Computer Typesetting System

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Computer Typesetting System / Computerized Typesetting System(CTS)とは、電算写植(電算植字)システム、つまりコンピュータを使用した組版システムのことを言う。

また、「CTS」は、を溶かして作った活字を使う「Hot Type System」に対する意味として、「Cold Type System」の略とも言われる。

近年ではコンピュータを使用した組版のことを「DTP」と呼称するのが一般的だが、「CTS」という言葉を使う場合、特に新聞社や印刷会社などで使用する、素材の集配信から組版、出力までを含めた比較的大規模な組版システムのことを指す場合が多い。

関連項目[編集]