序数標識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

序数標識(じょすうひょうしき)は、アラビア数字またはローマ数字の後につけて序数を表すのに使われる約物

各言語での用法[編集]

スペイン語、ポルトガル語、ガリシア語、イタリア語[編集]

ロマンス語に属する言語のうち、スペイン語ポルトガル語ガリシア語イタリア語では、数字の後ろに上付きの o または a を標識としてつけて、序数を表す。o と a の2種類があるのは、ロマンス語の形容詞に男性形と女性形が存在するためである。標識の下に線が引かれる場合もある。ポルトガル語では数字のあとにピリオドをつけてから o / a をつける。

例:1 (uno) の場合
  イタリア語: 1º (primo), 1ª (prima)
  スペイン語: 1º (primero), 1ª (primera)
  ポルトガル語: 1.º (primeiro), 1.ª (primeira)

なお、スペイン語の1番目と3番目の男性形には語尾のつかない形(primer、tercer)も存在するが、その場合は 1er、3er のように書く。

同じロマンス語でも、カタルーニャ語オクシタン語フランス語ルーマニア語などの形容詞は -o で終わらないので、この形式を使うことはできない。

ISO/IEC 8859-1 には、標識(º ª)のために専用の文字が用意されている。º は、「度」(° U+00B0) や上つきのゼロ ( U+2070) 、リング符号(˚ U+02DA) などとよく似ているが、別の記号である。

英語[編集]

英語の序数は基本的に基数詞接尾辞 "-th" をつける形をしているため、数字に "th" をつけて序数を表すことができる。但し、13は不規則な変化をするため、それに対応した接尾辞をつける ("-st", "-nd", "-rd")。また、21以降は一の位の数に従うため、一の位が1〜3であれば "-1st" 〜 "-3rd" を用いる(序数詞#英語も参照)。この際、スペイン語などと同様に上付き文字とする場合もあるが、特別に文字は割り当てられていない。

例:
 1 (one)        →  1st,  1st (first)
 2 (two)        →  2nd,  2nd (second)
 3 (three)      →  3rd,  3rd (third)
 4 (four)       →  4th,  4th (fourth)
11 (eleven)     → 11th, 11th (eleventh)
21 (twenty-one) → 21st, 21st (twenty-first)

フランス語[編集]

フランス語の序数は "-ième" といった形をしている。序数標識としては数字の後に "e" を加える。但し、1は例外的な形をしており、男性形と女性形で形が異なる。

例:
   1 (un)   →  1er(男性形:premier), 1re(女性形:première)
   2 (deux) →  2e (deuxième)
  21 (vingt-et-un) →  21e (vingt-et-unième)
 101 (cent-un) →  101e (cent-unième)

しばしば 1re1ère と書いたり、2e2me / 2ème / 2ième のように書いたりするが、これは正しくない[1]

「2番目」を意味する second, seconde は、2nd, 2nde のように書く。

順序数詞の修飾する語が複数のときは、1ers2nds のように -s を加える。

また、ラテン語の順序数詞に由来する副詞 primo、secundo、tertio などは数字のあとに -o をつけて 1o、2o、3o のように書く。

ドイツ語など[編集]

ドイツ語では、序数は数字のあとにピリオドをつけることで表す。ドイツ語の序数詞は複雑な格変化をするが、たとえば「1.」と書いてあったときに、これが erster、erste、ersten などのうちどれであるかは、読む時に前後から判断しなければならない。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ª U+00AA 1-9-7 ª
ª
ª
女性序数標識
º U+00BA 1-9-17 º
º
º
男性序数標識

脚注[編集]

  1. ^ Jacques Poitou. “Premier, deuxième s’abrègent en 1er, 2e. Première s’abrège en 1re.” (fr). 2013年10月10日閲覧。