引用符

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

引用符(いんようふ)は、約物の一つ。文中において、他の文や語を引用していることを示す役割を果たす記号で、多くの場合一対で引用部分を囲む。コーテーションマーククォーテーションマーククオーテーションマーク引用符号ともいう。

類型[編集]

直線形[編集]

開始記号と終了記号が同じである。タイプライターコンピュータで使用する。ただしUnicodeでは使用は推奨されない。なおU+0027の文字名称は歴史的な経緯から「アポストロフィー」となっているが、アポストロフィーとしての使用も推奨されず、閉じシングルクォートと同じU+2019を使う。

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
'' U+0027 (39) 1-2-15 '
'
ただし普通は ' を使用。
XMLでは'('はHTMLの仕様には存在しない)
アポストロフィー
APOSTROPHE
"" U+0022 (34) 1-2-16 "
"
"
ただし普通は " を使用。
引用符、クォーテーションマーク
QUOTATION MARK

曲線型 英語[編集]

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
U+2018 (8216) , U+2019 (8217) 1-1-38, 1-1-39 ‘ ’
‘ ’
‘ ’
(左、右)シングル引用符
(LEFT/RIGHT) QUOTATION MARK
U+201C (8220) , U+201D (8221) 1-1-40, 1-1-41 “ ”
“ ”
“ ”
(左、右)ダブル引用符
(LEFT/RIGHT) DOUBLE QUOTATION MARK

英語圏では会話の中で、人の意見を区別して言いたい時に引用符(double quotation marks)を人指し指と中指の指先で“ちょんちょん”と視覚的に示すことがある。これをエアクオートという。

曲線型 ドイツ語[編集]

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
U+201A (8218) , U+2018 (8216) - ‚ ‘
‚ ‘
‚ ‘
(Single Low-9/Left Single) Quotatation Mark
U+201E (8222) , U+201C (8220) - „ “
„ “
„ “
(Double Low-9/Left Double) Quotatation Mark

曲線型 ポーランド語[編集]

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
U+201A (8218) , U+2019 (8217) - ‚ ’
‚ ’
‚ ’
(Single Low-9/Right Single) Quotatation Mark
U+201E (8222) , U+201D (8221) - „ ”
„ ”
„ ”
(Double Low-9/Right Double) Quotatation Mark

屈曲型 フランス語(フランス本国)、ポーランド語、ロシア語[編集]

ギユメ (guillemets)、ギュメ・ギメ(印刷用語、この記号を考案したフランスの印刷業者の名 Guillaume ギョームから)という。

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
‹  › U+2039 (8249) , U+203A (8250) - ‹ ›
‹ ›
‹ ›
Single (Left/Right)-Pointing Angle Quotation Mark
«  » U+00AB (171) , U+00BB (187) 1-9-8, 1-9-18 « »
« »
« »
Double (Left/Right)-Pointing Angle Quotation Mark

逆屈曲型 デンマーク語[編集]

ドイツ語でも時折見かける。

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
U+203A (8250) , U+2039 (8249) - › ‹
› ‹
› ‹
Single (Right/Left)-Pointing Angle Quotation Mark
»« U+00BB (187) , U+00AB (171) 1-9-18, 1-9-8 » «
» «
» «
Double (Right/Left)-Pointing Angle Quotation Mark

ダッシュ[編集]

ダッシュは対話のみに用いる。

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
―  U+2015 (8213) - ―
―
ダッシュ(全角)
Horizontal Bar
—  U+2014 (8212) 1-1-29 —
—
—
Em Dash
フランス語の例
― Je m'ennuie tellement, dit-elle.
― Cela n'est pas de ma faute, retorqua-t-il.
一般的なフレンチクォーテーションで書くと
« Je m'ennuie tellement », dit-elle.
« Cela n'est pas de ma faute », retorqua-t-il.
ロシア語の例
— Ай, ай, ай! — вскрикнул Левин. — Я ведь, кажется, уже лет девять не говел. Я и не подумал.
— Хорош! — смеясь, сказал Степан Аркадевич, — а меня же называешь нигилистом! Однако ведь это нельзя. Тебе надо говеть.
一般的なフレンチクォーテーションで書くと
«Ай, ай, ай!» — вскрикнул Левин. — «Я ведь, кажется, уже лет девять не говел. Я и не подумал».
«Хорош!» — смеясь, сказал Степан Аркадевич, — «а меня же называешь нигилистом! Однако ведь это нельзя. Тебе надо говеть».

日本語・中国語・朝鮮語の引用符[編集]

  • 日本語では縦書きと横書きの両方に鉤括弧(「 」)および二重鉤括弧(『 』)が使われるのが普通である。
  • 中華人民共和国の『標点符号用法』(GB/T 15834-2011)では原則として横書きを使用するが、縦書きが必要な場合は日本と同様に鉤括弧を使用する。横書きでは英語式のダブルクォート(引号、“ ”)を使う。引用中に引用がある場合などは、シングルクォート(‘ ’)を使う。本、楽章、文章、映画、放送番組ほかの作品、新聞、雑誌、法令などの題名に対しては、二重山括弧(書名号、《 》)を使い、題名の中に別の題名を表記する場合には、山括弧(単書名号、〈 〉)を使う。
  • 台湾の『重訂標点符号手冊修訂版』(2008)は、縦書きと横書きの両方に鉤括弧(「 」)を使うと規定している。書名等については中華人民共和国と同様である。香港マカオには厳密な規定がなく、横書きには英語式のダブルクォート(“ ”)も使う。
  • 韓国のかつてのハングル正書法は縦書きと横書きについて定めていたが、縦書きに関する規定は使用実績がないために2014年に廃止された。英語式のダブルクォート(“ ”)を使う。引用中に引用がある場合などは、シングルクォート(‘ ’)を使う。書名は『』で囲むことがある。
  • 北朝鮮では縦書きは使用せず、二重山括弧(《 》)を使う(朝鮮語規範集を参照)。引用中に引用がある場合などは、山括弧(〈 〉)を使う。
Unicode(十進) JIS X 0213 名称
「□□」 U+300C (12300) , U+300D (12301) 1-1-54,
1-1-55
(始め・終わり)かぎ括弧
(Left/Right) Corner Bracket



『□□』 U+300E (12302) , U+300F (12303) 1-1-56,
1-1-57
(始め・終わり)二重かぎ括弧
(Left/Right) White Corner Bracket



“□□” U+201C (8220) , U+201D (8221) 1-1-40,
1-1-41
(左・右)ダブル引用符
(Left/Right) Double Quotation Mark
‘□□’ U+2018 (8216) , U+2019 (8217) 1-1-38,
1-1-39
(左・右)シングルクォート
(Left/Right) Single Quotation Mark
《□□》 U+300A (12298) , U+300B (12299) 1-01-52,
1-01-53
(始め・終わり)二重山括弧
(Left/Right) Double Angle Bracket
〈□□〉 U+3008 (12296) , U+3009 (12297) 1-01-50,
1-01-51
(始め・終わり)山括弧
(Left/Right) Angle Bracket

斜線型 日本語[編集]

曲線型に似ているが、通常鉤括弧のある位置に置かれる。JIS X 0208:1997規格票附属書4表5(47ページ、参考であり規格の一部ではない)ではダブルクォート(“ ”、JIS X 0208における日本語名称は「ダブル引用符」)の縦書き字形として示されている。JIS X 4051の附属書表でも同様である。JIS X 0213では別途収録されているため、このような扱いはされない。新聞記事では、鉤括弧(「 」)中の二重引用[1]や、二重鉤括弧(『 』)中の三重の引用に用いるとされる[2]。語句の強調、注意喚起、比喩、造語にも使われる[3]。使用する文字をJIS X 0208の範囲に限定する場合には、英語式と同様のダブルクォートで代用する。JIS X 0213には鉤括弧の位置のものが収録されているが、始め・終わり(開き・閉じ、オコシ・ウケ)とも上に置く横書き専用のものも使われる[4]

ダブルミニュート[5]、ひげカッコ[6]、ちょんちょんカッコ[7]、ちょんちょん[8]、ノノカギなど、さまざまに呼ばれる。

Unicode(十進) JIS X 0213 文字参照 名称
〝□□〟 U+301D (12317) , U+301F (12319) 1-13-64, 1-13-65 〝 〟
〝 〟
(始め・終わり)ダブルミニュート
Reversed Double Prime Quotation Mark / Low Double Prime Quotation Mark
□□ U+301D (12317) , U+301E (12318) 1-13-64, -- 〝 〞
〝 〞
Reversed Double Prime Quotation Mark / Double Prime Quotation Mark

※ NHKテレビのニュース字幕では、変則的なダブルクォート(“ „)を用いている。

日本語における使い方[編集]

日本語において一般的な用法を挙げる。厳密な決まりはないため、書き手によって使い分けは異なる場合がある。

発言の提示[編集]

人物の発言部分は「 」を用い、 」の前には句点をつけない。

用例
彼は「括弧の使い方は難しい。様々な用法がある」と言った。

発言部分のみ段落を変えて示すこともあり、その際に文頭の字下げは行っても行わなくてもよく、文末に句点はつけない。

用例
彼は言った。
「括弧の使い方は難しい。様々な用法がある」
その通りである。

引用[編集]

  • 引用した文章は「 」で囲む。
  • 引用した文章に「 」が用いられている場合には「 」を、『 』“ ”に置き換える。
用例1
「お母さんが、『雨が降るから傘を持って行きなさい』と言ってたよ」
用例2
その評論家は「いずれ“真実”が明らかになる」と述べた。
  • 引用文中に筆者が補足を加える場合は、その部分を[ ]〔 〕で囲む。ただし、口頭での発言に筆者が補足を加える場合は、その部分を( )で囲む。
用例1
その辞書によると、引用符とは「文中において、[他の文や語を]引用していることを示す記号」のことである。
用例2
総理は会見で「来週中にも法案を(参議院に)送る」と述べた。
  • 引用文の一部を強調する場合は、その部分に傍点・傍線・下線・太字化などを施し、引用文の最後に( )を用いて引用者が強調した旨を記す。
用例
その辞書によると、引用符とは「文中において、[他の文や語を]引用していることを示す記号」のことである(太字は筆者)。
  • 引用文の一部を省略する場合は、3点リーダーを2つ並べた……を用いるか、角括弧を用いて[中略]のように表記する。

引用以外の用法:名称や題目の提示[編集]

  • ある作品が複数の作品から成り立っている場合、個々の作品の名称に「 」を、作品全体ないし作品集の名称に『 』を、それぞれ用いる。
用例
アルバム『アルファ』から「ベータ」をお聞きください。
  • 書物の場合、単行本雑誌新聞の題名などには『 』を用いる。単行本を構成する個々の作品名・雑誌論文名・新聞記事名などには「 」を用いる。
用例
「デルタ」は雑誌『イプシロン』にて絶賛連載中! 今夏には単行本『デルタ』の発売が予定されています。
  • 文学作品では、電話やテレビ等の機械を通した台詞に『 』を用いることがある。この場合、作品名や他人の言葉の引用は「 」で表記され、「 」『 』の立場が逆転する。
用例
『もしもし、俺だ。今日は「デルタ」の最新作が発売されるから、それを本屋で買って俺の所に来てくれないか? 妹が「欲しい」と言っていてな』

引用以外の用法:注意喚起・強調など[編集]

  • 「 」は注意喚起をしたい際や、いわゆるいわばというニュアンスで、言葉を文字通りに受け取ってはいけないということを示す際に用いる。名称に「 」を付け、相手はそう自称しているが自分は認めない、という意思表示をする場合もある[9]
用例1
ももいろクローバーZのパフォーマンスは「アイドル」の概念を覆した。
用例2
北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイルの発射が確認された。
  • 語句を強調する時に“ ”または〝 〟を用いることがある。また学術書では、キーワードや独自の定義で用いる語句を〈 〉や、さらに強調して《 》で囲むことがある。これらは全て併用することができるが、使い分けは書き手のニュアンスに任せられる。
用例
宣伝、広告は主にマスメディア、すなわち“プロフェッショナル”が主導権を握ってきた。ところが、近年はインターネットの〈口コミ〉が大きな影響力を持っている。いわば、アマチュアたちによる《広告活動》である。

備考[編集]

Unicodeでは、U+2019「’」の文字名称は「右シングルクォーテーションマーク」だが、アポストロフィーが統合されており、アポストロフィーとしても使う。U+0027「'」の文字名称が「アポストロフィー」となっているが、これはASCII/CCITTの文字名称を継承したに過ぎず、アポストロフィー(および引用符)としての利用は推奨されていない。

U+0027「'」やU+2018「‘」・U+2019「’」は、シングルクォート、アポストロフィーのほか、ロシア語ラテン化軟音符(U+02B9「ʹ」)、ハワイ語オキナ(U+02BB「ʻ」)、中国語ウェード式有気音の記号(U+02BB「ʻ」)、アラビア語ラテン化のハムザ (U+02BE「ʾ」)・アイン (U+02BF「ʿ」)などの代わりとして使われることがある。しかし、Unicodeではそれぞれ別の文字が用意されていてU+0027やU+2018・U+2019の使用は推奨されない。

一覧[編集]

各言語の引用符
言語 通常 代替 空白
第1引用 第2引用 第1引用 第2引用
アメリカ英語 “…” ‘…’ 1 - 2 ポイント
イギリス英語 ‘…’ “…” 1 - 2 ポイント
日本語 「…」 『…』
韓国 “…” ‘…’
北朝鮮 《…》 〈…〉
簡体字中国語 “…” ‘…’
繁体字中国語 「…」 『…』
アフリカーンス語 „…” ‚…’
アルバニア語 «…» ‹…› “…„ ‘…‚
ブルガリア語 „…“ ‚…‘
クロアチア語 »…« ›…‹
デンマーク語 »…« ›…‹ „…“ ‚…‘
オランダ語 „…” ‚…’ ”…” ’…’
ノルウェー語 «…» ‹…› “…” ‘…’
スウェーデン語 ”…” ’…’ »…» ›…›
フィンランド語 ”…” ’…’ »…» ›…›
エストニア語 «…» ‹…› „…“ ‚…‘
ラトビア語 «…» ‹…› „…“ ‚…‘
リトアニア語 „…“ ‚…‘ «…» ‹…›
フランス語 (3) « … » ‹ … › (1) “…” ‘…’ 1/4 em
ドイツ語 (3) „…“ ‚…‘ »…« ›…‹
ギリシャ語 «…» ‹…› “…„ ‘…‚ 1 ポイント
ハンガリー語 „…” »…«
アイスランド語 „…“ ‚…‘
アイルランド語 “…” ‘…’ 1 - 2 ポイント
イタリア語 (3) «…» “…” ‘…’ 1 - 2 ポイント
ポーランド語 „…” ‚…’ (2)(4) «…» (2)
ポルトガル語 «…» ‹…› “…” ‘…’ 0 - 1 ポイント
ポルトガル語 (ブラジル) “…” ‘…’ 0 - 1 ポイント
ルーマニア語 „…“ ‚…‘ «…» ‹…›
セルビア語 „…“ ‚…‘ »…« ›…‹
チェコ語 „…“ ‚…‘ »…« ›…‹
スロバキア語 „…“ ‚…‘ »…« ›…‹
スロベニア語 „…“ ‚…‘ »…« ›…‹
ソルブ語 „…“ ‚…‘
スペイン語 “…” ‘…’ «…» ‹…› 0 - 1 ポイント
スイス (3) «…» ‹…›
トルコ語 «…» ‹…› “…„ ‘…‚ 0 - 1 ポイント
アゼルバイジャン語 «…» ‹…› “…” ‘…’
ロシア語 «…» ‹…› „…“ ‚…‘ 1 ポイント
ウクライナ語 «…» ‹…› „…“ ‚…‘ 1 ポイント
ベラルーシ語 «…» ‹…› „…“ ‚…‘ 1 ポイント
  1. 長い引用では、開始引用符を各行のはじめに置く。
  2. 他の引用の中に使う。
  3. スイスでは、独仏伊3言語で同じ引用符を使う。
  4. まれに使う。

脚注[編集]

  1. ^ 共同通信社『記者ハンドブック』第12版 126ページ、時事通信社『最新用字用語ブック』第6版 495ページ
  2. ^ 『朝日新聞の用語の手引』(2010年)147ページ、『改定新版毎日新聞用語集』(2007年)447ページ、『読売新聞用字用語の手引』第3版 41ページ
  3. ^ 時事通信社『最新用字用語ブック』第6版 495ページ
  4. ^ 『校正記号の使い方 第2版 タテ組・ヨコ組・欧文組』21ページ
  5. ^ 増補改訂JIS漢字字典 798ページ
  6. ^ 『改定新版毎日新聞用語集』(2007年)447ページ
  7. ^ 『読売新聞用字用語の手引』第3版 41ページ
  8. ^ 『校正記号の使い方 第2版 タテ組・ヨコ組・欧文組』21ページ
  9. ^ 法政大学大原社会問題研究所の「IV 国鉄分割・民営化関連諸法の成立と新会社への移行準備」での「労働組合」、日本共産党ニセ「左翼」暴力集団の「左翼」の用法、日本国政府北朝鮮の発射したロケットについて、「北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射事案」と表現したこと、同じく「イスラーム国」表記などを参照。

関連項目[編集]