竹簡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
上海博物館蔵戦国楚竹簡

竹簡(ちくかん)は、東洋においての発明・普及以前に書写の材料として使われた、で出来た札(簡)。木で作られたものを木簡という。ごく特殊な例として、封禅のためにで作成した「玉簡」も用いられた。公式文書では通常長さは一尺。紙普及後も、紙の代用として、あるいは荷札などの標識として長く用いられた。

簡をバラバラにならないようでまとめ、編むことを「書を編む、編集」といい、編まれた簡を「一編の書」といい、編まれた書を巻いたものを「一巻の書」という。また簡を紐で束ねたものを「一冊」とする。冊は板(簡)を紐で束ねた象形文字である。ちなみに板を束ねた(並べた)構造物を「柵」という。 一般に竹黄(竹の内側部分)を書写面とするが、竹青(竹の外側部分)に書写されている場合もある[1]

竹簡が利用されたのは古代のことではあるが、故事・成語などの中では書写素材としての竹簡は健在である。孔子易経を繰り返し読んで、綴じたひもが3回切れた故事から、本を熟読することを「韋編三絶」というが、「韋」とは「経」(たていと)に対する「緯」(よこいと)の意味で韋編とは横糸で綴じた編綴簡を意味する。革紐ではない。「韋編三絶」とは、何度も切れるほど『易経』を愛読したという意味である[2]。歴史に名を留めることを「名を竹帛に垂れる」というが、名が竹簡や絹に記され、残ることを表現したものである。小役人を刀筆の吏というが、この「刀」は簡を作ったり、削って文字を訂正するための小刀である。

紙の普及に伴い、中国では東晋桓玄の命によって公の場から竹簡が排除されたと言われている。だが、代わって竹で作られた紙である竹紙が作られ、現在も一部分野で用いられている。

遺跡等から出土して歴史文字等の重要な史料となっている。木簡(木牘)とを竹簡を合わせて「簡牘」 (zh:简牍と呼ぶ[3]

発掘・発見された竹簡とその価値[編集]

竹簡に記載された文字資料は、歴史研究的な価値はもちろんのこと、書家にとっても古代書体を見るための貴重な材料となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 陳偉 2016
  2. ^ 冨谷 2012 広辞苑の説明は不適当。
  3. ^ 簡牘”. 世界大百科事典 第2版(コトバンク所収). 2016年4月6日閲覧。
  4. ^ 陳偉 2016
  5. ^ 陳偉 2016
  6. ^ 陳偉 2016

参考文献[編集]

  • 胡平生、李天虹『長江流域出土簡牘与研究』湖北教育出版社、2004年、ISBN 7-5351-3970-1/G・3272
  • 冨谷至『木簡・竹簡の語る中国古代 書記の文化史』岩波書店(世界歴史選書)、2003年、ISBN 4-00-026846-5
  • 冨谷至『四字熟語の中国史』, 13-23p、岩波書店(岩波新書)、2012年、 ISBN 978-4004313526
  •  陳偉, 湯浅邦弘(監訳), 草野友子(訳) ,曹方向(訳) , 竹簡学入門 楚簡冊を中心として, 東方書店, 2016年, ISBN 9784497216137

関連項目[編集]

外部リンク[編集]