製本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

製本(せいほん。: Bookbinding, PostPress)とは、印刷物接着剤針金・リング等で綴じて表紙をつけの形にすること。洋式の場合、上製本(本製本)と仮製本(並製本)があり、仮製本は耐久性が低い。

製本の際に印刷された紙を折り込んだものを「折り丁」という。また、ページの余白部分のうち綴じられる側を「のど」と呼び、これが見開き状態で中央にくる部分となる。製本の方式によってこの「のど」の余白部分として必要な量(「のどの開き」という)が異なってくるため、どのような綴じ方とするかはページレイアウトの点でも基本的な情報であり、綴じ方を決定したのちに最終的にページレイアウトが決定される。

製本が完全になされていない段階のものを入手し独自の製本を行い書庫を充実させていくといったことがヨーロッパでは行われている。

綴じ方[編集]

和式の場合は綴じ方が外部に見えるので装飾的な綴じが施されている(和装本、和綴)。

西洋式手製本[編集]

西洋には製本を手作業で工芸的に行なう伝統があり、一般にルリユール(フランス語)と呼ばれる[1]山羊仔牛の革を貼り、さまざまな装飾を加えて美しく飾り立てる工芸的な製本で、昔は職人が行なっていたが、現在は趣味のひとつとしても楽しまれている。ルリユール作家も世界中にいる。

こうした西洋における手製本の伝統は、キリスト教の出現により、神の言葉である聖書を大切に保存するために始まった。堅牢性から革で製本するだけでなく、信仰の重要性を印象付けるためにそれらを豪華に装飾することも始められた。イスラムでもコーランを美しく飾り立てる習慣があり、それがイベリア半島経由でフランスイタリアに伝わった。グーテンベルクの印刷術の発明で書物が大衆化すると、たくさんある中の「自分が所有する一冊」を際立たせるために、装飾に紋章が取り入れられ、所有者の個性を強調する装丁が生まれた。その後、贅沢を嫌うプロテスタントの諸国ではこうした豪華な製本が廃れたが、宮廷文化が華やかだったフランスではその伝統が生き残った[2]

なお、こうした美しい私家版が高値で取引される古書の世界においては、(当時の所有者を表す)紋章のあるなしが重要で、紋章のないものは一気に価値が落ちるという[3]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ルリユールとはkotobank
  2. ^ 『西洋製本図鑑』書評鹿島茂、雄松堂広報誌2009/01/30
  3. ^ The curious tale of the stolen booksBBC World Service, 24 April 2013

関連項目[編集]

外部リンク[編集]