海外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海外(かいがい)とは、英語のoverseasの訳語で、海洋を隔てた地域のことを指す。島国であり陸地の国境線を持たない日本では「外国」「国外」と同義語として用いられる。また、特に断りがなければ「遠距離」という意味合いで用いられることもある。しかし、近距離でも海を隔てた別の国であれば「海外」である。

概説[編集]

現代では地球規模の地理が把握され、20世紀以降は飛行機(空路)による海外旅行が確立しているが、五大陸の把握も曖昧だった頃は外国へ渡る手段は陸路か海路しかなく、後者の場合は冒険探検の意味合いが強かった。15世紀に始まった大航海時代を経て、帆船による航路が確立されると、大洋を隔てた海外への渡航は飛行船へと引き継がれた。上記の歴史的経緯から、ここで言う海とは多くの場合大洋を指し、海の外であっても歴史的観念上では近距離のものは含んでいなかった。

海外という概念は、未知の世界へ乗り出した帆船航路開拓時代の名残りであり、海外への移動手段の主役が船舶から飛行機へ移った現代でも、多くの名残りがみられる。

各国における「海外」[編集]

アメリカ合衆国においては、overseasヨーロッパアジアアフリカを指し、南北アメリカは含まないこともまれにある。単独島(大陸)国のオーストラリアでは、overseasはオーストラリア国外のことを指す。

単独島国ではないが、島国のイギリスにおいても語の定義どおりに、国境を接するアイルランドを除くイギリス以外の国を指す。日本も単独島国であるため、「海外」は「外国」と同義語として用いられる。また、アジア大陸内に主要領土を持つ大韓民国では、ユーラシア大陸内にある他のアジア・ヨーロッパ諸国への訪問は本来であれば「海外」ではないが、北朝鮮との軍事境界線により事実上陸路で他国への移動ができず、他国を訪問する際には航空機や船舶を利用して海を超える必要があることから、「海外」(ヘーウェ、해외)という表現が広く使われている。

航路開拓時代の名残り[編集]

関連項目[編集]