出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

」は、数学などでは「ゆえに」または「すなわち」(therefore) と読み、それまでの内容から誘導できる結論に使用される学術記号である。

歴史[編集]

フロリアン・カジョリによると、数学者のヨハン・ハインリッヒ・ラーン1656年に自著で使用したのが最初である。

使用法[編集]

数学[編集]

証明などで使用される。

A = B
B = C
∴A = C

地図記号[編集]

国土地理院地形図では地図記号として使われる。互いに無関係な2つの意味があり、

を表す。

省略[編集]

フリーメイソン近代西洋儀式魔術では、省略記号に使われる。A∴A∴ (銀の星 = Argenteum Astrum) のようなアクロニムで各文字の後に付けられる。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2234 1-1-72 ∴
∴
∴
ゆえに

関連項目[編集]