etaoin shrdlu

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1903年のニューヨークタイムズの紙面に登場したetaoin shrdlu(下から3行目)
1916年のデイ・ブック英語版の紙面における、etaoin shrdluを意図的に使用した例

etaoin shrdlu([ˈɛtiɔɪn ˈʃɜːrdl][1], [ˈtɑːn ʃrədˈl][2])とは、鋳造活字英語版組版を行なっていた時代に、組版職人の慣習から、英語の印刷物にしばしば登場した意味のないフレーズである。オックスフォード英語辞典ランダムハウスウェブスター完全版辞典英語版に掲載されている。これは、英語における文字の出現頻度の高い順に並べたものとほぼ一致する[3]

概要[編集]

ライノタイプのキーボード。etaoin / shrdlu / cmfwyp / vbgkqj / xzという配列が2回(左側の黒いキーは小文字、右側の白いキーは大文字)現れる。その間の青いキーは記号と数字用である。
キーボードの左側(小文字側)を拡大したもの。etaoin / shrdluという配列が左端にあるのが見える。

組版鋳造機のキーボード(ライノタイプやインタータイプなど)上の文字配列は、動作の効率化のために、左上から出現頻度の高い順に並んでいた。そのため、キーボードの左側から1列目・2列目が小文字のe-t-a-o-i-ns-h-r-d-l-uとなっていた。

打鍵操作をすると、ストックから活字の母型が、缶飲料の自動販売機のように垂直の筒の中を落ちてきて、一定の位置に順次置かれていく。一行分の組版が終わると鋳造部に移動し、活字合金が流し込まれて版が出来る。使用済みの母型は解版されて、各文字のストックに自動的に戻される。このとき母型の側面に刻まれた形状によって機械は自動的に文字を判別するようになっている。母型はレールに沿って移動し、対応する文字の箇所を通過するときにストックに戻される。そのため、文字の出現頻度順に並んでいれば、母型を戻す際の移動距離が短くなる。

入力ミスをしたときには、組版鋳造機の動作を止めて組み上がった活字母の間違った部分を外して手動でスロットに戻すよりも、意味のない文字列を入力して1行を完成させ、後でその行の活字だけを破棄した方が早くて楽だった。その際に、キーの列に沿って指を走らせて行の右端まで文字で埋めると、入力が簡単で、校正者が見つけやすいパターンとなる。このような行は校正の際に取り除かれることになっていたが、誤って印刷されてしまうことも時々あった。

ニューヨーク・タイムズ』の印刷工程における鋳造活字の使用の終焉(1978年7月1日)とコンピュータの導入を記録した、デイビット・ローブ・ワイス(David Loeb Weiss)によるドキュメンタリー映画のタイトルはFarewell, Etaoin Shrdlu(さよならEtaoin Shrdlu)だった[4][2]

組版以外での用例[編集]

このフレーズは、組版とは無関係の文脈でも時折用いられる。以下にその例を挙げる。

コンピュータ[編集]

文学[編集]

メディア[編集]

音楽[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語での訳題は、「エタオイン・シュルドゥル」(稲葉明雄訳、ハヤカワ・SF・シリーズ『わが手の宇宙』)、「諸行無常の物語」(小西宏訳、創元SF文庫『天使と宇宙船』)、「エタオインさわぎ」(星新一訳、サンリオSF文庫『フレドリック・ブラウン傑作集』)。
  2. ^ 日本語訳では「SHRDLUよ、人の巧みの慰みよ」

出典[編集]

  1. ^ “etaoin shrdlu”. Merriam-Webster. Encyclopædia Britannica. https://www.merriam-webster.com/dictionary/etaoin%20shrdlu 2018年12月21日閲覧。. 
  2. ^ a b Weiss, David Loeb (1978年7月1日). “Farewell, Etaoin Shrdlu”. New York Times. 2018年12月21日閲覧。
  3. ^ Stoddard, Samuel. “Letter Frequencies”. Fun With Words. RinkWorks. 2018年12月21日閲覧。
  4. ^ Farewell, Etaoin Shrdlu (Motion picture). New York City: Educational Media Collection/University of Washington. December 21, 2018閲覧.
  5. ^ Winograd, Terry. “How SHRDLU got its name”. Stanford University. 2018年12月21日閲覧。
  6. ^ Courtois, Jr., Garth (2008年8月7日). “Am I old enough to remember keypunch cards? Umm, yeah...”. ababsurdo.com. 2018年12月21日閲覧。
  7. ^ Weasel, Yah (2014年2月12日). “Let's Play Mavis Beacon Teaches Typing”. YouTube. 2018年12月21日閲覧。
  8. ^ a b c Quinion, Michael. “etaoin shrdlu”. World Wide Words. 2018年12月21日閲覧。
  9. ^ Scholz, Carter. “Radiance: A Novel”. 2018年12月21日閲覧。
  10. ^ Finney, Charles G. (1935). The Circus of Dr. Lao. Viking Press. ISBN 4-87187-664-0. 
  11. ^ Etain Shrdlu”. The New Yorker. 2018年12月21日閲覧。
  12. ^ It Can't Etaoin Shrdlu.”. The New Yorker (1936年10月31日). 2018年12月21日閲覧。
  13. ^ Shulman, Max (1944). Barefoot Boy with Cheek. Bantam Books. 
  14. ^ Shrdlu - An Affectionate Chronicle. Washington, DC: National Press Club. (1958). http://pressblog.org/shrdlu/ 2018年12月21日閲覧。. 
  15. ^ The Complete Crumb Comics”. 2018年12月21日閲覧。
  16. ^ Etaoin performed by Dallas Roberts”. Popisms. 2018年12月21日閲覧。
  17. ^ Songs and music featured in House of Cards S2 E10 Chapter 23”. Tunefind (2014年2月14日). 2018年12月21日閲覧。

関連項目[編集]