インキトラップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Bell Centennialで見られるインキトラップ。

インキトラップ: ink trap)は小さなフォントサイズで文字を印刷する際のために、書体フォント)に対して施される工夫のことである。ただし今日では、印刷技術の向上に伴い、本来の目的はほとんどが失われ、現在のインキトラップは装飾としての役割しか持たない[1]。日本語では、「墨とり」・「隅切り」・「切り込み」などと呼ばれ、定着した名称は存在しない[2]。インキトラップによって、字体の角や細部は簡略化されるが、文字が印刷される際、簡略化された部分にインキが自然に染み渡る。インキトラップを施さないと、過剰なインキが書体外へと染み渡り、書体の縁をだめにしてしまう[3]。インキトラップは小さいフォントサイズのみに施す必要がある。

多くの場合、インキトラップが施された書体は、新聞紙面でしか見ることができない。また、紙質の悪い電話帳[4]クラシファイド広告でも適切に使うことができる。一方で、インキトラップは印刷用の工夫であるため、ディスプレイでは見られず、また大きなフォントでも見ることができない。インキトラップが施されたフォントには、KurierBell CentennialTangなどがある[5]

出典[編集]

  1. ^ Rian Hughes. Typodiscography. Lulu.com. p. 294. ISBN 9781910870044. https://books.google.co.jp/books?id=VMtODAAAQBAJ&pg=PA294. 
  2. ^ サラマ・プレス倶楽部の皆さんのための活版印刷用語集”. 朗文堂 サラマ・プレス倶楽部. 2016年8月5日閲覧。
  3. ^ Heller, Steven; Pettit, Elinor (1998). Design dialogues. Allworth Communications, Inc. p. 32. ISBN 978-1-58115-007-0. 
  4. ^ John L Walters (2013-09-02). Fifty Typefaces That Changed the World: Design Museum Fifty. Hachette UK. p. 1984. ISBN 9781840916492. https://books.google.co.jp/books?id=vXIXAAAAQBAJ&pg=PA1984. 
  5. ^ This is Tang!”. Suomi Type Foundry (2004年). 2013年7月11日閲覧。