p.53
  4. ^ Sasao, Michiyo (笹尾典代) (2001). “New Fire Ceremony”. The Oxford Encyclopedia of Mesoamerican Cultures. 2. Oxford University Press. pp. 366-368. ISBN 0195108159. 

参考文献[edit]

  • Miller, Mary; Taube, Karl (1993). The Gods and Symbols of Ancient Mexico and the Maya: An Illustrated Dictionary of Mesoamerican Religion. Thames & Hudson. ISBN 0500050686. (日本語訳:『図説マヤ・アステカ神話宗教事典』東洋書林、2000年)