縦組み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縦組み(たてぐみ)とは、日本語組版において、文字の中心を縦方向に揃えて並べて版面を構成すること。 手書きの場合には縦書きという。

和文書体活字は、各文字が基本的に正方形なので、同じ活字で縦組と横組を使い分けることができる。(ただし、縦横両用の書体には表現力に限界があるとして、縦組/横組それぞれに特化して設計されたものもある)

このように同じ活字で縦組と横組を使い分けるのは日本語の特徴のひとつで、同様の処理が必要になる言語中国語など、主に漢字を使うものに限られる。

関連項目[編集]