小文字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

小文字(こもじ、lower case、minuscule、small letter)は、ギリシア文字やそれから派生した文字体系で、文頭、固有名詞のはじめなど以外に使う小ぶりの字形の文字である。もともとこれらの文字では大文字だけを使って記述してきたが、筆記を簡単にするために、角を丸めたりした文字から小文字が作られ、大文字と、ひとつの単語の中で混在して用いられるようになった。

大文字・小文字の区別がある文字体系は、ギリシア文字、ラテン文字キリル文字アルメニア文字デザレット文字などである。国際音声記号 (IPA) には小文字のみがある。

大文字に比べて副次的なイメージがあるが、実際には文章のほとんどは小文字で書かれる。大文字と小文字の使い分けについては大文字を参照のこと。

スモールキャピタルは、大文字と同じ字形で大きさがxハイト(小文字のxの高さ)の活字である。小文字と同様に使われるが、分野や用途によっては特別の意味があることがある。

大文字 スモールキャピタル 小文字
ラテン文字 ABCDEZHKLM abcdezhklm abcdezhklm
ギリシャ文字 ΑΒΓΔΕΖΗΚΛΜ αβγδεζηκλμ αβγδεζηκλμ
キリル文字 АВГДЕЗИКЛМ авгдезиклм авгдезиклм

ひらがなカタカナ拗音促音などを表す「」「」は「小書き(文字)」もしくは「捨て仮名」と呼ばれるが、これも小文字ということがある[1]。英語では small letter という。

脚注[編集]

  1. ^ 厳密には「ヶ」は仮名ではなく漢字「」の略体の一種。「ヵ」「ゖ」「ゕ」は仮名に分類されるが、本来「ヶ」から派生した特定の用途のための文字である。