ゲーデル、エッシャー、バッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゲーデル、エッシャー、バッハ - あるいは不思議の環』(ダグラス・ホフスタッター著、野崎昭弘はやしはじめ柳瀬尚紀 訳、原題は Gödel, Escher, Bach: an Eternal Golden Braid)は、1979年に米国で刊行された一般向けの科学書。単に GEB とも呼ばれる。(邦題では『ゲーデル,エッシャー,バッハ』と「,」が使われる)

1985年白揚社から日本語訳が発行され、1980年代後半から90年代前半にかけて日本でも小ブームが起きた。1980年ピューリッツァー賞受賞。


書誌情報[編集]

  • ダグラス・R・ホフスタッター『ゲーデル、エッシャー、バッハ――あるいは不思議の環』野崎昭弘はやしはじめ柳瀬尚紀訳、白揚社、1985年5月。ISBN 4-8269-0025-2
  • ダグラス・R・ホフスタッター『ゲーデル、エッシャー、バッハ――あるいは不思議の環』野崎昭弘はやしはじめ柳瀬尚紀訳、白揚社、2005年10月、20周年記念版。ISBN 4-8269-0125-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]