ラスタライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラスタライズ(rasterise、rasterisation)は、コンピュータグラフィックスにおいてラスタ形式以外のデータをラスタ形式に変換して画像化すること。

ドローあるいはCADデータのようなベクターイメージベクタ形式)や、TrueTypeのようなアウトラインフォントなどを変換して画像化することなどが例としてあげられる。ディスプレイ表示のためのラスタライズはオペレーティングシステムが行い、印刷のためのラスタライズはプリンタードライバが受け持っている。またラスタライズ機能を内蔵しているプリンターもある。

3次元コンピュータグラフィックスの場合、ポリゴンやその他形状データをフラグメントと呼ばれるピクセルデータに変換する作業をラスタライズと呼ぶ。

ソフトウェアラスタライザ[編集]

  • Mesa swrast
  • Mesa Softpipe
  • Mesa LLVMpipe - Softpipeのフォーク。バックエンドにLLVMを使用。
  • OpenSWR[1] - Intelが開発[1]
  • Windows Advanced Rasterization Platform (WARP) - Direct3D 11に含まれている。
  • SwiftShader - Google Chromeで使われている。
  • Yeti3D

関連項目[編集]