ステーションATM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜銀行が小田急線各駅に設置した「ステーションATM プラスバンク」

ステーションATM(ステーションエーティーエム)とは、に設置されている現金自動預け払い機(ATM)である。

概要[編集]

ステーションATMは、鉄道会社が都市銀行などと提携して設置しているATMサービスのことである。現在、日本では銀行鉄道事業者の駅施設を使用したATMの設置が、21世紀に入ってからのボーダレスな環境によって進展している。

日本国内で最初に導入されたのは2000年頃に阪急電鉄に導入されたPatsatとされる[1]

2004年1月19日東日本旅客鉄道(JR東日本)は郵便貯金(提携当時は日本郵政公社が運営。現在はゆうちょ銀行に継承)と提携して、預金引出と残高照会のサービスを開始した。なお、JR東日本は当時自社で発行していたビューカードのATMであるビューアルッテ銀行カードの取り扱いを加えた方式をとっている[2]。そのため、現在でも提携金融機関のキャッシュカードと提携クレジットカードしか使えない(詳細は、ビューアルッテを参照)。

2005年4月1日小田急電鉄横浜銀行と提携して、ステーションATMプラスバンクというATMサービスを開始した。なお、小田急電鉄は日本の鉄道事業者では初めて全駅にATMを設置している。小田急電鉄では横浜銀行と提携することによって、横浜銀行では店舗を減らし経費削減を可能とするのと同時に、小田急電鉄全駅に設置することにより営業エリアを拡大させるという双方のメリットを発揮している。これに追従し、他の鉄道事業者も動きだしたが全駅設置にはまだ至ってはいない。

また、他の鉄道事業者では、当初は鉄道事業者と提携している銀行及びそれ以外の地元銀行や近隣県域の銀行や他行カード引出手数料無料のATMなどが設置されていたが、現在では、前述のPatsatなどのような共同ATMや、セブン銀行及びイオン銀行といったコンビニATMを設置する鉄道事業者が多くなった。また、駅構内の売店コンビニエンスストアに転換することによって、入居するコンビニエンスストアで導入しているコンビニATMを設置することで駅のATMコーナーとする事がある(京浜急行電鉄新京成電鉄など)。

設置されているATMについては、各鉄道事業者のホームページ内の駅情報において、設置されている駅においては、どのATMが設置されているか、もしくは設置されていないかを、参照して頂きたい。

提携ステーションATM[編集]

北海道地区[編集]

駅ナカBANK(手稲駅)

東北地区[編集]

関東地区[編集]

東海地区[編集]

関西地区[編集]

九州地区[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京三菱銀行、ステーションネットワーク関西及び池田銀行とのATM提携について (PDF)
  2. ^ JR東日本のビューカードのATMコーナーはこれ以前から存在していたが、それまでは自社発行のビューカードや提携クレジットカード会員向けのキャッシングサービスのみの取り扱いだった。
  3. ^ 子会社の北海道キヨスクが運営する構内店舗をセブン-イレブンに転換することにより順次設置される。
  4. ^ [1]
  5. ^ セブン銀行ATMは、子会社の京急ステーションコマースが運営する構内店舗をセブン-イレブンに転換したことにより設置された。一部店舗を除く。
  6. ^ 旧:東京都民銀行設置のATMを継承
  7. ^ 子会社のスタシオン・セルビスが運営する構内店舗をセブン-イレブンに転換することにより順次設置される。
  8. ^ 南海電鉄難波駅で、駅のATM「NBANKエヌバンク」Patsatがスタート! 2003年2月28日 池田泉州銀行
  9. ^ 銀行ATM「NBANK」Patsat 南海電鉄

関連項目[編集]