em (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

em(エム)は、欧文組版において使用される長さの単位である。和文組版では全角幅に相当する。

名称の由来は大文字Mで、Mの活字が縦横いっぱいの空間を占めることに由来するが、現代においては大文字のMの幅と等しいとは限らず、フォントによって特定の値に決められている[1]

全角のダッシュ(em-dash)は文中の区切りに使われる[2]

1em
1em
Wikipediaでの10em
10em
Wikipediaでの20em
20em
Wikipediaでの30em
30em

コンピュータ[編集]

CSSTeXなどの寸法は、ポイントピクセル数のような絶対値で指定する方法と、相対値で指定する方法があり、emは後者の相対的な単位にあたる。画面出力においては相対的な単位で指定することによってフォントの拡大・縮小に追随させることが可能になる[3]Webコンテンツのアクセスビリティガイドライン(WCAG)はテキストのリサイズが可能であることを求めており[4]、リサイズ可能なようにemで指定することが求められる[5]

TeXでは---で全角ダッシュを表す[2]。全角アキは\quadを使用する[6]

Unicodeでem幅が指定されている文字にはU+2001 EM QUAD、U+2003 EM SPACE、U+2014 EM DASHがある。EM DASHはWindows-1252コードページにも定義されていてよく使用される。日本のJIS X 0208で定義されている区点1-29(ダッシュ (全角))の記号がこれにあたるかどうかについてはダッシュ (記号)#全角ダッシュのマッピング問題を参照。

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2001 -  
 
EM QUAD
U+2003 -  
 
 
EM SPACE
U+2014 1-1-29 —
—
—
ダッシュ (全角)
EM DASH

脚注[編集]

  1. ^ クヌース 1989, p. 89.
  2. ^ a b クヌース 1989, p. 8.
  3. ^ 「CSS の値と単位」 『ウェブ開発を学ぶ』 MDN Web Docshttps://developer.mozilla.org/ja/docs/Learn/CSS/Building_blocks/Values_and_units 
  4. ^ “Resize text — Level AA”, How to Meet WCAG (Quick Reference), W3C Web Accessibility Initiative (WAI), https://www.w3.org/WAI/WCAG21/quickref/?showtechniques=144#resize-text 
  5. ^ 「達成基準 1.4.4: テキストのサイズ変更を理解する」 『WCAG 2.1 解説書』、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)訳、2019年3月6日https://waic.jp/docs/WCAG21/Understanding/resize-text.html 
  6. ^ クヌース 1989, p. 227.

参考文献[編集]

  • ドナルド・E. クヌース『TeXブック コンピュータによる組版システム』鷺谷光輝 訳、アスキー〈アスキー・電子出版シリーズ〉、1989年10月1日。ISBN 978-4756100108

関連項目[編集]

外部リンク[編集]