サンリオアニメフェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サンリオアニメフェスティバルは、1989年から1991年まで、および1996年サンリオが製作した子供向けアニメーション映画を3本立て同時上映で劇場公開したときのタイトルである。

上映作品は第4回を除き、いずれもサンリオキャラクター童話の主人公を演じる作品であるが、作品を見た子供がキャラクターのイメージを壊さないようになどの理由から、ストーリーに脚色が加えられていることがある。第4回を除き、各アニメパートの冒頭および末尾において司会者として、タキシードサムのサムとチップが登場する。また、オープニング映像にはキティを初め、さまざまなサンリオキャラクターも登場する。

劇場映画としての上映は1991年で一旦終了したが、サンリオはその後もOVAとして同種のアニメ(サンリオ世界名作映画館シリーズ)を製作している。

第1回[編集]

1989年7月22日、全国東宝洋画系58館で公開。サンリオは1975年の映画製作の進出以来24本の映画を製作してきたが、累計50億円の赤字を計上していた[1]妖精フローレンスを最後に一時期映画事業から撤退していたが、 ドラえもん映画作品が安定して好評を博す状況などから、アニメ映画市場の拡大が見込めるとして映画制作を再開[1]、サンリオの4年ぶりの新作映画として発表された。アニメーション映画を通じて上映当時建設中の多摩サンリオコミュニケーションワールド(現サンリオピューロランド)やサンリオキャラクターの宣伝と知名度向上が狙いだった[1]。サンリオキャラクターが主人公の劇場アニメーション映画はこれが初めて。3作計で総制作費は1億7000万円[1]。50万人近い観客動員数を記録した。

第2回[編集]

1990年7月21日公開。

第3回[編集]

1991年7月20日公開。配給収入3億円[2]

  • けろけろけろっぴの三銃士
  • ハローキティの魔法の森のお姫さま
  • たあ坊竜宮星大探険 - 乙姫様が登場するなど浦島太郎をモチーフにしているが、宇宙活劇に改変されている。

第4回[編集]

1996年1月13日公開[3]。4年半ぶりの劇場公開。これまでの世界名作とは異なり、オリジナルストーリとなっている。

  • ハローキティのみんなの森をまもれ!
  • けろけろけろっぴのびっくり!おばけやしき
  • バッドばつ丸のオレのポチは世界一[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “サンリオ、映画製作を再開――世界の名作童話をアニメ化。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 6. (1989年4月18日) 
  2. ^ 「日本映画フリーブッキング作品配給収入」、『キネマ旬報1992年平成4年)2月下旬号、キネマ旬報社1992年、 143頁。
  3. ^ ハローキティのみんなの森をまもれ!(1996)”. 株式会社スティングレイ(allcinema). 2016年11月10日閲覧。
  4. ^ バッドばつ丸のオレのポチは世界一(1996)”. 株式会社スティングレイ(allcinema). 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ バッドばつ丸のオレのポチは世界一(1996)”. 株式会社エイガ・ドット・コム(映画.com). 2016年11月10日閲覧。