東方典礼カトリック教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キリスト教‎教派の系統図。東方典礼カトリック教会が正教会から分かれてローマ・カトリック教会に帰属した系統が表されている。ただし東方典礼カトリック教会には東方諸教会からローマ教皇に帰属した教会も多い。

東方典礼カトリック教会(とうほうてんれいカトリックきょうかい)は、東方カトリック教会(とうほうカトリックきょうかい)、帰一教会(きいつきょうかい)、ユニア教会ユニエート教会東方帰一教会東方典礼合同派などとも呼ばれる、正教会東方諸教会で用いられる典礼を使いながら、ローマ・カトリック教会とのフル・コミュニオン関係にあり、ローマ・カトリックの教義を受け入れ、ローマ教皇権を認めた諸教会。

自権者Sui iuris(独立教会)でありながらカトリックに帰属するにいたったという意味でユニエイトという概念ができた。これはもともとは自称であり、カトリック教会でも20世紀初めまでは使われたが、正教会で多く蔑称として使われた用語でもあり、現在教皇庁がこの用語を使うことはない。

西方のカトリック(ラテン典礼)の司教教皇に直属するが、東方典礼カトリックの司教は教皇に直属せず、アレクサンドリアカトリック・コプト教会)、アンティオキアシリア・カトリック教会メルキト・カトリック教会マロン派)、バグダードカルデア・カトリック教会)、ベイルートアルメニア・カトリック教会)という六つのカトリック東方総大司教座の一つ、または東方大司教座のひとつに属する。ビザンチン(ギリシャ)典礼の教会はこれらの東方総大司教座ではなく、それぞれの大司教座に属するが、教皇直属の司教座も存在する。

これらの教会は、ローマ典礼のカトリック教会とは典礼を異にするが、聖体拝領は完全に共同で行われうる。

近世以降、正教会などでウクライナトランシルヴァニアを中心にローマ教皇の支配を認めて、元の教会から離れるものがでた。この帰属の変化は、宗教としての教義上・教団内部の政治上・外的要因として世俗政治上等、さまざまな理由によるが、東方典礼カトリック教会諸派のうち最大規模であるウクライナ東方カトリック教会に代表されるように、ローマ・カトリックの信仰の強いポーランド・リトアニア共和国の政治的・文化的影響が非常に強い。そのために東方典礼カトリック教会諸派は東方正教会の信徒から「裏切り者」と敵視される傾向にあり、ロシアでは厳しい弾圧を受けた。

東方正教会からの帰一教会は多く正式名称をビザンチン=カトリック(旧称ギリシア=カトリック)という。対して東方正教会ではこれをユニエイトと呼ぶ。フィレンツェ公会議以後、東方正教会から分離したものであり、ロシア、ウクライナ等に分布するほか、近代以降北アメリカや西ヨーロッパにも移民によって広がっている。典礼は東方正教会同様、東方典礼を中心とし、ほぼ同じ聖人暦をもち、司祭の妻帯を認めるなど、外形的にも東方正教会と共通の点を多く持つ一方、ローマ首位権の承認、フィリオクェ句の受容など、神学的にはローマ教会と同一の立場にたつ。

東方正教会からみた帰一教会は、自教派から出た異端であり、ルーシ民族主義の感情も相まって現在も東方正教会の一部の教会では、ローマとの和解の条件に帰一教会の解消と東方正教会への復帰を挙げるものがある。日本ハリストス正教会においては「ユニエート」と呼称・表記する事が多いが、蔑称として用いる意図はなく、自らの「普遍性」を自認する事から「東方典礼カトリック」と呼ぶ事を避けるべき立場にある事情や、「ローマ・カトリック教会に『帰る』」という認識を西方教会と共有するかのような「帰一教会」という呼称を避けるべき立場にあるという事情などによる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

General[編集]

執筆の途中です この項目「東方典礼カトリック教会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。