学級委員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学級委員(がっきゅういいん、: class officer)または学級委員長(がっきゅういいんちょう)は、学校学級クラス)においてリーダー的な立場の役職に就いている生徒の事である。学級委員の名称は、各学校によって異なり、「クラス委員」「クラス委員長」「級長」「委員長」「学級長」「代議委員」「学級代表」などとも呼ばれる。通常、学級ごとに1人ないし2人を選出し、共学の場合は男女1人ずつ選出する場合が多い。中には「長」「副長」というように職名を分ける学校もある。

歴史[編集]

第二次世界大戦前は、一般的に学級担任が指名する級長(学級長)などが学級ごとに6名置かれていた。但し、大正デモクラシーの影響を受けていた学校も存在し、1941年昭和16年)に国民学校へと移行するまで、級長を選ぶ際に選挙を行っていたケースもあった