網掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

網掛け(あみかけ)とは、文字などの上に使用するモザイクのような模様である。文字の上に網掛けにすることで、文字を強調したり、文字を消す打ち消し線のような用途にして用いられる。また、地図グラフなどで単色表示時に色分けの代わりに用いられる。

模様は格子状だけでなく、横線、縦線、斜線の集合が用いられたり、点や丸などの記号の集合が用いられたりする。

白と黒の中間色の意味で用いられることもある。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2591 - ░
░
LIGHT SHADE
U+2592 - ▒
▒
MEDIUM SHADE
U+2593 - ▓
▓
DARK SHADE

関連項目[編集]