単価記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
@

単価記号(たんかきごう)とは記号「@」。 JIS X 0208 における日本語通用名称「単価記号」に[1]後に制定された JIS X 0213 においてアットマークと言う別称が加えられた[2]。「a」を丸で囲んだ」とは別字。

@」は会計において一般に用いられる略記号。例えば「商品7個 @ $2 = $14」(商品7個 各単価2ドル 小計14ドル)のように請求書などに用いられていた。レイ・トムリンソン電子メールメールアドレスに用いたので1990年代後半以降に身近な記号になっていった。

名称[編集]

ANSICCITTUnicode による文字コード規格では、いずれも「commercial at」が公式名称である。Unicode はさらに「at sign」を代替名称としている[3]英語では一般に「at @」あるいは「at symbol」などと呼ばれ、文章中では単に「at」と読まれる。

各言語で、以下のような俗称がある[要出典]。(言語によっては正式名称として扱われている[4][5])

言語 俗称 意味
スペインの旗 スペイン語 arroba[6] アローバ
ポルトガルの旗 ポルトガル語
フランスの旗 フランス語 arobase
イタリアの旗 イタリア語 chiocciola, chiocciolina カタツムリ
ウクライナの旗 ウクライナ語 равлик
エスペラントの旗 エスペラント heliko
ベラルーシの旗 ベラルーシ語 слімак
オランダの旗 オランダ語 apenstaartje の小さな尻尾[5]
ギリシャの旗 ギリシア語 παπάκι 小さなアヒル
スウェーデンの旗 スウェーデン語 snabel-a の鼻のa
デンマークの旗 デンマーク語
ノルウェーの旗 ノルウェー語 krøllalfa カールしたα(アルファ)
フィンランドの旗 フィンランド語 kissanhäntä の尾
スロベニアの旗 スロベニア語 afna
チェコスロバキアの旗 チェコ語 zavináč ロールモップス(巻きニシン
スロバキアの旗 スロバキア語
トルコの旗 トルコ語 kuyruklu a 尾のa
ルーマニアの旗 ルーマニア語 a rond 丸囲みのa
中華人民共和国の旗 中国語中国大陸 艾特(アイ・テ) 「at」の音声転写
圈a 丸a
花a 花体のa
中華民国の旗 中国語台湾 小老鼠 小さな
大韓民国の旗 韓国語 골뱅이 巻貝
ドイツの旗 ドイツ語 Klammeraffe クモザル
日本の旗 日本語 アットマーク
ハンガリーの旗 ハンガリー語 kukac 蠕虫
ブルガリアの旗 ブルガリア語 маймунка 小さな猿
イスラエルの旗 ヘブライ語 שטרודל シュトゥルーデル
ポーランドの旗 ポーランド語 małpa
ロシアの旗 ロシア語 собака, собачка
ベトナムの旗 ベトナム語 a còng 湾曲したa
a móc 鈎付きのa

起源[編集]

1448年の文書でアローバの記号として使われた @
1674年のフランス語文書で à として使われた @
à 説に基づく @ の起源

起源にはいくつかの説がある。

歴史[編集]

最古の登場は、12世紀のビサンツ帝国の年譜記録者コンスタンティノス・マナセルによる、ある写本の1345年のブルガリア語訳だった(当の写本は今はバチカン図書館にある)。そこでは「アーメン」という単語の「A」の字の代わりに@が登場する[5]

1448年のスペイン語の文章、1536年のイタリア語の文章、1674年のフランス語の文章に@の印が見つかっている[5]

意味[編集]

単価[編集]

たとえば @$300 と書いて、単価(1個の価格)が300ドルであることを意味する。ただし英単語の at の意味は「単価」ではなく「~の値段で」で、単価300ドルは正確には at $300 apiece などという。

メールアドレス[編集]

現在では、atの代わりに幅広く使われだしており、特に、インターネット電子メールアドレスで、ユーザ名とドメイン名を分けるのに使われる。これは、1971年、レイ・トムリンソンが、前述のように単価を表す文字として使われていた@を「このユーザーは、ローカルマシン上(at the local machine)ではなく、他のホスト上(at another host)に居る」と言う意味を込めるために採用したことに始まる[8][5]

プログラム言語[編集]

  • Pythonにおいて@は宣言したデコレータを呼び出す際に用いる。
  • Rubyにおいて@はインスタンス変数の識別子を表し、@hogeでインスタンス間での変数のやりとりが可能となる。
  • Perlにおいて@は配列変数を宣言する。
  • PHPにおいて@はエラー制御演算子を表し、@func(funcは予約関数)で、一定のエラー表示を抑制することができる。
  • Vue.jsにおいて@はv-onディレクティブの省略記法となっている。v-on:clickの場合は@clickと記述することができる。

自然言語[編集]

  • 英単語の at の略記に使う。
  • メールアドレスでの用法から派生し、自然言語でも、電子メール中などで「人名@企業・団体名」というような使い方をすることがある。
    • 日本語ではその派生としてオンラインゲームアーケードゲーム等にて「ニックネーム@所属チーム名」・「ニックネーム@使用キャラクター(アバター)の名前」といった使い方もみられる。
  • 特にアメリカでは、スポーツ競技のホームアンドアウェイでの対戦カードを「アウェイチーム@ホームチーム」で表記することが多い。これは、アウェイチームから見て「相手チームのホームで (at) 試合をする」という意味がある。
  • Leet (ハッカー語)では「a」や「at」の代わりに使うことがある。例:THE IDOLM@STER(この場合はTHE IDOLMASTERと発音する)。
  • コンピューターゲームの『ローグ』において主人公を示す記号に@が使われた事から、ローグライクゲームにおける自機の総称、通称として@を用いることがある。
  • 日本語では英語 at にかけたインターネットスラングとして、いくつかの用法がある。
    • 英語のatの意味から派生して、場所を表す表現に用いる。例えば、「今日は暑かった@渋谷」で渋谷周辺に言及していることを表す。
    • 音の「あと」をとって追加事項を表す。例えば、「@3日」は「あと3日」、「@3人」は「あと3人」。
    • さらに派生して「あと」の意味を伴わない追加事項を表す場合にも使われる。例えば、「イベント@終了」でイベントが終了したことを表すなど。
  • 日本のプロゴルフツアーにアマチュア選手が参加した際、リーダーボード(順位表)の氏名にはアットマークが前置される[9][10]
  • スペイン語ポルトガル語などでは、名詞母音が男性形なら -o- ・女性形なら -a- となるとき通性形として -@- を使う。たとえば、amig@sは「amigos(男の友達)またはamigas(女の友達)」を意味する。
  • @の大文字と小文字
    コアリブ語 (Koalib language) の正書法では、ラテン文字の1つとしてアラビア語からの借用語に使われる。@大文字も使う[11]。文字としての@の大文字・小文字は、国際SILによりUnicodeの私用領域に外字として登録されたが[12]、Unicodeには採用されていない。
  • インターネットリレーチャット(IRC)では、チャンネルのオペレーター権限を持っていることを示すために、ニックネームの前につけられる。日本では、鳴門巻きの輪切りに似ていることから「なると」とも呼ばれる。
  • ビッグモーターにおいて、車両修理の工賃と部品交換で得られる利益の合計額を表す隠語、@「アット」[13]ビッグモーター#主な不祥事も参照。

記法[編集]

企業・団体名[編集]

  • アットローンはかつて存在した日本の消費者金融。サービス名に「@Loan」の商標を用いていた。
  • エフエム愛知の愛称、@FM(アットエフエム)。
  • ギャラリー@KCUA、京都市立芸術大学のサテライトギャラリー「アクア」と呼ぶ。

文字コード[編集]

Unicode・JIS[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
@ U+0040 1-1-87 @
@
commercial at
単価記号、アットマーク
U+FE6B - ﹫
﹫
small commercial at
U+FF20 1-1-87 @
@
fullwidth commercial at

モールス符号[編集]

国際電気通信連合2004年5月3日、国際モールス符号表に@を追加することを承認した[14]。符号は・--・-・。ちなみに#起源に出てくるフランス語の前置詞 à(Á) は、国際モールス符号表には無いものの・--・-となっている(モールス符号#主な“ダイアクリティカルマーク”付きアルファベットなど)。

脚注[編集]

  1. ^ 日本工業規格 (1997), p. 50.
  2. ^ 日本工業規格 (2000), p. 83.
  3. ^ The Unicode Consortium (2014).
  4. ^ 具体的にはスペイン語・ポルトガル語である。
  5. ^ a b c d e 『記号とシンボルの事典』青土社、2019、27-29頁。 
  6. ^ arroba メートル法以前の質量あるいは体積の単位として用いられる単語だ(この言葉の由来をさらにたどると、アラビア語でロバが背負える荷物の量を指す言葉に行き着く)。
  7. ^ Willan, Philip (2000年7月31日). “Merchant@Florence Wrote It First 500 Years Ago”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/international/story/0,3604,348744,00.html 2010年4月25日閲覧。 
  8. ^ http://openmap.bbn.com/~tomlinso/ray/firstemailframe.html
  9. ^ 桂川洋一 (2014年5月15日). “15歳だけじゃないアマチュア旋風!?女子ゴルフ界の下剋上が止まらない。”. Number Web - ナンバー. 2022年9月12日閲覧。
  10. ^ 内田琴子いきなり試練のプロ初ツアー「地元開催ということでいい結果を」 - 国内女子ゴルフ”. 日刊スポーツ (2021年7月7日). 2022年9月12日閲覧。
  11. ^ Unicode Technical Meeting #101, 15 -18 November 2004, Cupertino, California
  12. ^ http://scripts.sil.org/cms/scripts/page.php?site_id=nrsi&item_id=CharisSIL_Technical
  13. ^ https://www.facebook.com/mainichishimbun.+“利益隠語で競わせ叱責「不正促した」 ビッグモーター元幹部ら証言”. 毎日新聞. 2023年7月27日閲覧。
  14. ^ Recommendation ITU-R M1677-1 International Morse code (PDF) ITU

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本工業規格『JIS X 0208:1997 - 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化漢字集合』日本規格協会、1997年。 
  • 日本工業規格『JIS X 0213:2000 - 7ビット及び8ビットの2バイト情報交換用符号化拡張漢字集合』日本規格協会、2000年。 
  • The Unicode Consortium (2014年). “C0 Controls and Basic Latin” (PDF). The Unicode Standard, Version 7.0. Mountain View, CA: The Unicode Consortium. 2014年9月7日閲覧。
  • スティーブン・ウェップ著、松浦俊輔訳『記号とシンボルの事典』青土社、2019年、27頁 arroba,arobase,apenstaartje,kukac,snabel-aの表記確認