西方教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

(せいほうきょうかい、: Western Christianity)とは、キリスト教を大きく二つに分類した際に、東方教会と対置される教会の総称。西ヨーロッパで発達したローマ・カトリック教会、及びそこから派生した聖公会プロテスタント諸教派のことを指す。この東西の区分は、現在の教会の地理的な位置ではなく、歴史的な起源からなされるものである。東方典礼カトリック教会は完全にローマ・カトリック教会の一員であるが、基本的に東方教会に分類される。

東西教会の分裂[編集]

東西教会の分裂の事件として、主に以下の3つが挙げられる[1]。高校世界史等の教科書で挙げられているのは2つ目である。

  1. フォティオスの分離(863年 - 867年[2]
  2. 東西教会の「相互破門」(1054年[3]
  3. 正教会の中心地であるコンスタンティノープルに侵攻した第4回十字軍1204年[4]

ニカイア・コンスタンティノープル信条を古典ギリシャ語からラテン語に翻訳する際、西方のローマ・カトリック教会は原文に存在しないフィリオクェ("filioque" 「子からもまた」の意)"という語句を聖霊の発出についての記述箇所に付け加えた[5]。一般的には、この思想的な相違が東西教会の分裂の原因と考えられているが、幾多の思想上の争いはこの帰結に過ぎないとする見解[6]と、フィリオクェ問題はそれほど重要な相違点ではないとする見解[7]が存在する。

西方教会の一覧[編集]

樹形図(概略)[編集]

キリスト教諸教派の成立の概略を表す樹形図。更に細かい分類方法と経緯があり、この図はあくまで概略である事に注意。

脚注[編集]

関連項目[編集]