連綿体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
うつほ物語 (木版印刷)

連綿体 (れんめんたい) は、続け字の書体であり[1]、欧文書体のスクリプト体に相当する。元々、連綿体は手書き書体であり、行書体ベースのものと、草書体ベースのものが存在していた。その後、木版印刷にも使われた。

活版印刷時代より明朝体に取って代わられたため、使われる機会が少なくなったものの、年賀状や芸術などの用途で利用が続いている。また、コンピュータの時代となり、ゴシック体風や明朝体風の連綿体フォントも登場している。

連綿対応のフォント一覧[編集]

行書連綿体[編集]

  • シーアンドジイ
    • C&G流麗連綿体
  • Arphic Technology
    • AR祥南真筆行書連綿体
    • AR行楷連綿体
  • Adobe
    • かづらき (連綿は一部のみ)
  • 宇野由希子+山田和寛
    • こうぜい (通常では意連のみ、OpenTypeの合字機能により連綿に対応。カタカナ及び漢字未収録)

草書連綿体[編集]

  • 嵯峨本フォントプロジェクト
    • 嵯峨本フォント

明朝体風連綿体[編集]

  • モリサワ
    • みちくさ[2]

ゴシック体風連綿体[編集]

  • dwuk
    • IKれんめんちっく[3]

出典[編集]

  1. ^ 連綿体 コトバンク
  2. ^ モリサワ 2017年の新書体を発表 モリサワ 2017年7月28日
  3. ^ 英筆記体風に文字同士がつながる縦書き専用かなフォント「IKれんめんちっく」 2010年7月8日