斜体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斜体(しゃたい、英:Oblique type)とは書体の形態のひとつで、「傾いた書体」のこと。斜字体とも。通常、水平線は水平のまま、垂直線を右に倒すように傾けてデザインしたものである。従って立体(正立した書体)とは対照的な字体である。

用途・使い方[編集]

欧文では、立体活字の文中の語句を強調・区別する目的で使用されているが、日本語の文章でもワードプロセッサ(ワープロ)の普及に伴い、強調や装飾などのために斜体の機能を使うことが増えた。一般的な使用パターンは存在するが、厳密な使用法が定められているわけではない。欧米文での斜体の一般的な使用法としては下記のようなものがある。

  • 語句の強調
  • 書名、雑誌名、新聞名等の引用。ただし章・節の見出しやタイトルには立体が用いられる。
  • 船の名称
  • 外国語
  • 専門用語などを取り上げそれについて解説する時のその当該語句。
  • 生物の2名法(界>門>綱>目>科>属>種のうち属および種の表記)。
  • 物理量や数学の変数として用いられる記号。
  • 引用元のWebページアドレス。

文全体が斜体になっている場合で、その中でまた斜体を使うことが必要な場合は、その語句は立体で表記する。

使用の有無や使用頻度、使用法は文献によって異なるが、学術論文や学術誌では比較的多く見られる。

今日では語句の強調に太字を使用したり、ワープロソフトの発達により斜体だけでなく様々な字体が使用されるようになっている。一方でWindows Vista 以降のマイクロソフト製 OS に標準で搭載されているメイリオにおいては、「欧文とは違い日本語には斜体を使う文化的背景がない」という理由から、日本語文字の斜体は用意されていない。メイリオの場合、文章をイタリックに指定しても、欧文は斜体になっても日本語部分は斜体にならない。

字形[編集]

一般に斜体の文字は右に傾けた形となるが、左側に傾けた斜体は左斜体とよぶ。

文字の傾きは、正立した書体を0度として、右に傾ける方向を正として角度で表現する。 日本語縦書き時の斜体は右上が上に上がった斜体を用いる。日本語の縦書きの文の中で英単語等をそのまま引用する場合は、その語句ごと90度回転させ、横書きのまま縦書きの文に組み込むこともある。

和文に斜体が用いられることは比較的稀(鉄道方向幕の「快速」表記など、スピード感を出す場合に使われることは多い)だが、欧文では頻繁に使用される。 欧文斜体はイタリック体(英:Italic type)と単純に右に傾けた字体であるオブリーク体(英:Oblique type[1]とに分類することができる。イタリック体の詳細はイタリック体を参照のこと。日本語の場合、イタリック体に相当するものはないので、ワープロソフトなどコンピュータ上での日本語文字の斜体は文字を機械的に傾けただけのオブリーク体である。

実例[編集]

立体
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ! ? \ $ % &
あ い う え お か き く け こ ざ じ ず ぜ ぞ ゃ ゅ ょ ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ ザ ジ ズ ゼ ゾ ャ ュ ョ
안 녕 하 세 요
Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω
斜体(オブリーク体)
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ! ? \ $ % &
あ い う え お か き く け こ ざ じ ず ぜ ぞ ゃ ゅ ょ ア イ ウ エ オ カ キ ク ケ コ ザ ジ ズ ゼ ゾ ャ ュ ョ
안 녕 하 세 요
Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 狭義の「斜体」は「オブリーク体」を指す。

関連項目[編集]