サンリオSF文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンリオSF文庫(サンリオ エスエフ ぶんこ)は、サンリオ1978年から1987年にかけて刊行していた文庫SF叢書

概要[編集]

1978年7月25日に、アーシュラ・K・ル=グイン『辺境の惑星』、フィリップ・K・ディック『時は乱れて』、ウィリアム・S・バロウズ『ノヴァ急報』、レイ・ブラッドベリ『万華鏡』など6冊を発行して刊行を開始。1987年8月20日のフィリップ・K・ディック『アルベマス』まで、全197冊が刊行された。創刊時の編集者は佐藤守彦、顧問に山野浩一。2代目で終刊時の編集者は西村俊昭

先発の創元SF文庫ハヤカワ文庫SFによって主流作家の主要作品がすでに刊行されていたため、知名度の低い作家の作品や、著名作家であっても知名度の低い作品の出版が中心であった。このため、商業的には苦戦を強いられることとなった。

ニュー・ウェーブ作品、女性作家のSF作品、英米以外のSF作品、SF以外の怪奇小説ファンタジーミステリーなどの幅広いジャンルの作品を刊行していることもこの文庫の特徴となっている。SF作品では、1982年に映画『ブレードランナー』が公開されカルト的人気を集めたフィリップ・K・ディック作品の刊行が21冊と最も多く、特に後期になるにつれ新刊はディック作品が中心となった。

宣伝活動[編集]

発刊当初は先発の創元SF文庫、ハヤカワ文庫SFとの衝突を避け、ほとんど宣伝を行わなかったが、売上が伸びだした1980年夏に2億円の予算を組み、本格的な宣伝活動が開始された[1]

装丁[編集]

装丁は、全ての文字の書体にゴシック体を用いるなど、一定のフォーマットに統一されていた。コート紙のカバーは、表紙の全面にイラストをあしらい、上部中央に書名や著者などが配されていた。イラストは加藤直之、角田純男、木嶋俊らによるもので、シュールリアリスティックなものが多かった。

カバーの背にはタコ型火星人のマークと番号が付されていた。番号は、刊行順に作家ごとに割り振られた数字と、作家別に刊行順に割り振られたアルファベットの組み合わせからなるものであった(例えば、3-Fは、ディックのサンリオSF文庫で6番目に刊行された作品を指す)。

廃刊後[編集]

本文庫の刊行作品は、本文庫の廃刊後には他社の文庫(ハヤカワ文庫創元SF文庫ちくま文庫)で新版刊行されたり、単行本として出されたものも多い。なお一部は近年、新訳で文庫刊行されている。

マニアックな作品もあるので、未刊行のまま入手が困難となっている文庫も多い。このため古書としては、数千円から1万円前後で取引されているものもある。

2014年には、シリーズ全冊を解説した『サンリオSF文庫総解説』(牧眞司大森望編、本の雑誌社)が刊行された。同書は2015年第46回星雲賞ノンフィクション部門を受賞。

サンリオ文庫[編集]

サンリオからは一般文庫のサンリオ文庫も刊行されており、当初はサンリオSF文庫から刊行されたジャンルの作品であっても、後にはサンリオ文庫から刊行されているものもある。たとえば、ジョン・コリアの『奇談集』はサンリオSF文庫から刊行されたが、続刊の『奇談集II』はサンリオ文庫に収録されている。

刊行書一覧[編集]

  • フリッツ・ライバー『ビッグ・タイム』 (1-A)
  • フリッツ・ライバー『妻という名の魔女たち』 (1-B)
  • フリッツ・ライバー『バケツ一杯の空気』 (1-C)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『辺境の惑星』 (2-A)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『天のろくろ』 (2-B)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『ロカノンの世界』 (2-C)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『幻影の都市』 (2-D)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『マラフレナ(上)』 (2-E)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『マラフレナ(下)』 (2-F)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『コンパス・ローズ』 (2-G)
  • アーシュラ・K・ル=グイン『夜の言葉』 (2-H)
  • フィリップ・K・ディック『時は乱れて』 (3-A)
  • フィリップ・K・ディック『死の迷宮』 (3-B)
  • フィリップ・K・ディック『暗闇のスキャナー』 (3-C)
  • フィリップ・K・ディック『流れよ我が涙、と警官は言った』 (3-D)
  • フィリップ・K・ディック『ヴァリス』 (3-E)
  • フィリップ・K・ディック『聖なる侵入』 (3-F)
  • フィリップ・K・ディック、ロジャー・ゼラズニー『怒りの神』 (3-G)
  • フィリップ・K・ディック『銀河の壺直し』 (3-H)
  • フィリップ・K・ディック『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディックⅠ』 (3-I)
  • フィリップ・K・ディック『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディックⅡ』 (3-J)
  • フィリップ・K・ディック『最後から二番目の真実』 (3-K)
  • フィリップ・K・ディック『ティモシー・アーチャーの転生』 (3-L)
  • フィリップ・K・ディック『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディックⅢ』 (3-M)
  • フィリップ・K・ディック『ザ・ベスト・オブ・P・K・ディックⅣ』 (3-N)
  • フィリップ・K・ディック『テレポートされざる者』 (3-O)
  • フィリップ・K・ディック『あなたを合成します』 (3-P)
  • フィリップ・K・ディック『シミュラクラ』 (3-Q)
  • フィリップ・K・ディック『虚空の眼』 (3-R)
  • フィリップ・K・ディック『アルファ系衛星の氏族たち』 (3-S)
  • フィリップ・K・ディック『ブラッドマネー博士』 (3-T)
  • フィリップ・K・ディック『アルベマス』 (3-U)
  • ケイト・ウイルヘルム『カインの市』 (7-A)
  • ケイト・ウイルヘルム『クルーイストン実験』 (7-B)
  • ケイト・ウイルヘルム『杜松の時』 (7-C)
  • ケイト・ウイルヘルム『鳥の歌いまは絶え』 (7-D)
  • ハリイ・ハリスン『ステンレス・スチール・ラット』 (9-A)
  • ハリイ・ハリスン『囚われの世界』 (9-B)
  • ハリイ・ハリスン『ステンレス・スチール・ラットの復讐』 (9-C)
  • ハリイ・ハリスン『ステンレス・スチール・ラット世界を救う』 (9-D)
  • ハリイ・ハリスン『大西洋横断トンネル、万歳!』 (9-E)
  • ハリイ・ハリスン『ステンレス・スチール・ラット諸君を求む』 (9-F)
  • ハリイ・ハリスン『ステンレス・スチール・ラット大統領に』 (9-G)
  • ロバート・シルヴァーバーグ『大地への下降』 (10-A)
  • ロバート・シルヴァーバーグ『確率人間』 (10-B)
  • ロバート・シルヴァーバーグ『内死』 (10-C)
  • ロバート・シルヴァーバーグ『内側の世界』 (10-D)
  • サキ『ザ・ベスト・オブ・サキ』 (11-A)
  • サキ『ザ・ベスト・オブ・サキ2』 (11-B)
  • ナターリャ・ソコローワ『旅に出る時ほほえみを』 (13-A)
  • ドナルド・バーセルミ『口に出せない習慣、奇妙な行為』 (15-A)
  • ドナルド・バーセルミ『罪深き愉しみ』 (15-B)
  • ドナルド・バーセルミ『アマチュアたち』 (15-C)
  • リチャード・カウパー『クローン』 (17-A)
  • リチャード・カウパー『大洪水伝説』 (17-B)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『天国の顔』 (タルタロスの世界I) (19-A)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『地獄の幻影』 (タルタロスの世界II) (19-B)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『無限の煌き』 (タルタロスの世界III) (19-C)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『ハルシオン・ローレライ』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険1) (19-D)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『ラプソディー・イン・ブラック』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険2) (19-E)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『プロミスト・ランド』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険3)』 (19-F)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『パラダイス・ゲーム』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険4)』 (19-G)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『フェンリス・デストロイヤー』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険5)』 (19-H)
  • ブライアン・M・ステイブルフォード『スワン・ソング』 (宇宙飛行士グレンジャーの冒険6)』 (19-I)
  • デイヴィット・ジェロルド『ムーンスター・オデッセイ』 (20-A)
  • デイヴィット・ジェロルド『H・A・R・L・I・E』 (20-B)
  • トマス・M・ディッシュ『334』 (22-A)
  • トマス・M・ディッシュ『歌の翼に』 (22-B)
  • トマス・M・ディッシュ『キャンプ・コンセントレーション』 (22-C)
  • サミュエル・R・ディレーニ『時は準宝石の螺旋のように』 (24-A)
  • サミュエル・R・ディレーニ『エンパイア・スター』 (24-B)
  • サミュエル・R・ディレーニ『アプターの宝石』 (24-C)
  • ジャック・ステルンベーグ『五月革命'86』 (25-A)
  • ピーター・ディキンスン『緑色遺伝子』 (26-A)
  • ピーター・ディキンスン『キングとジョーカー』 (26-B)
  • ピーター・ディキンスン『生ける屍』 (26-C)
  • ロザリンド・アッシュ『蛾』 (30-A)
  • ロザリンド・アッシュ『嵐の通夜』 (30-B)
  • ロイド・ビッグルJr.『暗黒のすべての色』 (ダーゼック・シリーズ)』 (31-A)
  • ロイド・ビッグルJr.『暗黒の監視人』 (ダーゼック・シリーズ)』 (31-B)
  • ロイド・ビッグルJr.『この暗黒化する宇宙』 (ダーゼック・シリーズ)』 (31-C)
  • ロイド・ビッグルJr.『沈黙は死の匂い』 (ダーゼック・シリーズ)』 (31-D)
  • ロイド・ビッグルJr.『時の復讐』 (ダーゼック・シリーズ)』 (31-E)
  • ラングドン・ジョーンズ編『新しいSF』 (33-A)
  • ラングドン・ジョーンズ『レンズの眼』 (33-B)
  • ヴァージニア・キッド編『女の千年王国』 (34-A)
  • ディディエ・マルタン『飛行する少年』 (35-A)
  • ミシェル・ジュリ『不安定な時間』 (36-A)
  • ミシェル・ジュリ『熱い太陽、深海魚』 (36-B)
  • ロジャー・ゼラズニイ『影のジャック』 (38-A)
  • ロジャー・ゼラズニイ『わが名はレジオン』 (38-B)
  • ロジャー・ゼラズニイ『ロードマークス』 (38-C)
  • ウイリアム・コッツウインクル『バドディース先生のラブ・コーラス』 (40-A)
  • フィリップ・キュヴァル『愛しき人類』 (41-A)
  • クリストファー・プリースト『伝授者』 (43-A)
  • クリストファー・プリースト『逆転世界』 (43-B)
  • クリストファー・プリースト編『アンティシペイション』 (43-C)
  • ジョージ・ゼブロウスキー『灰と星』 (オメガ・ポイント三部作)』 (44-A)
  • ジョージ・ゼブロウスキー『オメガポイント』 (オメガ・ポイント三部作)』 (44-B)
  • マイクル・コニイ『ブロントメク!』 (45-A)
  • マイクル・コニイ『ハローサマー、グッドバイ』 (45-B)
  • マイクル・コニイ『冬の子供たち』 (45-C)
  • マイクル・コニイ『カリスマ』 (45-D)
  • 老舎『猫城記』 (46-A)
  • ブライアン・W・オールディス『手で育てられた少年』 (47-A)
  • ブライアン・W・オールディス『兵士は立てり』 (47-B)
  • ブライアン・W・オールディス『世界Aの報告書』 (47-C)
  • ブライアン・W・オールディス『マラキア・タペストリ』 (47-D)
  • ブライアン・W・オールディス『突然の目覚め』 (47-E)
  • アントニイ・バージェス『ビアドのローマの女たち』 (48-A)
  • アントニイ・バージェス『アバ・アバ』 (48-B)
  • アントニイ・バージェス『どこまで行けばお茶の時間』 (48-C)
  • ジョン・ソール『殉教者聖ペテロの会』 (49-A)
  • マーガレット・セントクレア『どこからなりとも月にひとつの卵』 (50-A)
  • フレデリック・ターナー『二重の影』 (53-A)
  • ピエール・プロ『この狂乱するサーカス』 (54-A)
  • キリン・ボンフィリオリ『深き森は悪魔のにおい』 (55-A)
  • アンナ・カヴァン『愛の渇き』 (56-A)
  • アンナ・カヴァン『ジュリアとバズーカ』 (56-B)
  • アンナ・カヴァン『氷』 (56-C)
  • ボブ・ショウ『メデューサの子ら』 (57-A)
  • ボブ・ショウ『去りにし日々、今ひとたびの幻』 (57-B)
  • ボブ・ショウ『おれは誰だ?』 (57-C)
  • ボブ・ショウ『眩暈』 (57-D)
  • ボブ・ショウ『見知らぬ者たちの船』 (57-E)
  • J・G・バラード『夢幻会社』 (59-A)
  • J・G・バラード『ザ・ベスト・オブ・J・G・バラードⅠ』 (59-B)
  • サム・J・ルンドヴァル『2018年キング・コング・ブルース』 (60-A)
  • トム・リーミイ『沈黙の声』 (63-A)
  • トム・リーミイ『サンディエゴ・ライトフット・スー』 (63-B)
  • ハリイ・ハリスン、ブライアン・W・オールディス編『ベストSF 1』 (70-A)
  • イアン・ワトスン『マーシャン・インカ』 (71-A)
  • イアン・ワトスン『ヨナ・キット』 (71-B)
  • キット・リード『ドロシアの虎』 (73-A)
  • D・G・コンプトン『人生ゲーム』 (74-A)
  • ピエール・クリスタン『着飾った捕食家たち』 (75-A)
  • ゴードン・ウィリアムズ『マイクロノーツ』 (76-A)
  • デイヴィッド・ウイングローブ編『最新版SFガイドマップ 入門歴史編』 (78-A)
  • デイヴィッド・ウイングローブ編『最新版SFガイドマップ 作家名鑑編 上 《A~L》』 (78-B)
  • デイヴィッド・ウイングローブ編『最新版SFガイドマップ 作家名鑑編 下 《M~Z》』 (78-C)
  • ロン・ハバード『奪われた惑星』 (バトルフィールド・アース1) (79-A)
  • ロン・ハバード『人類からの使者』 (バトルフィールド・アース2)』 (79-B)
  • ロン・ハバード『テレポーテーション作戦』 (バトルフィールド・アース3)』 (79-C)
  • ロン・ハバード『侵略惑星サイクロの謎』 (バトルフィールド・アース4)』 (79-D)
  • ロン・ハバード『宇宙戦艦キャプチュア』 (バトルフィールド・アース5)』 (79-E)
  • ロン・ハバード『地球よ、銀河に甦れ』 (バトルフィールド・アース6)』 (79-F)
  • A・C・クリスピン『V 上』 (82-A) - SFテレビドラマ『V』の小説化作品
  • A・C・クリスピン『V 下』 (82-B)
  • R・A・ラファティ『悪魔は死んだ』 (83-A)
  • R・A・ラファティ『イースターワインに到着』 (83-B)
  • ロバート・アダムス『ホースクラン登場』 (ホースクラン1) (84-A)
  • ロバート・アダムス『ホースクランの剣』 (ホースクラン2) (84-B)
  • ロバート・アダムス『ホースクランの復讐』 (ホースクラン3) (84-C)

脚注[編集]

  1. ^ 「サンリオ(中)映画進出で宣伝学ぶ(こちら宣伝部)」『日経産業新聞』1981年11月11日付、20頁。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]