アグレッシブ烈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アグレッシブ烈子
Aggretsuko
名称 アグレッシブ烈子
英語名称 Aggretsuko
モチーフ レッサーパンダ
発売年 2015年
デザイナー Yeti[1]
キャラクター大賞順位 20位(第33回)[1]
誕生日 11月6日
備考 2016年サンリオキャラクター大賞の新人賞を獲得。
公式サイト アグレッシブ烈子
テンプレートを表示

アグレッシブ烈子(アグレッシブれつこ、: Aggretsuko)は、サンリオのキャラクター。

概要[編集]

2015年に、サンリオが開催した「キャラリーマン総選挙」で8位に入賞しデビュー[2]

OLで働く烈子が、上司や同僚の行動に不満を抱きつつも言い返せず、カラオケでデスメタルを歌い鬱憤を晴らす様子を描く。

海外では「Aggretsuko」のタイトルで配信され、欧米でも同じように職場にストレスを溜めている女性からの支持を集めている[3][4]。また、メタルと日本文化のコラボレーションも、海外での人気の要因となっている[5]

登場キャラクター[編集]

括弧内はモデルになった動物。

烈子(レッサーパンダ
声 - Kaolip/(デスボイス時[注釈 1]ラレコ
本作の主人公。キャラリーマン商事株式会社の経理部に勤務するレッサーパンダのOL。誕生日は11月6日で星座は蠍座。血液型はA型。毎日無茶な仕事を押し付けてくる上司や自分勝手な同僚に振り回される現実と、憧れの会社で華の丸の内OL生活を送りたい願望に挟まれる日々を過ごしており、表には出さないものの深いジレンマを常に抱えている。
上司の理不尽な振る舞いや同僚の一方的な発言などに対して自分から言い返せず、そこからストレスがひどく溜まっていて、苛立ちや怒りが頂点に達した際はデスメタルを歌う形で内心を披露する[注釈 2]。デスメタルを歌う時は表情がコープス・ペイント風の顔つきへと一変し、感情の度合いによって涙が加わることがある。
また、どうしても耐え切れない時は、会社のトイレやカラオケ店で一人デスメタルを歌ってストレスを発散している。
これらのことから、内気で根が暗いように思われがちだが、同僚社員と飲み会を開いて会社の上司に対する愚痴を零し合ったり、アニメでは、女性社員のガールズトークに参加していたりなど、ごく普通の一般的な成人女性の一面もある。
勤務会社に同じく通勤するレッサーパンダのれさすけさんに片思いしている。Netflix版では両思いの関係まで発展したが、ある出来事が原因で最終的に彼にデスメタルを披露する形で別れることになった。
実は彼女のデスメタル熱唱は祖母ゆずりであり、彼女の祖母も苛立ちや怒りが頂点に達した際は表情が烈子と同じものへ変貌しデスメタルを披露する。
鷲美(ワシ
声 - 小岩崎小恵
キャラリーマン商事株式会社の社長秘書を務める美人ヘビクイワシ。仕事は優秀で社長の痒い所に手が届く敏腕振りを示しているが、その反面で社長自身の人使いの荒さとメンタルの弱さに辟易している。
勤務時間はクールに振る舞うがプライベートは派手さが目立つ。実は烈子と交流関係にあり、同時にヨガ教室へ通う生徒仲間の間柄で親友でもある。
鷲子というCAをしている妹がいて、姉同様派手好き。
鳥ではあるが人のように歯が生え揃っており、睡眠中は歯ぎしりを起こす。
ゴリ部長(ゴリラ
声 - 鶴田真希
マーケティング部門に所属・勤務するゴリラの女部長。コンサバファッションでオシャレを決めているが、外見が厳ついことにより周囲からいじられており、家に帰っては枕を濡らす毎日を過ごす。
見た目の迫力とは裏腹に意外なほどの繊細な心の持ち主。このために思ったことを言えないことが多く、烈子とはシンパシーを持ち合える唯一の共有関係にある。
鷲美とは勤務する会社での間柄だけでなく、プライベートや習い事においても交流関係の深さを見せており、同じく烈子とはヨガ教室の生徒仲間で親友。
社長(ゾウ
キャラリーマン商事株式会社の2代目社長であるアフリカゾウ。新しいことを取り入れてこの会社を大きくした功績を持つ。しかし父親と自分を比べてしまっている節があり、周りが見えていないことも。また、明らかに必要のない企画ばかり考えるため、トン部長には迷惑がられていたり、鷲見に一蹴されたりしている。
トン部長(
声 - 荒井聡太
経理部部長の豚。種別はデュロック種。機嫌がいい日と悪い日があり、特に機嫌がいい時は逆に部下たちから恐れられている。ゴルフ飲み会をこよなく愛している汗っかき。経理部なのにも関わらず、機械類の扱いはあまり得意ではなく、計算の際にも表計算ソフトは使わず十露盤を用いている。十露盤を用いた作業スピードは非常に速く、パソコンを用いて作業をしている烈子やフェネ子よりも速い。Netflix版では、とある出来事から烈子のことを「腰掛け」と呼んでいる。また、双子の娘がおり、彼女らは社長の屋台企画の際に登場した。
ヤギュウ課長(バッファロー
声 - 加藤慎吾
経理部課長のバッファロー。ずさんなスケジュール管理で締切間近の仕事を部下に押し付けるダメ課長。それなのに定時退社を守る。
小宮係長(ミーアキャット
声 - 荒井聡太
上昇志向が高い嫌味なミーアキャット。上の立場の者には媚びへつらい、部下には偉そうにしている。
坪根さん(コモドオオトカゲ
声 - 鶴田真希
経理部のお局。理不尽に怒ることが多く、Netflix版では事あるごとに佃煮が入った瓶のふたを部下に開けさせようとする。自分で開けようとして手首を粉砕骨折したことがある。
カバ恵(カバ
声 - 高橋ゆき
とにかく明るいカバの女性社員。飛び跳ねると会社ビル全体が揺れる。子持ちであり、よく子供の写真を見せてくる。Netflix版ではスパイ容疑で身柄を拘束されたことがある。
カラ姐(カラカル
マーケティング部に勤務するカラカルのキャリアウーマン。淡々と仕事をこなし、育児もこなせることから社員たちに頼られている。洋画吹替のような会話が特徴。
角田(レイヨウ
声 - 井上里奈
マーケティング部所属の新入社員のトムソンガゼルのOL。誰からも好かれるように可愛く振る舞う計算高い性格で、他の女性社員からの反感も気にしない。ハッシュタグとラテが大好き。
フェネ子(フェネック
声 - 井上里奈
烈子と同期のフェネックギツネのOL。烈子とは愚痴を言い合える友人関係にある。頭の回転が速く、推理や分析が得意。
ハイ田(ハイエナ
声 - 加藤慎吾
烈子と同期のハイエナ。上司を褒めることで自分を気に入ってもらおうとしていることを上手く生きる術だと思っている。「しゃくれ」にコンプレックスを持っており、それに似た言葉を聞くと反応してしまう。
大上さん(タテガミオオカミ
烈子の後輩。最低限のエネルギーで仕事をしている。
寺田さん(ラーテル
仕事をしている姿を誰も見たことがないラーテル。
アダチさん(ダチョウ
マーケティング部に勤務するダチョウのOL。上の者には媚び、下の者には見下すタイプ。
ヨコサワさん
声 - 横澤夏子[6]
ウーパールーパーのOL。人の話を聞かないタイプ。
真城さん(アルマジロ
ネガティブな性格のアルマジロのOL。「そんなわけあるまじろ…」、「いいところなんてないまじろ…」が口癖。
わらびださん(クアラッカワラビー
派遣社員のクアラッカワラビーのOL。女子力が高く、優しい笑顔で社員たちから好かれている。
トッティ
広報部に勤務する海外帰りのハリネズミ。あまりに小さいため後輩に踏みつぶされそうになると上手くすり抜ける。行動力があり、部下の相談にも親身になって聞いてくれる。趣味はボルダリング
穴井くん(アナグマ
新卒新入社員で経理部所属。挨拶や身振りなどはしっかりした社会人の様だが、失敗が多く事あるごとに作業の確認を取るため、烈子には迷惑がられている。Netflix版では、何かちょっとした注意をされるとそれに過剰反応し、数時間後、注意した相手に「質問状」という、注意したことに関する批判と、注意者のその批判に対する意見を求める文章のメールを送り付けてくる。「質問状」は半ば脅迫的で恐ろしい文面であり、トン部長も泣かせるほどである。いわゆる「褒めると伸びる子」であり、優しく指導してくれるカバ恵には頬を染めて静かに言う事を聞いていた。
胡麻川さん(ゴマフアザラシ
新卒新入社員。天然ボケを連発する。Netflix版では、設定が異なり、シーズン2の冒頭で寿退社した。
れさすけさん(レッサーパンダ)
声 - 加藤慎吾
営業部に所属するレッサーパンダの男性。25歳。烈子に片思いされている。烈子の視点からは美化されて描かれていることが多いが、実際は塩顔のフツメンである。
新井さん
アライグマの社員。外見から、烈子が間違われて迷惑。
ヨガインストラクターの先生
烈子たちが通うヨガ教室のインストラクターであるカンガルー。性別も年齢も不詳。「プロテイン」が口癖で、実際よく飲んでいる。
カフェ店員
ゴリ部長が気になっているカフェの店員のマンドリル。寡黙な性格。コーヒーに詳しそうだがそうでもなく、紅茶派。劇団員でもある。
プー子
声 - 井上里奈
Netflix版に登場する烈子の友人。日本で半年バイトをし、お金を貯めては海外に出かけている。現在はプー子の先輩と輸入雑貨屋を営んでいる。
烈子母
声 - 鶴田真希
Netflix版に登場する烈子の母親。おせっかいな性格で、烈子には鬱陶しく思われている。

テレビアニメ[編集]

2016年4月2日よりTBSテレビ他にて『王様のブランチ』内のコーナーアニメとして2018年3月31日まで放送された[2]。1話約1分で、全100話。

2018年8月18日にTBSチャンネル2で一挙放送を実施[7][8]。以後TBSチャンネル1・2で不定期で放送されている。TBSチャンネルでは、全100話を10話ずつにまとめたものを全10話として放送。

監督はラレコ、アニメーション制作はファンワークスが担当。

各話リスト[編集]

サブタイトルはDVD及びTBSチャンネルでの放送時にのみ併記。

話数 サブタイトル 放送日
episode1 ストレス発散 2016年
4月2日
episode2 カバ恵 4月9日
episode3 坪根 4月23日
episode4 ヨガ教室 4月30日
episode5 飲み会の憂鬱 5月7日
episode6 謎のインストラクター 5月14日
episode7 日々の癒やし 5月21日
episode8 満員電車の君 5月28日
episode9 カバ恵のお見舞い 6月4日
episode10 楽しい残業 6月11日
episode11 ゴリ部長の恋愛模様 6月18日
episode12 かわいい後輩 6月25日
episode13 若い?若くない? 7月2日
episode14 ヨコサワさん 7月9日
episode15 烈子のカレー 7月16日
episode16 いいね! 7月23日
episode17 お茶くみ 7月30日
episode18 空調戦争 8月6日
episode19 烈子の日常 8月13日
episode20 化粧直し 8月20日
episode21 会社に行きたくない 8月27日
episode22 えこひいき 9月3日
episode23 まかせる女 9月10日
episode24 まじろさん 9月17日
episode25 烈子のお土産 9月24日
episode26 聞いてくれない女 10月1日
episode27 ファミレスにて 10月8日
episode28 貸した本 10月15日
episode29 幹事を任される 10月22日
episode30 横文字の女 10月29日
episode31 記念撮影 11月5日
episode32 折り入った話 11月12日
episode33 帰らない女 11月19日
episode34 危険な彼氏 11月26日
episode35 嫌い合う女たち 12月3日
episode36 陰口を聞かれる 12月10日
episode37 彼氏いそうな私 12月17日
episode38 クリスマス 12月24日
episode39 おみくじ 2017年
1月7日
episode40 販売員 1月14日
episode41 恥ずかしいDVD 1月21日
episode42 れさすけ 1月28日
episode43 バレンタイン前哨戦 2月4日
episode44 バレンタイン 2月11日
episode45 風邪 2月18日
episode46 覗き見 2月25日
episode47 いびき対策 3月4日
episode48 そこまで興味ない 3月11日
episode49 上司の誘い 3月18日
episode50 花見の場所取り 3月25日
episode51 エイプリルフール 4月1日
episode52 新入社員 4月8日
episode53 コンビニ行ってきます 4月15日
episode54 エレベーターの罠 4月22日
episode55 ウォールオブカバ恵 4月29日
episode56 自意識過剰のゴリラ 5月6日
episode57 女新人 5月13日
episode58 プレゼントの行方 5月20日
episode59 飲み放題の罠 5月27日
episode60 細かすぎる男 6月3日
episode61 一緒にすんじゃねぇ 6月10日
episode62 後輩の援護射撃 6月17日
episode63 なかなか直さない男 6月24日
episode64 ネタバレフェネック 7月1日
episode65 カバ恵のダイエット 7月8日
episode66 業コン 7月15日
episode67 徘徊おじさん 7月22日
episode68 夏の炎天下 7月29日
episode69 ファッションポリス 8月5日
episode70 前略おふくろ様 8月12日
episode71 お前の会じゃねえ 8月19日
episode72 招かざるおっさん 9月2日
episode73 彼氏いたの? 9月9日
episode74 烈子のおばあちゃん 9月16日
episode75 食べさせてくれよ 9月23日
episode76 忙しいアッピール 9月30日
episode77 あんた誰 10月7日
episode78 残業を減らせ 10月14日
episode79 プリペイドカードを探す女 10月21日
episode80 待ち合わせ 10月28日
episode81 烈子の誕生日 11月4日
episode82 たるみ切った後輩 11月11日
episode83 丁寧すぎる女 11月18日
episode84 聞いて!? 11月25日
episode85 何様ですか 12月2日
episode86 例のアレ 12月9日
episode87 イルミネーション 12月16日
episode88 聖夜 リサージェンス 12月23日
episode89 おっさんワード 2018年
1月13日
episode90 上司からの友達申請 1月20日
episode91 上司とSNS 1月27日
episode92 雑誌の付録 2月3日
episode93 バレンタイン 2月10日
episode94 優柔不断 2月17日
episode95 電話に出ろ 2月24日
episode96 興味ない顔 3月3日
episode97 お前が言うな 3月10日
episode98 ホワイトデー 3月17日
episode99 お花見2018 3月24日
episode100 最終回 3月31日

DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
1 2017年1月18日 episode1 - episode25 PCBP-12364
2 2017年4月19日 episode26 - episode50 PCBP-12365

episode51以降はDVD未収録。

Webアニメ[編集]

2018年4月20日にNetflixオリジナルアニメとして配信[9]。1話15分×全10話。スタッフはテレビシリーズと共通。

2019年6月14日にシーズン2が配信された[1]

同年8月4日、シーズン3の制作が決定[10]

各話リスト(Webアニメ)[編集]

シーズン1
話数 サブタイトル
1 烈子の日常
2 真面目ないい子
3 腰かける女
4 ウェディングロード
5 デスバレ
6 反逆の狼煙
7 ガチバトル
8 自腹のプリンス
9 ばら色の世界
10 夢のおわり
クリスマス・スペシャル
話数 サブタイトル
1 アグレッシブ烈子:We Wish You a Metal Christmas
シーズン2
話数 サブタイトル
1 子供の終わり
2 穴井という名の後輩
3 2つのモラトリアム
4 避けられない衝突
5 共同戦線
6 見えない未来
7 募る想い
8 空に住む男
9 夢見るOL
10 すばらしき人生

出版物[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ スタッフテロップでは「デス烈子」と表記されている。
  2. ^ しばしば喜びの感情もデスメタルで表現することもある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d アニメ「アグレッシブ烈子」シーズン2が制作決定!烈子のデスボイス再び”. コミックナタリー (2018年7月6日). 2018年7月11日閲覧。
  2. ^ a b 「アグレッシブ烈子」4月よりショートアニメ放送開始 サンリオの新キャラをラレコがアニメ化”. アニメ!アニメ! (2016年3月23日). 2017年12月23日閲覧。
  3. ^ The angry red panda that is Japan's new working woman”. bbc news (2017年2月13日). 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ OLがデスメタル歌ってうっぷん晴らしするサンリオキャラ「アグレッシブ烈子」がなんとNetflixでアニメ化”. IGN Japan (2017年12月8日). 2017年12月29日閲覧。
  5. ^ サンリオの異端キャラ“アグレッシブ烈子”が海外で大人気 その訳をサンリオ広報に聞いた”. ORICON NEWS (2018年6月15日). 2018年7月11日閲覧。
  6. ^ アニメ『アグレッシブ烈子』のキレっぷりがすごい。【サンリオ】”. ciatr (2017年7月6日). 2019年5月19日閲覧。
  7. ^ アグレッシブ烈子【本人】 2018年8月3日のツイートより
  8. ^ マンスリーガイド 2018年8月 (PDF)”. TBSチャンネル (2018年8月1日). 2019年5月12日閲覧。
  9. ^ サンリオ「アグレッシブ烈子」がNetflixでアニメ化!2018年春に全世界配信へ”. 映画.com (2017年12月7日). 2017年12月23日閲覧。
  10. ^ 「アグレッシブ烈子」シーズン3が制作決定、ラレコ監督「搾りカス状態なのに」(コメントあり)”. コミックナタリー. Natasha Inc.. 2019年8月18日閲覧。
  11. ^ ポムポムプリンが2連覇達成!「2016年サンリオキャラクター大賞」結果発表 (PDF)”. サンリオ (2016年7月2日). 2018年1月9日閲覧。
  12. ^ 結果発表 海外・エリア別ランキング”. 33rd サンリオキャラクター大賞 (2018年). 2018年8月12日閲覧。
  13. ^ 本日のスケジュール”. サンリオピューロランド (2016年8月27日). 2016年8月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月9日閲覧。
  14. ^ オリラジ藤森と“アグレッシブ烈子”がCM共演!デスメタルで発散しようとする烈子に藤森が勧めたのは…?”. music.jpニュース (2018年11月8日). 2019年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]