フォントヒンティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上段が100%表示。下段は上段を400%に拡大表示したもの。1行目のヒンティング処理なしと2行目の処理ありでは各文字の高さや太さが同じように見えるよう調整されているのと同時にコントラストが向上し可読性が向上しているのがわかる。

フォントヒンティング(英:font hinting)とはアウトラインフォントビットマップ画像へとラスタライズを行う際の最適化技術である。

概要[編集]

ベクターデータであるアウトラインフォントをコンピュータディスプレイなどの低解像度でレンダリングする場合や、小さな文字サイズとして印刷した場合等には文字のラスタライズする際に用いられるピクセル数が少ないために文字のバランスや太さなどが適切に処理されない状況が発生する。

結果的にフォントが意図したとおりの表示にならず、不適切な表示になるのを避けるために与えられたのがヒンティング情報(またはヒンティングプログラム)である。

フォントラスタライザーは各フォントに与えられたヒンティング情報を元にコントラストや文字の高さや太さなどが文字間で同様になるように適切な調整を行った後にレンダリングを行う。 この処理により低解像度や小さな文字サイズでの使用時の可読性が向上する。

背景[編集]

アウトラインフォントが登場した初期は印刷用途に限定され、ディスプレイ表示にはビットマップフォントが用いられていた。

しかしWYSIWYGを実現するのためにディスプレイ表示でもアウトラインフォントを用いる要求が高まったが、印刷用のアウトラインフォントは高解像度での印刷に堪えるようにデザインされた高い装飾性を持っていた為にディスプレイに表示する場合にはその装飾性が余分な要素となり意図しない表示になることがあった。

そのために低解像度でのレンダリング時に高いデザイン性などの過剰要素を取り除いたり、アウトラインの位置をドットに合わせて移動するなどの最適化を行って可読性を高めるために実装されたのがフォントヒンティングである。

これにより印刷などの高解像度環境とディスプレイ表示などの低解像度環境で同じアウトラインフォントを使うことが可能になった。

関連項目[編集]